モンパルナス(兵庫阪神尼崎)ピロシキ

「パルナス、パルナス、モスクワ~の味~♪」
関西在住の、アラフォー世代より上の方にはお馴染みのCM曲。
日曜朝のアニメ番組の合間に流れてましたね~
モスクワの味の「パルナス」です。
ただ、既にこちらの会社は、倒産してしまっているんですよ。
しかし、そこから独立された弟さんが設立されたお店が、
阪神尼崎駅にあるんです。
「パルナス」の製法をそのまま守っている味なんだとか。
今回、阪神尼崎駅近辺で呑む機会があり、
次の日のお昼ご飯用にと購入することに。
阪神尼崎駅構内にあります、「モンパルナス」です。

モンパルナス(兵庫阪神尼崎)ピロシキ

見た面は駅にある喫茶店雰囲気。
中の様子も、イートインコーナーが大部分を占めており、
パンのテイクアウトコーナーは、
入ってすぐ右手の小さな一角になっています。

こちらがその喫茶・軽食メニュー。
モンパルナス(兵庫阪神尼崎)ピロシキ

もう1枚。
モンパルナス(兵庫阪神尼崎)ピロシキ

ピロシキよりも、こっちが主流ですね。
ただ、今回はこの「ピロシキ」のみをテイクアウトします。
1個150円でした。

まず、こちらが、オーソドックスなピロシキ。
モンパルナス(兵庫阪神尼崎)ピロシキ

まん丸の揚げパンって印象。

中央より割ってみる。
モンパルナス(兵庫阪神尼崎)ピロシキ

具材は、牛ミンチに、茹で玉子、そして玉葱といった感じ。
それを塩胡椒で味付けされています。
食べてみた印象は・・・うーん・・・味にジューシーさを感じない。
牛ミンチと玉子って、もっと濃厚な味を期待するやないですか、
イメージとしてはミンチカツの具材が頭にあったんですね。
そういう味ではなくって、胡椒多めのさっぱり感。

もひとつ、カレー味のピロシキも購入しました。
モンパルナス(兵庫阪神尼崎)ピロシキ

こちらも同じ値段の150円です。
うん、カレーパンの風貌しておりますね(^^)

こっちも割ってみる。
モンパルナス(兵庫阪神尼崎)ピロシキ

食べた印象は、オーソドックスピロシキと同じ印象。
単にそれに、カレー味を上乗せしただけ。

ピロシキって、昔、神戸そごうのデパ地下で売っている、
音楽を聴かせて作っているのを食べたことあるんですけど、
そこのジューシーなタイプ(以下のリンクと見比べてみてください)
と比べて、こちら「モンパルナス」の味は物足りませんでした。
また、あの味を食べたくなったな~(^^)
参考)神戸そごう「ピロシキ屋」の記事はこちら!

住所:兵庫県尼崎市神田中通1-1 阪神尼崎駅構内
電話:06-6413-3301
営業時間:[月~金]7:30~19:30 [土]7:30~19:00 [日・祝]8:00~18:00
定休日:年末年始5日間及び、5月の連休最終日のみ休業

↓お勧めリンク↓

関西で伝説となったモンパルナスのピロシキ


モンパルナス喫茶店 / 尼崎駅(阪神)大物駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5

[ 2014/08/02 00:00 ] [B級グルメ]その他 | TB(0) | CM(-)