デリー[DELHI]上野店(東京御徒町・湯島)インド・パキスタンカレー

東京旅1日目後半・・・
想像以上にお休みの店ばかりにぶち当たり、
体力的にも精神的にも疲労がピーク。
2014年ゴールデンウィーク東京4泊4日旅、1日目後編記事はこちら!

色々と検索したが、目的の鰻串の店はどこも開いてない。
もう調べる気力もない。
都営地下鉄での移動で、御徒町を通るから、
とりあえず、その近辺で、年中無休でやっていて、評価が高い店を探す。
浮かび上がってきたのはカレーのお店。
飲む気力もなくなってたので、ここでええやと決定。
インド・パキスタン料理の店、デリー(DELHI)上野店です。

デリー[DELHI]上野店(東京御徒町・湯島)インド・パキスタンカレー

お店の見た目は、ファーストフードカレー店っぽい。
狭く、団体さんにはきついと思います。

その店内。
デリー[DELHI]上野店(東京御徒町・湯島)インド・パキスタンカレー

カウンターに座りました。
テーブルは2つやったかな。
席間も狭く、またカウンターとテーブルとの間も狭いので、
人気店で常に満席ですから、ちょい他の方に気を使いながらの食事です。

表のメニュー。
デリー[DELHI]上野店(東京御徒町・湯島)インド・パキスタンカレー

こっちは簡略化して書いていますが、
店内にはもっと詳しいメニューがありました。
いつもの私ならば、極辛口のカシミールカレー(950円)にするとこですが、
疲労困憊でそこまで戦える自信がない。
なので、もう1ランク辛さが下のインドカレー(850円)にすることに。

こちらが、出来上がり。
デリー[DELHI]上野店(東京御徒町・湯島)インド・パキスタンカレー

カレーとライスは別々に登場。

見た目はさらっとしたルーのカレー。
デリー[DELHI]上野店(東京御徒町・湯島)インド・パキスタンカレー

まずはスプーンに一口いただきます。
・・・ガツンっとスパイス感が襲ってきます。
辛さもその時の私には、結構辛く感じるくらい。
カシミールにせんでよかったな。
しかし、これぞ本場の風味。
今となってはこういうスパイシーカレーを出す店も多くなりましたが、
さすがその原点ともなった店の味です。

おっきめのチキンに、じゃがいもが入っています。
デリー[DELHI]上野店(東京御徒町・湯島)インド・パキスタンカレー

かために炊かれたご飯とは、あまりこのさらっとカレーは合わないような。
私はナンと合わせる方が好きかな。

しっかし、汗が噴き出てきます。
デリー[DELHI]上野店(東京御徒町・湯島)インド・パキスタンカレー

卓上にある、玉ねぎのアチャール、きゅうりの漬け物で箸休め♪

さすが、日本人の舌に合わせようなんて微塵も感じない、
本格派のインドカレーです。
ハマる人間はどっぷりいっちゃうでしょうね。
私もこのタイプ大好きですから、コクのあるパキスタン風とある、
「コルマカレー」ってのも是非食べてみたい。
上野の老舗カレー人気店・・・実力はすさまじいですね。

この日の外食はこれでおしまい。
2日目東京グルメ記事は、来週火曜に続きます。

住所:東京都文京区湯島3-42-2
電話:03-3831-7311
営業時間:11:50~21:30(ラストオーダー)
定休日:年中無休
↓お勧めリンク↓

家庭で作る本格インド料理


デリー 上野店インド料理 / 上野広小路駅上野御徒町駅湯島駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8

[ 2014/07/24 00:00 ] [B級グルメ]丼・カレー | TB(0) | CM(-)

印度亭 県庁前カレー工房(和歌山市)

和歌山県庁付近ランチシリーズ。
ここのお店はホント近い。
門出て1分くらいで到着できます。
カレーっちゅうのは1週間に1回は食いたくなる私(^^)
どっかでこの店を訪問しようと思っていました。
その名も「印度亭」県庁前カレー工房です。

印度亭 県庁前カレー工房(和歌山市)

その名から、インド料理っぽいお店を想像されるかと思いますが全然違う。
雰囲気としては、ココ壱のようなファーストフードカレー店っぽい。

こちらがそのメニュー。
印度亭 県庁前カレー工房(和歌山市)

写真つき。
印度亭 県庁前カレー工房(和歌山市)

しかしですね、そのカレーの種類はびっくりします。
欧風のビーフカレーもあれば、タイのグリーンカレー、
そしてインドのキーマカレーなど、様々な味のカレーがあるんですよ。
このルー全部を、この小さな店で作り分けているとするとすごいな。
おすすめメニューの一番上に書いているのが、この店の自信作かなと、
ビーフカレー(600円)を注文することに決定。

店内の様子。
印度亭 県庁前カレー工房(和歌山市)

カウンターが主体ですが、入り口付近にテーブルがあります。
カウンターがいっぱいやったので、ひとまずこっちの席に座りました。

まずサラダと福神漬けが出てきました。
印度亭 県庁前カレー工房(和歌山市)

ドレッシングが酸味きいていて、カレー合間の箸休めにええですね。

そして、ビーフカレー。
印度亭 県庁前カレー工房(和歌山市)

いかにも欧風の典型的な色合いをしていますね。
食べてみると、見た目以上にスパイス感たっぷり。
その日の帰る頃まで、そのスパイスの風味がガム噛んでも残ってるくらい。
そのスパイス感は、阪神梅田の駅近くにある「ミンガス」と似ている気がします。
大阪梅田「ミンガス」の記事はこちら!

牛肉もこのスパイス感の中でしっかり主張していますね。
印度亭 県庁前カレー工房(和歌山市)

しっかし、そんな辛い!ってわけでもないのに汗が噴き出てきます。

まさかこんな地方都市で、ここまで本格的なカレー食えると思ってなかったので、
ええ意味で裏切られましたね。
これで、インド系キーマやタイ系グリーンカレーも本格的な味ならば、
ここの店主はスパイス使うの天才なんでしょう。
なかなか次回、和歌山まで来る機会がありませんが、
ラーメンではなく、ここのカレー食って、大阪戻るとするかな(^^)

住所:和歌山県和歌山市小松原通1-1-6
電話:073-428-3388
営業時間:11:00~15:00、17:00~22:00
定休日:日曜、祝日、土曜は夜のみ.

↓お勧めリンク↓

はじめてのスパイスカレー


印度亭カレーライス / 和歌山市駅紀和駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

[ 2014/07/01 00:00 ] [B級グルメ]丼・カレー | TB(0) | CM(-)