スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

四国横断を、3日がかりで東から西へやって来ました。
「松山市街地観光から、さらに西へ移動」3日目中編記事はこちら!

こっから、いよいよ九州に渡ります。
九州と四国は結ぶ橋もないですから、この航路は利用価値高いですね。
愛媛と大分を結ぶカーフェリーは合計3会社あるんですけど、
その中でも一番安いのが、この九州・四国の最短航路を結ぶ、
「国道九四フェリー」。
今回、こちらを利用しました。

国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

まず、こちらのフェリーを車で利用するには、事前予約が必要です。
朝7時から1時間おきに出航しているので、
ま、どこでもすぐとれるかと思ってたんですけど、
ネット上の予約画面では全てに×印が・・・
まあ年末は厳しいな~と思いつつ、何度かチェックしていると、
キャンセルが出たんでしょう、12月30日18時半の便が△で空いてました、
ってことで即予約です。

予約時間の1時間半前に到着したので高台から、このフェリーを撮影。
国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

ちと早いけど、もう手続きをするかとこの後、フェリー乗り場に行くと、
「1時間前の分、乗れますよ~」とのこと。

慌てて、車検証持って、乗船手続きに向かいました。
国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

この区間の航走運賃は、車長5m未満で8460円。
この運賃が高いか安いかは、よーー分かりませんね。
しかし、他の八幡浜から出てる2フェリーよりも安いです。

あっ、乗る船が岸壁に横付けされようとしてます。
国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

想像以上にちっさいな、車何台のっけられるんだろ?

この船の案内図。
国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

全長はさほどではないが、全高が高いんかな?
(後で調べたら、乗用車換算で48台積むことができるそうです)

後部の入り口ハッチが開きます。
国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

まず、大分側から乗ってきた車が降りていきます。
反対側も開くようになっているので、乗った順番にそのまま降ります。

乗り込み、客室へ。
国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

こちらがシート席。

そしてカーペット席。
国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

展望ルームです。
国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

どこもほぼ満席状態でした。

売店もずっと営業されてました。
国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

そして、フェリー定番のカップヌードル販売機。
国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

皆さん、これ買うんよな~
今回も夕飯時やったのもあり、結構食ってる姿を見かけました。
フェリー使った貧乏旅では、カップ麺すする姿ってなぜか合うんですよ。
ただ、ビールの販売機はこのわずか70分って時間ですから、
さすがにこの船では見かけなかったな。

1時間ちょっとなので、トイレ行って、船内を色々見て回ったり、
ちょこっとスマホいじったりしてると、あっちゅう間に時間だ。
四国・南九州への旅行を計画した場合、使い勝手は非常にええですね。
カーフェリーでは、北海道行きのフェリーに次いで、需要は高いと思うな。

大分佐賀関に到着、そんじゃ、大分市街地に移動しましょうかい。
大分市街地でのグルメは明後日、木曜に続きます。

おすすめリンク
フェリーボートで行(い)こう!
フェリーボートで行(い)こう!
スポンサーサイト
[ 2014/03/25 00:00 ] [B級旅行・温泉]日本行脚 | TB(0) | CM(-)

いざ国道九四フェリーで四国から九州へ上陸!(2013~2014年末年始9連休)3日目後編

この日はズンドコ、八幡浜までやって来ました。
3日目中編記事はこちら!

時間は夕方17時。
予約していることもあり、さらに西へ車を走らせます。

やって来たのは、四国最西端の三崎。
いざ国道九四フェリーで四国から九州へ上陸!(2013~2014年末年始9連休)3日目後編

既に夕暮れ時でした。
いざ国道九四フェリーで四国から九州へ上陸!(2013~2014年末年始9連休)3日目後編

日が沈もうとしておりますね。

はい、ずっと四国を横断して来ましたが、ここで九州に移動します。
いざ国道九四フェリーで四国から九州へ上陸!(2013~2014年末年始9連休)3日目後編

使うフェリーは「国道九四フェリー」。
四国愛媛三崎→九州大分佐賀関を、70分で航行する船です。
ここのフェリーは利用者も多く、この時間でしか予約できませんでした。
新たに利用する船なので、後日詳しく記事にしますね。

大分の夜景が見えてきました。
いざ国道九四フェリーで四国から九州へ上陸!(2013~2014年末年始9連休)3日目後編

こういうルートで関西から九州にやって来たのは初めてでしたが、
うん、四国観光も楽しめたし、なかなかよかった。

九州上陸後、まず、目についたのがこちら。
いざ国道九四フェリーで四国から九州へ上陸!(2013~2014年末年始9連休)3日目後編

何?この電飾キラキラなお家?

どうやら歯医者さんみたいですね。
いざ国道九四フェリーで四国から九州へ上陸!(2013~2014年末年始9連休)3日目後編

「スマイルライン歯科」というそうです。

ネットで検索してみたけど、あまり情報ないな・・・
いざ国道九四フェリーで四国から九州へ上陸!(2013~2014年末年始9連休)3日目後編

クリスマスや年末だけ、このイルミネーションやっているのかな?

温泉大国、大分に渡ってきたからには、まずは温泉ですね!
いざ国道九四フェリーで四国から九州へ上陸!(2013~2014年末年始9連休)3日目後編

こちらの施設を利用しました。

そして、大分市街地へ。
いざ国道九四フェリーで四国から九州へ上陸!(2013~2014年末年始9連休)3日目後編

こういう市街地で車中泊するには、まず手順があります。
1,公園など24時間利用出来る公衆トイレを探す。
2,その周辺で、夜間最大料金、または、24時間最大料金値段設定のある、
  コインパーキングで最安なところを探す。
これで、その街で夜、酒飲んでも、このパーキングで寝て朝に出せば、
酒酔い運転になりませんからね。
あと、酒飲むとおしっこも近くなりますから、トイレも必須ですよ。
今回、夜間20時~8時まで、最大500円のパーキングを利用しました。

ってことで、この旅初めての飲みを開始!
いざ国道九四フェリーで四国から九州へ上陸!(2013~2014年末年始9連休)3日目後編

りゅうきゅう。

そして、鶏天。
いざ国道九四フェリーで四国から九州へ上陸!(2013~2014年末年始9連休)3日目後編

大分名物をいただきます。

さらにもう1軒、寿司屋の立ち飲み見つけた。
いざ国道九四フェリーで四国から九州へ上陸!(2013~2014年末年始9連休)3日目後編

関さば食いたかったけど、入荷なかったとのことでした、残念。

知らない街でのフラフラはしご酒。
いざ国道九四フェリーで四国から九州へ上陸!(2013~2014年末年始9連休)3日目後編

年末忘年会で大分繁華街の賑わう中、泥酔ではなくほろ酔い気分がええね。

車に戻ってからも少し飲みます。
いざ国道九四フェリーで四国から九州へ上陸!(2013~2014年末年始9連休)3日目後編

松山の地元スーパーで買ってたアテを肴にしました。

車の旅では、どうしても飲むタイミングを、
翌日へ酔いを残さないように気を付けねばいけません。
日付を超えてしまった場合は、私は絶対飲むことはないですね。

しかし、大分は温泉の地熱があるせいか、なんかぬくく感じるのは気のせい?
冬の車中泊も寒さをちと心配したが、なんてことはないな。
そんじゃ、朝までこの心地よさで眠りましょう。
おやすみなさいzzz

4日目は、また来週日曜に続きます。

↓お勧めリンク↓

安心・安全!はじめての快適車中泊
[ 2014/02/23 00:00 ] [B級旅行・温泉]日本行脚 | TB(0) | CM(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。