スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

京都伏見酒蔵めぐり4軒目。
とは言っても、こちらのお店は酒蔵ではありません。
伏見大手筋商店街の中にある酒屋さんなんですよ。
こちらのカウンターでも、日本酒が飲めると聞いてやって来ました。
吟醸酒房「油長」です。

吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

相当でかい酒屋さん。
日本酒も伏見25の蔵元を豊富に取り扱っております。

店頭。
吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

おすすめの日本酒が置いていますね。

店内から見た図。
吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

ワインもその種類はめちゃめちゃ多かった。

その利き酒カウンターに座ります。
吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

ここで店主さんか
な?登場で、
メニューから色々とご教授してくださいます。

そのメニュー。
吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

めちゃめちゃ多いでしょ?
しかし、これでも全部撮りきれてないんですよ。
本数限定で販売されているものも非常に多い。
また、変わった日本酒もありますね。

頼み方としては、単品グラスで注文するか、
またはお猪口サイズ3杯の利き酒セットで注文するかのいずれか。
色々と飲みたい私は、勿論、利き酒セットに(^^)
同行者と2人で6種類を選択いたします。

また、アテにはこんなのもあります。
吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

そのセットはこんな感じ。
吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

もう1種類。
吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

3種のお猪口での利き酒に、2種のアテがついてきます。
このアテは付きだし料として200円。

そのアテはふきのとうの味噌煮と冷奴。
吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

これ見たとき、日本酒飲むのによく考えておられるなって思いました。
すっきり大吟醸系飲んだ後は、冷奴で味変えるんがええし、
濃厚な古酒系飲んだ後は、ふき煮で味変えるんがええしね。

3つ、左から飲んでいってくださいとのことでした。
吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

すっきりしたもんから濃厚系へってことですね(^^)

・都鶴「みやこつる」大吟醸(お猪口200円)。
全く名前の聞いたことない、大吟醸をってことでこちらをチョイス。
それにお値段もそこそこに安く、お値打ち品って書いてあったのでね。
すぱっとした辛口ですっと喉に通ります。
ただ、ちょっと香り高さはないかな。

・東山 坤滴「かんてき」純米酒(お猪口200円)。
こちらは他の5種類頼んだ後に、芳醇な純米系が抜けていたので、
店主さんに、おすすめの純米はどれですか?と聞いて選んだもの。
もう、まさに望んでいた通りの味!
芳醇旨口でなんの濁りもない米って味なんですね。

・黄桜「十二年貯蔵秘蔵酒」吟醸酒(お猪口250円)。
古酒も是非、利き酒ですからひとつ加えたかった。
20年古酒の純米大吟醸ってのもあり、そっちをホントは飲みたかったけど、
他に値段高いやつを選んだのでこちらで妥協しました。
でもこの12年吟醸も、濃厚さはさすが古酒ですが、クセがそんなにない。
私はあまり古酒は好んで飲みませんが、これは程よいすっきりさやった。

さーて、もう1セットもレビューしますね。
吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

これも左から飲んでいきます。

・招徳「京のせせらぎ」純米吟醸生貯蔵(お猪口200円)。
夏期限定で、純米吟醸系では安いなと思い、こちらに。
ただ、飲んでみるとのっぺりし過ぎており、平凡。
今回飲んだ6種では一番、印象のない酒でした。

・英勲「井筒屋伊兵衛三割五分磨き」純米大吟醸(お猪口420円)。
純米大吟醸の中でも、店主より強く薦められた限定のお酒。
四合瓶でも5000円を超える高級酒です。
飲んでみて・・・さすが!!
その日飲んだどの酒よりも薫り高く、気品満ちあふれる日本酒。

・豊祝「ふしぎな竹酒」生酒(お猪口420円)。
こちらも、なかなか市場には出回らないお酒ってことで薦められました。
6種の中、変わったもんも入れたかったので、勿論これに。
本当に不思議??竹の節と節の間にどうやって詰め込んだん?
味わいもまさに不思議の一言で、うっすらと琥珀色に色のついた酒は、
竹の香りがすっごく味するんですよ、生酒とは思えない熟成感があります。

最後にこちらが人気のBest10。
吟醸酒房 油長(京都伏見桃山)日本酒Bar

この通り、ナンバー1人気が、私の好みでもナンバー1でした(^^)

いや~こうやって日本酒飲むとめちゃめちゃ奥深さが分かります。
それに今回の6種チョイスも、バラエティに富ませたのが大正解でした。
伏見で色々巡った後に、最後にここは是非、日本酒好きには寄ってほしい。
大阪の以下の店ともども、利き酒には最高なお店ですね。
大阪阿波座「島田商店」の記事はこちら!

さすがにええ感じで酔っ払ってきました。
そんじゃ移動しましょうか。
来週火曜に続きます。

住所:京都府京都市伏見区東大手町780
電話:075-601-0147
営業時間:11:00~22:00(料理はLO21:00)
定休日:火曜日
↓お勧めリンク↓

安くてうまい日本酒186選


吟醸酒房 油長ワインバー / 伏見桃山駅桃山御陵前駅中書島駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8

スポンサーサイト

酒蔵Bar えん(京都伏見桃山)藤岡酒造

京都伏見酒蔵めぐり3軒目。
大手2社を廻った後は、小さな酒蔵さんにやって来ました。
なぜ、ここを選んだのか?
その構内にちょっとした日本酒を飲めるBarを併設してるんですよ。
藤岡酒造の酒蔵Bar「えん」です。

