日本人初フルシーズンF1ドライバーの誕生!ロータス・ホンダ99T アイルトン・セナ/中嶋悟(1987年)

今回のF1マシン特集は、1987年の車です。
ちょうどこの年から、私はF1を何十年も見続けることになりますが、
そのきっかけが、このキャメルイエローカラーのマシンですね。

日本人初フルシーズンF1ドライバーの誕生!ロータス・ホンダ99T アイルトン・セナ/中嶋悟(1987年)

ロータス・ホンダ「99T」。
なんと言っても、日本人のF1ファンが多くなったのはこのマシンがあったから。
ドライブしたのは、「中嶋悟」。
日本人で初めて、シーズン通してF1シートを獲得したのが中嶋さんです。

そしてそれに伴い、フジテレビで全戦中継が始まったのもこの年です。
さらに私が運転免許をとった(車に俄然興味出た)のもこの年なんですよね。
F1が好きになったのも、必然の結果やったんでしょう。

あ、個人的なことはこのくらいで、このマシンについて。

まずエンジンがこの年から、ホンダエンジンに変わったんです。
そのホンダのテコ入れで、中嶋さんのロータス入りは叶ったようなもの。
あと、アクティブサスペンションが搭載されました。
非常に速いマシンになるはずでした。

そして、名門ロータスチームには、若き天才ドライバーがいました。
日本人初フルシーズンF1ドライバーの誕生!ロータス・ホンダ99T アイルトン・セナ/中嶋悟(1987年)

「アイルトン・セナ」です(写真は1988年のもの)。
ですので、中嶋さんが天才チームメイト相手にどこまでやれるかって、
その興味で序盤戦は見てましたね。

しかし、その力差は歴然でした。

まず、予想されていたほど、このマシンは速くなかったんですよね。
それはまず、アクティブサスペンションの信頼性不足とその挙動。
この当時のコンピュータ演算能力では、コーナリングの反応速度が鈍かった。

けど、天才セナは、そのマシンで2勝してるんです。
ただ、その優勝したコースは両方とも市街地コースなんですよね。
モナコGPとアメリカGPなんです。
速度が出ないコースやと、アクティブサスペンションの反応速度関係なく、
エンジンパワーの加速プラス、セナの華麗なテクニックで勝てたんです。

明らかに、中嶋さんとの速さの違いは、チーム待遇で格差があったにせよ、
見てて、幻滅はしましたね。
同じマシンを運転してるとは思えなかった。

しかし、この年一番テレビの前で見てて、ワクワクしたのはイギリスGPやったな~
ホンダの1-2-3-4が達成されたレースやったんですよね。
ウィリアムズの2台プラス、ロータスの2台、中嶋さんは4位でした。
中嶋さんはシルバーストンのような高速サーキットは得意にしてたんで、
表彰台に手が届く一歩手前のこのレースは、
誰か1台リタイヤしてくれって願ってましたもん(^^;)

天才セナが最強ホンダエンジンを積んでも2勝しかできなかったってことは、
とんだ駄作マシンでしょう。
現に翌年マクラーレンホンダに移籍したセナは、チャンピオンになりますしね。

さらに翌年のロータスチームは・・・
名門チームの崩落は、この年から始まったと言っても過言ではないです。
既に以前記事にしてますから、興味ある方はご参照を。
ロータス・ホンダ100Tの記事はこちら!

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
[ 2016/02/20 00:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)

ロータス100T ホンダ[Lotus 100T](1988年)ネルソン・ピケ/中嶋 悟

中嶋悟、F1参戦2年目のマシン。
この年も最強ホンダV6ターボエンジンをのせており、
またチームメイトには、前年チャンピオンのネルソン・ピケが移籍。
1987年の車がアクティブサスペンションがうまく機能しなかったこともあり、
この年にはノーマルな、コイルスプリングとダンパーに変更している。
なので、普通に曲がる車になると思ったんですけどね。


【1/43 ロータス100T #2/1988 中嶋悟 ミニカー】京商

しかし、この当時のロータスは既に輝きを失いつつあり、
古くからの伝統のまま、チーム体制や設備が時代遅れでありました。
(その後、改善を試みようとしましたが、チームロータスは消滅します。
なお今のロータスF1チームはこの当時とは別物です)

