日本人初フルシーズンF1ドライバーの誕生!ロータス・ホンダ99T アイルトン・セナ/中嶋悟(1987年)

今回のF1マシン特集は、1987年の車です。
ちょうどこの年から、私はF1を何十年も見続けることになりますが、
そのきっかけが、このキャメルイエローカラーのマシンですね。

日本人初フルシーズンF1ドライバーの誕生!ロータス・ホンダ99T アイルトン・セナ/中嶋悟(1987年)

ロータス・ホンダ「99T」。
なんと言っても、日本人のF1ファンが多くなったのはこのマシンがあったから。
ドライブしたのは、「中嶋悟」。
日本人で初めて、シーズン通してF1シートを獲得したのが中嶋さんです。

そしてそれに伴い、フジテレビで全戦中継が始まったのもこの年です。
さらに私が運転免許をとった(車に俄然興味出た)のもこの年なんですよね。
F1が好きになったのも、必然の結果やったんでしょう。

あ、個人的なことはこのくらいで、このマシンについて。

まずエンジンがこの年から、ホンダエンジンに変わったんです。
そのホンダのテコ入れで、中嶋さんのロータス入りは叶ったようなもの。
あと、アクティブサスペンションが搭載されました。
非常に速いマシンになるはずでした。

そして、名門ロータスチームには、若き天才ドライバーがいました。
日本人初フルシーズンF1ドライバーの誕生!ロータス・ホンダ99T アイルトン・セナ/中嶋悟(1987年)

「アイルトン・セナ」です(写真は1988年のもの)。
ですので、中嶋さんが天才チームメイト相手にどこまでやれるかって、
その興味で序盤戦は見てましたね。

しかし、その力差は歴然でした。

まず、予想されていたほど、このマシンは速くなかったんですよね。
それはまず、アクティブサスペンションの信頼性不足とその挙動。
この当時のコンピュータ演算能力では、コーナリングの反応速度が鈍かった。

けど、天才セナは、そのマシンで2勝してるんです。
ただ、その優勝したコースは両方とも市街地コースなんですよね。
モナコGPとアメリカGPなんです。
速度が出ないコースやと、アクティブサスペンションの反応速度関係なく、
エンジンパワーの加速プラス、セナの華麗なテクニックで勝てたんです。

明らかに、中嶋さんとの速さの違いは、チーム待遇で格差があったにせよ、
見てて、幻滅はしましたね。
同じマシンを運転してるとは思えなかった。

しかし、この年一番テレビの前で見てて、ワクワクしたのはイギリスGPやったな~
ホンダの1-2-3-4が達成されたレースやったんですよね。
ウィリアムズの2台プラス、ロータスの2台、中嶋さんは4位でした。
中嶋さんはシルバーストンのような高速サーキットは得意にしてたんで、
表彰台に手が届く一歩手前のこのレースは、
誰か1台リタイヤしてくれって願ってましたもん(^^;)

天才セナが最強ホンダエンジンを積んでも2勝しかできなかったってことは、
とんだ駄作マシンでしょう。
現に翌年マクラーレンホンダに移籍したセナは、チャンピオンになりますしね。

さらに翌年のロータスチームは・・・
名門チームの崩落は、この年から始まったと言っても過言ではないです。
既に以前記事にしてますから、興味ある方はご参照を。
ロータス・ホンダ100Tの記事はこちら!

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
[ 2016/02/20 00:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)

全日本F2タイトルを獲得したチャンピオンマシン「マーチ・ホンダ812」中嶋悟(1981年)

土曜不定期F1マシンご紹介コーナーですが、今回はF1マシンではありません。
ツインリンクもてぎのホンダコレクションホールには、
他カテゴリのマシンも数多くあります。
その中でもマシンカラーリングが非常に惹かれたのがこちら。
1981年に全日本F2選手権で走った「マーチ・ホンダ812」です。

全日本F2タイトルを獲得したチャンピオンマシン「マーチ・ホンダ812」中嶋悟(1981年)

