廻る寿司 めっけもん 鹿児島中央駅店(鹿児島市)回転寿司

この日は最後、鹿児島から宮崎へ、特急「きりしま」で移動します。
ただ、かなり時間余裕見て、グリーン指定席を抑えていたので、
黒豚とんかつ食ったあとですが、乗り込むまで、まだまだ時間あります。
普通の人間ならカフェにでも入り、お茶でもするんでしょうけど、
お腹いっぱいの私やのに、いつもの如く、暴挙にでます。

廻る寿司 めっけもん 鹿児島中央駅店(鹿児島市)回転寿司

見つけたのは回転寿司屋さん(^^)
時間調整に回転寿司って、めっちゃ便利なんですよ。
まあ、廻ってる皿ぼーっと眺めてるだけで、海鮮好きの私は幸せですし、
お腹の腹持ち具合も、こっちで取る皿の数で調整できますからね。
一皿、一皿のインターバルを長くとれば、ええ時間つぶしになるんです。
そんなわけで、廻る寿司「めっけもん」鹿児島中央駅店を利用します。

メニュー。
廻る寿司 めっけもん 鹿児島中央駅店(鹿児島市)回転寿司

もう1枚。
廻る寿司 めっけもん 鹿児島中央駅店(鹿児島市)回転寿司

寿司ネタによって、皿の色が変わり、値段に差をつけているタイプのお店。
そんで、その値段としては、270円(税込み)の皿がメインになっていますから、
高級系の回転寿司です。
(あとの値段記述は、全て税込み値段にいたします)

なので・・・
廻る寿司 めっけもん 鹿児島中央駅店(鹿児島市)回転寿司

店内のカウンター席も大理石が使われていました。

まず取ったのは、かわはぎちり握り(270円)。
廻る寿司 めっけもん 鹿児島中央駅店(鹿児島市)回転寿司

その日のおすすめやったんと、ご当地もんやったんで、これから。
ネタも大きく、すっごく身が締まってるのがわかる。
なるほど、ネタには結構自信持って提供されているなって印象。

次にまた、じっくり時間かけて取ったのがこれ。
廻る寿司 めっけもん 鹿児島中央駅店(鹿児島市)回転寿司

かれいのえんがわが、握りでもあったんですけど、270円の皿でした。
しかしこっちの切れ端を集めて、軍艦にしたのが194円と安かった。
とびっこのプチプチ感もよくって、えんがわの脂っこさも上品。
これはお値打ちでしたね。

さらに脂がのったのが食いたくなった。
廻る寿司 めっけもん 鹿児島中央駅店(鹿児島市)回転寿司

本マグロの切り落とし軍艦(324円)。
見ての通り、大トロの部分も含まれております。
本マグロの大トロは、1貫で432円ですからね。
これやと、赤身、中トロ、大トロ、全部の味が楽しめて、
お値段も安くなりますからお得でしょ?
私は回転寿司で、こういう切り落としの軍艦があれば、必ず取りますね。

脂、脂できたので、次はさっぱりと。
廻る寿司 めっけもん 鹿児島中央駅店(鹿児島市)回転寿司

山芋たんざく、大葉を巻いた軍艦(194円)。
途中こういうのをアクセントに加え、ガリとアガリでほっと一息。

さすがにこれ以上食えそうもない、これで最後。
廻る寿司 めっけもん 鹿児島中央駅店(鹿児島市)回転寿司

本マグロが相当旨かったんで、マグロ系を。
本マグロ、赤身だけの切り落とし軍艦(194円)。
いろんなもん食いたい私が、同じようなもん再び食ったのは、
それだけ旨かった証拠です。
この赤身の色合い見ていただいて分かると思いますが、
ねっとりと新鮮なんです。
そして、本まぐろの赤身は普通2貫324円しますけど、
これも安くなってますからね。

じっくり40分ほど時間かけて、5皿(^^)
まだ夕方5時で、あまり客のいない時間帯でしたから、
ゆっくり過ごさせていただきました。
ネタは質がよく、どれもが新鮮度合いがわかる味で、美味しかったです。
回転寿司としてはお値段お高めですが、それだけのもん提供くださりますね。

住所:鹿児島県鹿児島市中央町1-1 フレスタ鹿児島
電車:099-298-1515
営業時間:11:00~21:30
定休日:年中無休
↓お勧めリンク↓

旅してでも食べたい地もの旬もの回転寿司
[ 2015/06/02 00:00 ] [B級グルメ]和食/寿司 | TB(0) | CM(-)