まあ、1987年以上に全く速くなかったですね。
同じホンダエンジンを積むマクラーレンが15勝しているのに対し、
ロータスは、ピケの最高位3位がせいいっぱい。
中嶋なんて、2度も予選落ちしました。

ロータス100T ホンダ[Lotus 100T](1988年)ネルソン・ピケ/中嶋 悟

そんな中、速かったのは高速走行できるコース。
エンジン全開区間が多いところでは、中嶋も速かったです。
メキシコGPでは予選最高位の6位、そして走り慣れている鈴鹿も予選6位でした。

しかし、中嶋はその鈴鹿でスタートに失敗します。
エンジンはストールしかけるのですが、
鈴鹿のメインストレートは下り坂になっているので、
なんとかスタートできました。
(この鈴鹿GP直前に亡くなったお母さんが、
後ろから押してくれたのだというエピソードもありますね)
その後の追い上げはとてつもなかったです。

ロータス100T ホンダ[Lotus 100T](1988年)ネルソン・ピケ/中嶋 悟

しかし、前年のセナ、この年のピケと、
トップドライバーをチームメイトに持っていた中嶋ですが、
今のアロンソ、マッサ以上に腕の格差もありましたが、
チーム内での待遇も格差ありましたね。
前年以上の成績を期待していた私にはがっかりの年でした。
(その分、日本では強いセナが人気になっていきましたね)
[ 2012/10/17 12:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)

ロータス99T ホンダ[Lotus 99T](1987年)アイルトン・セナ/中嶋 悟

先日、F1日本グランプリに観戦に行ってきたわたくしめ。
鈴鹿サーキットが出来て50周年の記念の年でもあったので、
往年のマシンとも色々と巡り会えました。
私自身の思い入れの強いマシンも多かったので、
その当時を思い出しながら、別途、シリーズとして記事にいたします。

まず、第1回目はロータス99T(Lotus 99T)。

1/43 ロータス 99T 1987年 日本GP 2位 #12 アイルトン・セナ

鈴鹿サーキットで初めてF1が開催されたのが1987年。
この年からフジテレビでF1が全戦中継されるようになりました。
そしてなにより、F1レギュラードライバーとなった最初の日本人、
中嶋悟がドライブしたのがこのロータス99Tです。

ロータス99T ホンダ[Lotus 99T](1987年)アイルトン・セナ/中嶋 悟

チームメイトは今は亡き、アイルトン・セナ。
セナ人気はその後、日本に空前のF1ブームを巻き起こします。
私の周りもセナが死んで、F1見なくなったっていう人間は多数いますね。

エンジンはホンダV6ターボ
ロータス99T ホンダ[Lotus 99T](1987年)アイルトン・セナ/中嶋 悟

その当時の最強エンジンである。
同じエンジンはウィリアムズにも積まれていたのだが、
そのチームドライバー、ネルソン・ピケとナイジェル・マンセルは、
チャンピオン争いをしているにも関わらず、なぜロータスのマシンは遅かったのか?
天才セナを持ってしても、2勝しかあげていない。

その原因はアクティブサスペンション。
ロータス99T ホンダ[Lotus 99T](1987年)アイルトン・セナ/中嶋 悟

油圧をコンピュータでコントロールするという当時のハイテク技術であったが、
非常に信頼性に乏しい上に、当時のCPUの演算能力ではドライバーの挙動よりも、
ワンテンポ遅れて作動するようなていたらく。
セナが勝った2戦はいずれも市街地の低速コースだったことで分かるとおり、
平均速度が遅いコースだと、反応速度の鈍さがあまり影響せず、
エンジンの加速力で補えたわけである。

最強のエンジンを積みながら、最悪のシャシーであったロータス99T。
一番の見せ場はなんといっても、イギリスGPのシルバーストン。
ホンダエンジン勢が1-2-3-4と上位を独占したレースである。
中嶋悟も最高位の4位入賞。テレビの前で見てて、
この年一番にわくわくしたレースであった。

私は、中嶋悟のファンとして、F1を見始めたのがきっかけですが、
その最初に目に焼き付けられたマシンがこのキャメルカラーのロータス99T。
この当時からずっとF1を見てる人間も、あまりおらんようになってきたな・・・
[ 2012/10/12 12:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)