酒蔵Bar えん(京都伏見桃山)藤岡酒造

こちらの酒蔵の銘柄は「蒼空」。
さーて、中に入ります。

併設のBarはご覧のような、茶室のような感じ。
酒蔵Bar えん(京都伏見桃山)藤岡酒造

落ち着きますね~
外が暑い中歩いてきたから、余計に心がほっとします。

こちらのカウンターに座りました。
酒蔵Bar えん(京都伏見桃山)藤岡酒造

その先には、仕込みをしているタンクも見えます。
酒蔵Bar えん(京都伏見桃山)藤岡酒造

あれ1個家にあって日本酒貯蔵できれば、2500リットルやから、
一升を一週間で空けるとすれば、25年は飲み続けられるなと、
アホな話しとりました(^^)

こんなデジタルフォトフレームも欲しいな~
酒蔵Bar えん(京都伏見桃山)藤岡酒造

ただ、そんなのが似合う綺麗な部屋にせな。

さーて、何飲も?
メニューは撮り忘れておりました。
1杯単品は60mlで、純米で420円、純米大吟醸ですと500円ってな値段。
あと、鴨肉スモーク、漬物、山うにとうふ、クリームチーズ酒盗のせ、
こんなアテが400円台でしたね。

中でもおすすめされたのがこちら。
酒蔵Bar えん(京都伏見桃山)藤岡酒造

3種類の飲み比べができるセットです、800円。
こちらの量は1杯あたり単品よりちょい少なめになります。
これを1ついただきましょう。

ご覧のような3杯のセットです。
酒蔵Bar えん(京都伏見桃山)藤岡酒造

まずは「純米酒 美山錦 おり酒」からいただいてみる。
酒蔵Bar えん(京都伏見桃山)藤岡酒造

タンクの底に溜まった濃い~部分です。
白く濁っていますね。
まあ、味わいは非常に芳醇!
まったりとしており、これは人によっては嫌いな人も多いかも。

続いて真ん中の、「特別純米 生酒 雄町」。
酒蔵Bar えん(京都伏見桃山)藤岡酒造

これは常温での提供、にゅるにゅるっとしたフレッシュさがあり、
敢えて冷やさずにそのまま提供されるのは、
この新鮮さをそのまますぐに味わってほしいのだと分かります。
酒蔵で直接飲める特権ですね(^^)

最後に、「純米大吟醸酒 山田錦」。
この吟醸味の素晴らしさはたまんないね~
山田錦は酒米としては、一番代表的な米やけど、
絶対にはずさない。

もう一杯、純米大吟醸欲しくなった!
酒蔵Bar えん(京都伏見桃山)藤岡酒造

単品で、「純米大吟醸酒 愛山」500円。
味わいとしての香り高さは「山田錦」の方が上かな。

昼酒、日本酒の雰囲気、さいこ~♪
伏見の酒蔵めぐりされるのでしたら、こりゃ是非とも、
加えられるのをオススメできるBarです。

ええ日本酒飲めて大満足!
さーて、さらに満足感を与えてくれる店あるかな?
明後日、木曜に続きます。

住所:京都府京都市伏見区今町672-1
電話:075-611-4666
営業時間:11:30~18:30
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)
↓お勧めリンク↓

安くてうまい日本酒186選


えん日本酒 / 伏見桃山駅桃山御陵前駅丹波橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

カッパカントリー 黄桜酒造(京都伏見桃山)

京都伏見の酒蔵めぐり、2軒目。
1軒目の「月桂冠」と並び、大手酒造ですね。
黄桜酒造に立ち寄りました。

カッパカントリー 黄桜酒造(京都伏見桃山)

さすがにこちらの施設は立派!
レストランもかなり大きく、訪れやすいです。

こちらの資料館は、他の酒蔵とちょっと違いますね。
カッパカントリー 黄桜酒造(京都伏見桃山)

なんと言っても、黄桜のトレードマークはカッパ。
まず入ると、昔からのCMが流れていました。
「カッパッパーカッパッパーきーざくら~♪」
一度聞くと忘れられないメロディ。

いろんな展示物も、カッパにまつわるものばかり。
カッパカントリー 黄桜酒造(京都伏見桃山)

酒樽とか全く置いてませんでした。
あ、ちなみにこの資料館は無料です。

こちらの酒造は無料はなく、有料試飲のみ。
カッパカントリー 黄桜酒造(京都伏見桃山)

レストランには行かず、この中庭でいただくことにします。
カッパカントリー 黄桜酒造(京都伏見桃山)

こちらがビールとおつまみ。
カッパカントリー 黄桜酒造(京都伏見桃山)

ビールも作っているんですね、そちらは350円。
枝豆や板わさなどの簡単なつまみも100~150円で売られています。

そして、こちらが日本酒。
カッパカントリー 黄桜酒造(京都伏見桃山)

4種類ありました、どれもが1杯200円です。

暑い夏の最中やったんで、私がチョイスしたのはこちら。
カッパカントリー 黄桜酒造(京都伏見桃山)

大吟醸のみぞれ酒(200円)です。

シャリシャリのシャーベット状になった大吟醸酒。
カッパカントリー 黄桜酒造(京都伏見桃山)

こういう凍結酒で大吟醸は珍しいなと思いましたが、
想像どおり、かなりすっきりしていますね。

もう1杯いこうかなとも思ったんですけど、
蚊に噛まれてしまい、O型、酒飲み、汗かきと蚊に好まれる私は、
これにて退散しました。
夏の季節はちょっとこの外、嫌ですけど、
春や秋は、ここで飲んで休憩するのによさげです。
カフェでお茶することのない私は、絶対こっちチョイスするな(^^)

さ~て、大手2社も堪能したことですし、
ちょっと本格的に飲み始めるとしますか。
来週火曜に続きます。

住所:京都府京都市伏見区塩屋町228
電話:075-611-9919
営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00(土日祝は準備時間なし)
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

安くてうまい日本酒186選


カッパ天国 黄桜酒場居酒屋 / 伏見桃山駅中書島駅桃山御陵前駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。