開幕6連勝を含む11戦9勝の歴代最強のF2マシン ラルトホンダ[RALT HONDA RH-6-84]マイク・サックウェル/ロベルト・モレノ(1984年)

1983年に、F1へ再び参戦し、第二期F1シーズンを迎えたホンダ。
この時期のホンダエンジンの強さは、
F1史上最強エンジンと言ってもええくらいに、強力でした。

そして欧州F2には、既に参戦しており、
1981年、参戦2年目でタイトルを獲得しております。
1980年代のホンダエンジンのパワーは、F1、F2通じて、
今でも欧州のモータスポーツファンには語り草になっているんだとか。

そんな中、1984年の欧州F2選手権で使われたマシンがこちら。
開幕6連勝を含む11戦9勝の歴代最強のF2マシン ラルトホンダ[RALT HONDA RH-6-84]マイク・サックウェル/ロベルト・モレノ(1984年)

ラルト・ホンダ(RALT HONDA RH-6-84)です。
このマシンは、開幕6連勝を含む11戦9勝というとんでもない強さを見せました。

そして、このマシンをドライブしたのは、往年のF1ファンなら誰でもご存知。
ロベルト・モレノです。
鈴木亜久里が表彰台に立った日本GPで、ベネトンでピケと1-2になり、
翌年のレギュラーシートを獲得しましたね。
あの特徴ある頭(ハゲとは言わない^^)と、
元からダメなマシンでも速さを見せてくれるドライバーでした。

しかしその翌年はミハエル・シューマッハの台頭で、チームを負われ、
F1で成功を収めたとは言えない成績でした。
実力がありながら、スポンサー、チームに恵まれませんでしたね。

このマシン自体、ほとんど私は知りませんので、モレノの話になりましたが、
モレノを見ると、つくづく、運も実力のうちって思いますよ。

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
[ 2016/03/19 00:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)