ウィスキーの試飲をいただきつつ工場見学♪ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市)

この日の車中泊地は、道の駅「スペース・アップルよいち」。
ここを選んだのは、1つ大きな企みがありました。
その道の駅から徒歩圏で行けるのが、「ニッカウヰスキー余市蒸留所」。
お酒の工場見学できるところ、私、大好きですからね。
それに、その後は車に戻って、もう走りませんから、試飲することも可能。
さあ!ウィスキー飲ませていただきます♪

ウィスキーの試飲をいただきつつ工場見学♪ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市)

道の駅からは歩いて10分くらいやったかな。
案外近かったです。

しかし、門の前まで来ると、すっごい人ですね。
ウィスキーの試飲をいただきつつ工場見学♪ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市)

平日の夕方やったんで、そんなにいないと思ったら、観光客だらけ。
観光バスもいっぱい停まってましたから、完全にツアーの1つに加えられています。

この前での記念写真撮るのも行列でした。
ウィスキーの試飲をいただきつつ工場見学♪ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市)

入れ替わりでいなくなった隙をパチリ(^^)

ぶらっと施設内を見学します。
ウィスキーの試飲をいただきつつ工場見学♪ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市)

ウィスキーの試飲をいただきつつ工場見学♪ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市)

ウィスキーの試飲をいただきつつ工場見学♪ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市)

ガイド付きの蒸溜所見学もありますけど、最終受付15時半を過ぎてました。

しかし、さすが北海道にある工場やわ、敷地が広い。
ウィスキーの試飲をいただきつつ工場見学♪ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市)

途中、小雨も降ってきたりして、なかなか移動が大変でした。

ニッカウヰスキーの創世者お二人。
ウィスキーの試飲をいただきつつ工場見学♪ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市)

NHK朝の連続ドラマにもなりましたね、「マッサン」。
このご夫婦に関する展示も豊富にありました。

こちらは、創業当時の瓶なんかな?
ウィスキーの試飲をいただきつつ工場見学♪ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市)

ウィスキーではなくって、アップルワインみたい。
今でも、アップルワインは、ニッカウヰスキーの主流商品です。

ずらりと並ぶ、ウィスキーの瓶。
ウィスキーの試飲をいただきつつ工場見学♪ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市)

会社の歴史も順を追って、見学出来ます。

あと、この資料館っぽい建物には有料のテイスティングコーナーもありました。
ウィスキーの試飲をいただきつつ工場見学♪ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市)

ま、貧乏人の私は、そんなウィスキー通でもないし、
次の目的地を目指します(^^;)

そう、いそいそとやって来たのはこちら。
ウィスキーの試飲をいただきつつ工場見学♪ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市)

無料でいただける試飲コーナー♪
この日一番のお楽しみでした。

ずらりと並ぶ、試飲のグラス。
ウィスキーの試飲をいただきつつ工場見学♪ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市)

但し、残念ながら、飲み放題ではございませぬ。
3種類あって、各種1杯まで試飲可能です。

まず、いただいたのがこちら。
ウィスキーの試飲をいただきつつ工場見学♪ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市)

竹鶴のノーエイジピュアモルト。
氷、水、炭酸水は脇にあるので、各自お好みで、ですね(^^)

私は氷入れて、炭酸水で割りました。
ウィスキーの試飲をいただきつつ工場見学♪ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市)

私、お酒の中でも、ウィスキーって一番苦手なんです・・・
過去、記憶とばしてボロボロになった要因はほとんどがウィスキー
なので、ハイボールにして、軽い飲み口にせんと。

引き続き、ブレンディッドウィスキー。
ウィスキーの試飲をいただきつつ工場見学♪ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市)

しかし、ウィスキー苦手な私にはよく味の違いがわかりませぬ・・・
すいません。

最後にアップルワイン。
ウィスキーの試飲をいただきつつ工場見学♪ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市)

やっぱ、自身美味しく感じるのはこういう果実が入ったもの。
炭酸で割ると、爽快な飲み心地。

あと、ウィスキーに合うおつまみも売られています。
ウィスキーの試飲をいただきつつ工場見学♪ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市)

試飲だけで物足りない方は、こちらも併せてどうぞですね。

とまあ、工場見学はそこそこに、試飲3杯いただきましたが、
10杯くらい飲まないと、私には物足りないな・・・
ってことで、車内に戻って、近くのスーパーで買ったアルコール飲料で、
飲み直しをするわけですが(^^;)

しかし、北海道観光の中でも、無料の見学施設としては、
非常に充実してると言えます。
お酒大好きな方なら、絶対に寄って損はありません。
北海道はなかなか車でないとあちこち回れないので、
こういう酒飲む施設に行くのも躊躇はありますけど、
道の駅でしっかりアルコールの酔いを醒ませば大丈夫だと思いますし、
小樽、ニセコ、積丹半島観光の一環に加えてみてはいかがでしょうか。

住所:北海道余市郡余市町黒川町7-6
電話:0135-23-3131
営業時間:9:00~17:00 ※ガイド付き蒸溜所見学の最終受付は15時30分
定休日:年末年始 ※一部施設は雨天時や冬季閉鎖の場合あり
見学料:無料(3種各1杯の試飲可)
↓お勧めリンク↓

★これぞ!工場直送のビールの味です★
[ 2016/05/23 00:00 ] [B級グルメ]その他 | TB(0) | CM(-)