ホンダ第3期の最終型・しかし次の年まで続けていたらチャンピオン獲れてたのに・・・ホンダRA108(2008年)ジェンソン・バトン/ルーベンス・バリチェロ

2007年シーズンのホンダは低迷しました。
昨年型のマシンを改良したスーパーアグリの方が速いという体たらく。
そのマシンを大幅にモディファイしたのがこの「ホンダRA108」です。

ホンダ第3期の最終型・しかし次の年まで続けていたらチャンピオン獲れてたのに・・・ホンダRA108(2008年)ジェンソン・バトン/ルーベンス・バリチェロ

マシンのカラーリングは地球をモチーフにされており、
ホンダという会社のエコに対する姿勢が窺えます。

しかし、このマシンも全然ダメでした。
ホンダ第3期の最終型・しかし次の年まで続けていたらチャンピオン獲れてたのに・・・ホンダRA108(2008年)ジェンソン・バトン/ルーベンス・バリチェロ

空力設計者がその設計思想を固めるのが遅かったんですよね。
それによって、このマシンのシーズン中の改良は諦め、
次年度(2009年)にリリースするRA109の開発に、ホンダは力を入れます。

ただ、ホンダは2008年いっぱいでの、F1からの撤退発表します。
ホンダ第3期の最終型・しかし次の年まで続けていたらチャンピオン獲れてたのに・・・ホンダRA108(2008年)ジェンソン・バトン/ルーベンス・バリチェロ

チーム代表のロス・ブラウンがそのままチームを引き継ぐこととなり、
ブラウンGPが発足。
そしてマシンもホンダが開発したRA109をそのまま使い、
BGP001という名のシャシーで戦いました。

そしたらこのマシンがシーズン前のテストから、ダントツに速かったんです。
そして、ジェンソン・バトンがチャンピオンに、
コンストラクターズチャンピオンも獲得し、2冠を達成するんですな~

なんともはや、もったいない・・・
我慢して、もう1年、ホンダがF1を続けていれば、
オールホンダでの、ダブルタイトル獲得の偉業が見られたかもしれないんですよ。

とまあ、翌年(2009年)の話が中心になっちゃいましたが、
現在のマクラーレンホンダでの苦戦を見てる
(と言っても今年からはフジテレビもCS有料放送のみになって見てませんけど)と、
あの第2期のマクラレーンホンダを知ってる私には、がっかりもんです。
第4期・・・またホンダが強くなると、有料でもF1見るようになるかな?
(F1にステップアップが期待できる日本人ドライバーも皆無やしな~)

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
[ 2016/07/16 00:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)