ほっこりダイニング 田なか(大阪天満)

天満昼呑みはしご酒、3軒目。
1軒目串カツ、2軒目粉もんとやって来たので、
次はちょっと和の要素があるお店にしましょう。
天満のビニシー系のお店としては、中堅どころでしょうか。
昼、まだ日の明るいうちから土日は営業されているお店。
ほっこりダイニング「田なか」です。

ほっこりダイニング 田なか(大阪天満)

しかし、こういうビニシー系の店は、
夏の最中は避けたほうがええな~

こんな感じで簾で囲んでおります。
ほっこりダイニング 田なか(大阪天満)

この日も夕方16時頃はかなり暑く、2Fの座敷を薦められたが、
こういうテラス感覚で飲める店は、
そういう雰囲気を味わったほうがええでしょう。

夜の方が雰囲気でる店かもしれません。
ほっこりダイニング 田なか(大阪天満)

日本酒メニュー。
ほっこりダイニング 田なか(大阪天満)

他、生中は350円でした。

こういう店は絶対、日本酒いきたい私はこれ。
ほっこりダイニング 田なか(大阪天満)

きき酒セット(650円)です。
呉春の本醸造は、まあ日本酒嫌いな方が飲むと、
これやから日本酒イヤやねんって言われるやろってくらいに、
どこの立ち飲みでも出てきそうな味。

「ひめぜん」のスイートは日本酒度-60~-70ですから、
とんでもない甘口。
まあ、めっちゃ甘い白ワインを飲んでいるかのような味。
一ノ蔵は「すず音」がなんと言っても好き♪
女性に大人気の微発泡日本酒「すず音」の記事はこちら!

春鹿の吟醸はこの中ではこれが一番好きやけど、
ちょい私の好みからは外れるすっきりさ。
このタイプの酒には、クセのある海鮮珍味がぴったりやね。

あ、あとこの店、付きだしが出てきた。
ほっこりダイニング 田なか(大阪天満)

このミニトマトです。
これが300円くらい取られているんかな。
お勘定の時、想像以上に高いと思ったんはこのせいか。
3人やと1000円近くアップやもんね。

こちらが本日のおすすめ。
ほっこりダイニング 田なか(大阪天満)

そして定番。
ほっこりダイニング 田なか(大阪天満)

もう一つ。
ほっこりダイニング 田なか(大阪天満)

和が中心ではあるんだが、様々な創作系の料理が並びます。
ま、ダイニング屋台って雰囲気のお店ですからね。

頼んだのは、魚の南蛮漬け(350円)。
ほっこりダイニング 田なか(大阪天満)

うん、味付けがしっかりしてる。
こういう料理頼むと、その店の大体の実力分かりますけど、
どの料理食べたとしても、まあ満足できるんやないかな。

追加で焼酎いきましょうか。
ほっこりダイニング 田なか(大阪天満)

最初っからずっと気になっていたのは「泥亀」(450円)という麦焼酎。
口当たりまろやかな味の麦焼酎って??
これをロックでいただきました。
飲んでみると・・・全く麦焼酎の味がしないです。
すっきりし過ぎていて、これを焼酎やって聞かずに飲まされたら、
白ワインを水で割っているのかって答えそうな味。
私には水臭さすぎました。
麦焼酎でも、兼八やおこげタイプを好む私には、正反対の麦焼酎。

もう一品追加。
ほっこりダイニング 田なか(大阪天満)

ざるもずく(350円)です。
一見、量が多いようにも見えますが、下は氷が敷き詰められています。
このもずくをざるそばを食べるように、出汁につけて食べるのですが、
もずくと、この出汁とのマッチングが最高にいい。
ただ、この出汁うまいやん♪と、
出汁だけ飲んでみると、めっちゃ塩っ辛いんですよ、飲めたもんやない。
元々、もずくは酢と合わせることが多いように、
このような味の濃い出汁と併せて丁度ええんやな。
うん、この一品も一工夫を感じられますね。

なかなかダイニングとしての出来はレベル高い。
料理の値段もそこそこに抑えられていますしね。
うーん、この屋台雰囲気で付きだしだけが余計かな~
それと、日本酒をもうちょい揃えてもらえたら。
あと一歩・・・惜しいなって感じさせられるお店でした。

夕方5時!人気店がオープンの時間です。
そちらに向かいましょう。
明後日、金曜に続きます。

住所:大阪市北区天神橋5-1-17
電話:06-6358-5518
営業時間:[月~金]17:00~24:00 [土・日]15:00~24:00
定休日:月1回定休日(不定休)
↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ


ほっこりダイニング田なか居酒屋・ダイニングバー(その他) / 天満駅扇町駅天神橋筋六丁目駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.9

[ 2014/01/08 00:00 ] [B級グルメ]居酒屋 | TB(0) | CM(-)