ホンダエンジンがコンストラクターズ・ドライバーズ共にチャンピオンを獲得!ウィリアムズ・ホンダ FW11B(1987年)

ちょうど私がF1に興味を持ったのがこの年でした。
1987年、中嶋悟のF1参戦、フジテレビでF1全戦中継が始まった年です。
その当時の最強エンジンであった「ホンダ」。
そして最強タッグを組んだのが、このウィリアムズチームでした。
今回は、「ウィリアムズ・ホンダ FW11B」をご紹介します。

ホンダエンジンがコンストラクターズ・ドライバーズ共にチャンピオンを獲得!ウィリアムズ・ホンダ FW11B(1987年)

まず、シャシーは前年度の改良タイプでした。
なんせ、1986年にはコンストラクターズチャンピオンになってますからね。
詳しくは以前、記事にしておりますので、以下をどうぞ。
ホンダF1エンジン最強伝説の発端 ウィリアムズ・ホンダFW11の記事はこちら!

そして、この年も、ウィリアムズのマシンはダントツ的に速く、
ドライバーズチャンピオン争いも、ピケ、マンセル、両者の争いとなります。

ホンダエンジンがコンストラクターズ・ドライバーズ共にチャンピオンを獲得!ウィリアムズ・ホンダ FW11B(1987年)

そして迎えた、日本GP・・・・・

フリー走行ではマンセルの速さがすごかった。
しかし金曜予選で、マンセルはクラッシュして、病院搬送となります。
マンセルが予選に出場ができなくなった段階で、
ピケのチャンピオンが決まりました。

テレビで見てましたけど、マンセルが苦痛に歪んだ顔で、
天を仰いでた姿は、今でも脳裏に焼き付いてますね。

ホンダエンジンがコンストラクターズ・ドライバーズ共にチャンピオンを獲得!ウィリアムズ・ホンダ FW11B(1987年)

マンセル5勝、ピケ4勝やのに、
ピケにチャンピオンが決まった、少々後味の悪い年でした。
その後、マンセルはチャンピオン争いに絡むことなく、
そして、1992年のワールドチャンピオン獲得まで、
「無冠の帝王」と呼ばれる時代が続きますね。

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
[ 2016/04/09 00:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)

ホンダ第二期黄金時代の先駆け ウィリアムズ・ホンダFW09(1984年)ケケ・ロズベルグ/ジャック・ラフィット

前年1983年に、再びF1のシーンに帰って来たホンダ。
前年のマシンは、以下で記事にしました。
「スピリット・ホンダ201C」の記事はこちら!

この第二期は、ずっとエンジンのみの供給の時代を送りましたが、
大成功を収めたと言ってええですね。
その先駆けとなったマシンを紹介いたします。

そのコンビを組んだチームは、名門「ウィリアムズ」。
今でも継続してF1の世界に君臨し続けているのは、
このチームとフェラーリ、マクラーレンくらいでしょうね。
市販車を造ってない中では、このウィリアムズチームくらいでしょう。

その1984年のマシンが、ウィリアムズ・ホンダFW09。
ホンダ第二期黄金時代の先駆け ウィリアムズ・ホンダFW09(1984年)ケケ・ロズベルグ/ジャック・ラフィット

開幕戦ブラジルグランプリでいきなり、ケケ・ロズベルグが2位表彰台を獲得。
マシンのポテンシャルが非常に高いことを証明しました。
ちなみに今のメルセデスのドライバー、ニコ・ロズベルグのお父さんがケケですね。

そして猛暑の中のアメリカGPで、F1第二期ホンダの初優勝をケケが飾ります。
ツインターボの高出力と、省燃費のエンジンは、この当時からすごかったんですね。

但し、この年はリタイヤがめちゃめちゃ多く、活躍までは至りませんでした。
しかしウィリアムズとのタッグは以降も続き、
その後の活躍は、日本F1ブーム創世記を知ってる方はご存知のとおりですね(^^)

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
[ 2016/03/26 00:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)