淡路屋(神戸和田岬)神戸たこ焼き・クレープ・駄菓子

兵庫B級グルメ堪能、西から東へ日帰り旅の4軒目。
今回のB級グルメ行脚では一番立ち寄ってみたい店でした。
今となっては、昔ながらの子供が絶えず買いに来る駄菓子屋さんも、
少なくなりましたよね。
私が小学生の頃なんて、毎日通っていたけどな~
駄菓子屋が社交の場でしたけど、今じゃ誰かの家でゲームですもんね。
そんな雰囲気を持つ店が和田岬にあるのだ。
「淡路屋」に立ち寄りました。

淡路屋(神戸和田岬)神戸たこ焼き・クレープ・駄菓子

見ての通り、店頭にはおもちゃ類がぶら下がっています。
淡路屋(神戸和田岬)神戸たこ焼き・クレープ・駄菓子

この雰囲気なんよね~

しかし・・・
淡路屋(神戸和田岬)神戸たこ焼き・クレープ・駄菓子

もう1枚。
淡路屋(神戸和田岬)神戸たこ焼き・クレープ・駄菓子

駄菓子屋とは思えぬ、このメニューの豊富さ。
クレープが一番中心になるんかな?
それにコロッケなどの揚げ物、パンに定食までやってます。
中でも、今回目当てでやって来たのは、神戸たこ焼き!
5個で180円という駄菓子屋ならではお値打ち価格。
こちらをいただきます。

中に入ると・・・
淡路屋(神戸和田岬)神戸たこ焼き・クレープ・駄菓子

こんな感じでスペースがあります。
一品料理の店として、ここで飲むこともできるそう。
ほんとなんでもアリの店ですな。

駄菓子もずらーーっと並んでいますね。
淡路屋(神戸和田岬)神戸たこ焼き・クレープ・駄菓子

こういうのもちょろっと取ってきて、アテにするんもええな。

うまい棒ももちろん置いていますね(^^)
淡路屋(神戸和田岬)神戸たこ焼き・クレープ・駄菓子

出来上がりました、神戸たこ焼き5個(180円)。
淡路屋(神戸和田岬)神戸たこ焼き・クレープ・駄菓子

はい、特徴はたこ焼きにソースを塗って、出汁に浸して食べるんです。
ただ、神戸出身の私はこの食べ方は1回もしたことなかったんです。
ホント、兵庫区や長田区あたりの文化のようですが、
姫路もこんな食べ方をするお店がありますね。

さーて、いただいてみる。
淡路屋(神戸和田岬)神戸たこ焼き・クレープ・駄菓子

うん、明石焼きのような玉子風味はホントなく、純粋なたこやき。
まあ食べてみると、斬新な味なんですよ。
ソースの濃厚さを感じたと思えば、ふいに出汁の浸った生地の風味が、
ふわーんと後を追ってきます。

中の蛸はこんな感じ。
淡路屋(神戸和田岬)神戸たこ焼き・クレープ・駄菓子

結構おおきめのが入っていました。

うん、このジャンキーさが溜まらなくええね。
無化調うんぬんなんてこだわりもなくって、
こういう食い物なのがええんです。
応対してくれたおねえさんも子供らに愛される存在なんでしょう。
まあ、神戸の下町なんで、常連の子供らには言葉は荒っぽいんですが、
あったみがあるんですね。
そして、私らへの応対はしっかり丁寧な方でした。
うん、ここには是非次回は飲みに来たい!
また、こちらのお店含めて、神戸下町のはしご酒やりませぬか(^^)

それでは、さらに東へ~
次回、明後日へ続きます。

住所:神戸市兵庫区笠松通7-3-6
電話:078-671-1939
営業時間:7:00~19:30
定休日:日曜日
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング


淡路屋クレープ / 和田岬駅御崎公園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

[ 2014/02/10 00:00 ] [B級グルメ]大阪の味 | TB(0) | CM(-)