インディカー「パノス Gフォース GF09B Honda」(2004年)「Honda H15R」(2005年)佐藤琢磨のインディ挑戦

毎週土曜に、テイクアウトグルメ記事と併用不定期にアップしてきたF1記事。
今回で最終回となります。
しかし、フォーミュラマシンでも、最後はF1カーではありません。
アメリカのインディで使用されたマシンになります。

こちらは、「パノス Gフォース GF09B Honda」。
インディカー「パノス Gフォース GF09B Honda」(2004年)「Honda H15R」(2005年)佐藤琢磨のインディ挑戦

2004年のインディ500で、ホンダが初勝利を飾ったマシンです。
インディって開催当初はCARTに比べマイナーなカテゴリーであったが、
ホンダ、トヨタが揃ってCARTよりIRLへ移行してからは、
それまでの有力CART参戦ドライバー、チームもCARTからインディに移籍しました。
そして現在に渡るまで、アメリカモータースポーツのトップカテゴリに、
君臨しております。

こちらは、「Honda H15R」。
インディカー「パノス Gフォース GF09B Honda」(2004年)「Honda H15R」(2005年)佐藤琢磨のインディ挑戦

2005年の年間17戦のうち12勝を挙げた、とても強力なマシンでした。

で、こうしてインディの記事をいかにも知ったかぶりをして書いてますけど、
はっきり言いまして、あまり興味なく、ちゃんと見たことありません(^^;)
すいません。

なので、あとは、私の知ってるインディの話題のみに絞ります。

インディカー「パノス Gフォース GF09B Honda」(2004年)「Honda H15R」(2005年)佐藤琢磨のインディ挑戦

2016年現在もインディで走ってる日本人ドライバーをご存じでしょうか?

その名は佐藤琢磨。
F1ドライバーでもあったので、誰でも知ってるレーサーですね。
スーパーアグリでF1キャリアを終えた彼は、その後2010年、インディに転向しました。

彼のインディキャリアでの一番の見せ場は、2012年のインディ500でしたね。
2位を走行していた佐藤琢磨は、ファイナルラップで、
果敢にトップを走るダリオ・フランキッティにオーバーテイクを仕掛けます。
歴史あるインディ500で、最後、表彰台2位をキープするよりも、
優勝を狙ったファイティングスピリットは、佐藤琢磨がF1時代から持ってた気質です。
しかし、それは誰の目から見ても無謀でしたね。
F1時代の佐藤琢磨はずっと追っかけてチェックしておりましたが、
速いけどミスの多いドライバーってのが私の主観。
その愚かさが顕著に現れたのが、この年のインディ500でした。

そして2013年のロングビーチ市街地特設コース・・・
インディで初優勝を成し遂げるんですよ。
F1では3位表彰台が最高位でしたけど、インディでトップに輝きました。
ようやく実が実ったなって、私も感慨深いレースで、翌日録画を見た記憶があります。

その後はインディで勝利は挙げてませんが、歴代日本人ドライバーの中では、
イギリスF3でのシリーズチャンピオン、マカオF3での優勝、インディでの優勝、
そしてF1で3位表彰台という、海外レースで一番輝かしい成績を誇っております。

私自身これからも、佐藤琢磨というレースドライバーは、
いつまでも応援していきたいですね。

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
[ 2016/07/23 00:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)