この黒と金色のJPSカラーは、F1好きなら誰でも見たことあるでしょうね。
名門チーム・ロータスで、セナが搭乗してたのがこのカラーでした。
(その後1987年にはエンジンはホンダに代わり、中嶋悟が加入、
黄色のキャメルカラーになりますけどね)

話を1981年に戻します。
この当時、F1のすぐ下のカテゴリとして、
ヨーロッパでもF2選手権が行われておりました
その中で、ホンダエンジンが群を抜いて、最強のエンジンやったんです。
(但しこの時、ホンダはF1は参戦しておりません)

そのエンジンを、日本でも使うようになったのがこの年やったんですね。
ライバルエンジンは、BMW直列4気筒エンジンやったんですけど、
圧倒的な力差を見せつけ、ホンダの申し子「中嶋悟」が、
タイトルを獲得することになります。

全日本F2タイトルを獲得したチャンピオンマシン「マーチ・ホンダ812」中嶋悟(1981年)

この当時、私はフォーミュラレースには興味はなく、
実際に見てた記憶はないです。
車よりも、スポーツすることにばかり夢中になってました。

このホンダエンジンを載せたF2マシンで成績を残すことによって、
中嶋悟はF1の世界にチームロータスから参戦するわけですが、
今となっては、F1で走るだけの力はなかったかなと思います。
けど、私がF1見るきっかけは中嶋さんでしたし、今でも大ファンですよ(^^)

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
[ 2016/01/16 00:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)

ロータス101・ジャッド(1989年)ネルソン・ピケ/中嶋悟

さーて、いよいよ2012年鈴鹿F1で巡り会った往年名車シリーズも最終回。
そういや、中嶋さんがドライブしてたマシンが多かったなって印象。
このキャメルカラーロータスも1987年、1988年も紹介しました。
そして、今回のロータス101・ジャッドで最後となります。


スパークモデル 1/43 ロータス101 日本GP 4th N.ピケ 1989

まず、この年のロータスで大きく変わったのは、
ホンダエンジンからジャッドエンジンに変わったこと。
それも前年使用のCVしか使うことができませんでした。
この年の最強エンジンであるマクラーレンのホンダV10とは、
エンジンパワーで100馬力もの差があったんだそうな。

そんな非力なマシンで、このパワー時代を打ち勝つことはできず、
ベルギーGPではピケ、中嶋ともに予選落ち。
名門ロータスの衰退はこの年に一番顕著に表れたのではなかろうか。

ロータス101・ジャッド(1989年)ネルソン・ピケ/中嶋悟

しかし、そんなロータスのマシンが光り輝くのが最終戦オーストラリアGP。
どしゃぶりの雨の中で行われた決勝。
雨の影響で、エンジンのパワー差はあまり関係はなくなり、
またマシンも軽い力で曲げることができました。
そんな中、中嶋悟がファステストラップを記録して4位入賞。
「雨の中嶋」と呼ばれる激走を見せます。

中嶋さんがF1で遅かった理由のひとつに、力が非力やったってのがあります。
F1のパワー溢れるマシンを、力で曲げるハンドリングができなかった。
なので、ハンドリングの軽い雨のレースでは、
うまくマシンコントロールできたんですね。
今のパワステのあるF1に乗っていたらどうなってたやろ?

さて、その後のロータスは1994年にチーム消滅を迎えるのだが、
現在、その名はロータスF1チームとして復活していますね。

ロータス101・ジャッド(1989年)ネルソン・ピケ/中嶋悟

今年の鈴鹿でもロータス人気はすごかったな~特に女性。
日本はキミ・ライコネンファンの女の子多いからな~
私も日本人ドライバー以外ではライコネンが現役では一番好きなドライバーですね。
それにセバスチャン・ベッテル。
アロンソ、ハミルトンに対してはアンチ派ですね。

さあ、今年のチャンピオンシップの行方は?
2人にほぼ争いは絞り込まれましたが、ベッテル3連覇、いきそうですね。
[ 2012/10/23 12:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)