最強だったそのシャシーとエンジンのコンビも陰りが・・・マクラーレン・ホンダ MP4/5B(1990年)アイルトン・セナ/ゲルハルト・ベルガー

前年の1989年に、ターボエンジンが廃止となり、
全チームが自然吸気のエンジンとなりました。
ホンダも3リッターのV10エンジンを開発し、
そのパワーはターボ時代と劣らず、他チームを圧倒しておりましたね。
そして、1990年、セナはマクラーレンに残留し、プロストに変わり、
新たにベルガーがチームメイトとなります。

最強だったそのシャシーとエンジンのコンビも陰りが・・・マクラーレン・ホンダ MP4/5B(1990年)アイルトン・セナ/ゲルハルト・ベルガー

その1990年にこの年を通じて使われたのが、この「MP4/5B」です。
基本設計は前年のMP4/5と一緒で改良型ですね。
ホンダエンジンの力強さに頼って、
マクラーレンはシャシーの開発に手を抜いちゃったんよな。

しかし、強かった。
最強だったそのシャシーとエンジンのコンビも陰りが・・・マクラーレン・ホンダ MP4/5B(1990年)アイルトン・セナ/ゲルハルト・ベルガー

この年もマクラーレンは、ドライバー、コンストラクター共に、
チャンピオンを獲得。
けど後味の悪い、チャンピオンの決定でしたね。
この年、一番印象に残ったレースは、日本GP鈴鹿でした。
マクラーレンのセナと、フェラーリのプロストのチャンピオン争いでしたけど、
スタート直後の1コーナーで、セナとプロストが接触してリタイヤ。
まるで、前年1989年の鈴鹿シケインで絡んだ2人を再現しているかのようでした。

そして、ベネトン勢がワンツーでフィニッシュ、
鈴木亜久里が3位表彰台にのぼります。

マクラーレン・ホンダの独走的な速さは、もう陰りが見え始めてましたね。
最強だったそのシャシーとエンジンのコンビも陰りが・・・マクラーレン・ホンダ MP4/5B(1990年)アイルトン・セナ/ゲルハルト・ベルガー

翌年の1991年はかろうじてセナの腕で、ウィリアムズのマンセルとの争いの結果、
チャンピオンは獲得しますけど、1993年にはホンダはF1から撤退。
マクラーレンは非力なエンジンになると、見る影もないくらいに遅いマシンとなりました。
(しかしセナの天才的なドライビングで、見た目は補われてましたけどね)

その後、ウィリアムズルノーの時代となり、
マンセル、プロストが連続でチャンピオンを獲得し、
セナはようやく1994年にその強いマシンを手に入れるわけですが、
サンマリノでの悲劇は、往年のF1ファンなら誰でもご存じのとおりです。

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
[ 2016/06/18 00:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)

マクラーレン・MP4/4 ホンダ(1988年)アラン・プロスト/アイルトン・セナ

F1史上、最強のマシンではなかろうか。
1988年シーズンは、全16戦が開催されたが、
そのうちの15勝をこのマシンが勝ち取ったのである。


1/43スケール マクラーレン・ホンダ MP4/4 #12 A.セナ 1988 日本GP

この当時のF1マシンは今ほど耐久性を重視されておらず、
リタイヤするマシンも非常に多かった中、
16戦中、優勝15回、ポールポジション15回という圧倒的な強さを誇ったのは、
その信頼性が大いに発揮された結果である。

マクラーレン・MP4/4 ホンダ(1988年)アラン・プロスト/アイルトン・セナ

そして、ドライバーもプロストとセナという、
この当時、一番速く強かったドライバーがチームメイト同士。
シャシーの信頼性、ホンダエンジンのパワフルさ、
それを発揮するドライバーの能力と3拍子揃っていたのだから、
1988年のシーズンを凌駕することになるのである。

この年、セナは初のワールドチャンピオンを獲得。
マクラーレン・MP4/4 ホンダ(1988年)アラン・プロスト/アイルトン・セナ

日本でのセナ人気は、この年から爆発しましたね。
またチャンピオンを決めたのも日本グランプリ鈴鹿。
まだプロストとの確執はくすぶっていた状態であったが、
次の年には火種が轟々に燃えさかります。

マクラーレン・ホンダ=アイルトン・セナ。
赤白のマルボロマシンに、黄色のヘルメットは、
当時、あまりF1を知らなかった人間にも、よく目にした光景ではなかろうか。
まあ、見てた私としては、あまりにもマクラーレン強すぎて、
レース展開としては面白くなかったシーズンである。
[ 2012/10/14 12:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)

ロータス99T ホンダ[Lotus 99T](1987年)アイルトン・セナ/中嶋 悟

先日、F1日本グランプリに観戦に行ってきたわたくしめ。
鈴鹿サーキットが出来て50周年の記念の年でもあったので、
往年のマシンとも色々と巡り会えました。
私自身の思い入れの強いマシンも多かったので、
その当時を思い出しながら、別途、シリーズとして記事にいたします。

まず、第1回目はロータス99T(Lotus 99T)。

1/43 ロータス 99T 1987年 日本GP 2位 #12 アイルトン・セナ

鈴鹿サーキットで初めてF1が開催されたのが1987年。
この年からフジテレビでF1が全戦中継されるようになりました。
そしてなにより、F1レギュラードライバーとなった最初の日本人、
中嶋悟がドライブしたのがこのロータス99Tです。

ロータス99T ホンダ[Lotus 99T](1987年)アイルトン・セナ/中嶋 悟

チームメイトは今は亡き、アイルトン・セナ。
セナ人気はその後、日本に空前のF1ブームを巻き起こします。
私の周りもセナが死んで、F1見なくなったっていう人間は多数いますね。

エンジンはホンダV6ターボ
ロータス99T ホンダ[Lotus 99T](1987年)アイルトン・セナ/中嶋 悟

その当時の最強エンジンである。
同じエンジンはウィリアムズにも積まれていたのだが、
そのチームドライバー、ネルソン・ピケとナイジェル・マンセルは、
チャンピオン争いをしているにも関わらず、なぜロータスのマシンは遅かったのか?
天才セナを持ってしても、2勝しかあげていない。

その原因はアクティブサスペンション。
ロータス99T ホンダ[Lotus 99T](1987年)アイルトン・セナ/中嶋 悟

油圧をコンピュータでコントロールするという当時のハイテク技術であったが、
非常に信頼性に乏しい上に、当時のCPUの演算能力ではドライバーの挙動よりも、
ワンテンポ遅れて作動するようなていたらく。
セナが勝った2戦はいずれも市街地の低速コースだったことで分かるとおり、
平均速度が遅いコースだと、反応速度の鈍さがあまり影響せず、
エンジンの加速力で補えたわけである。

最強のエンジンを積みながら、最悪のシャシーであったロータス99T。
一番の見せ場はなんといっても、イギリスGPのシルバーストン。
ホンダエンジン勢が1-2-3-4と上位を独占したレースである。
中嶋悟も最高位の4位入賞。テレビの前で見てて、
この年一番にわくわくしたレースであった。

私は、中嶋悟のファンとして、F1を見始めたのがきっかけですが、
その最初に目に焼き付けられたマシンがこのキャメルカラーのロータス99T。
この当時からずっとF1を見てる人間も、あまりおらんようになってきたな・・・
[ 2012/10/12 12:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)