東野食品(神戸春日野道大日商店街)焼豚と豚バラスライス

神戸の下町商店街めぐりシリーズで、大日商店街にやって来ました。
ここの商店街は、
北へ徒歩10分くらいのところに一時的に住んでいたこともあり、
懐かしい商店街です(^^)
ただ、現在は閑散としたシャッター通りになっちゃいましたね。
そんな中、頑張ってる商店もあるんよね。
お肉屋さん「東野食品」にやって来ました。

東野食品(神戸春日野道大日商店街)焼豚と豚バラスライス

見ての通り、下町の精肉店らしい雰囲気。
まあ、繁盛していそうなお肉屋さんには見えないです(失礼)。
しかし、ここのウリはチャーシュー。
もうあちこちから予約電話が殺到するようなお店なんですよ。
私がこの近辺に住んでた時から、すごかったですね。
はい、そのチャーシューで生き残っているようなお店。

お店前へ。
東野食品(神戸春日野道大日商店街)焼豚と豚バラスライス

おっ!豚バラスライスがタイムサービスやってるやん♪
100g138円か、これも200g購入していこ。

求めてきた、手作り焼き豚は100g365円。
東野食品(神戸春日野道大日商店街)焼豚と豚バラスライス

肉質のいい、三段バラですと440円、ロースですと450円となります。
ちょっとこの下町イメージからは、少しお高めの値段設定。
ノーマルのを、200gちょっとのブロックで購入です。

あと、店主さんからおすすめされたのがこれ。
東野食品(神戸春日野道大日商店街)焼豚と豚バラスライス

骨付焼豚が、すっごく旨いらしい。
確かにね~骨周りの肉は弾力あるから。
けど、食べにくいでしょ?
酒のアテに、手で持って齧り付くにはええけど、
こんとき私は、ご飯の上にのっけるつもりやったんですよ。
なのでノーマルのにしたんです。

この昔ながらのお肉屋さんの包装(^^)
東野食品(神戸春日野道大日商店街)焼豚と豚バラスライス

今じゃなかなか、こうして肉買うこともないよね。

自家製チャーシューのブロック。
東野食品(神戸春日野道大日商店街)焼豚と豚バラスライス

ちょっと時間が経過して冷めてしまってたので、
脂分が白く写ってしまってます、すいません。
で、焼き豚のタレ入れがこの寿司用の魚なのがちょっとイメージ悪い。
豚さんの形にして欲しいよな。

はい、スライスして、少しレンジでチン、そのまま熱々ご飯の上へ。
東野食品(神戸春日野道大日商店街)焼豚と豚バラスライス

肉はジューシーというよりも、がっしりした歯ごたえの豚肉。
肉の素材のよさを前面に押し出したいのか、その味わいはさっぱりめ。
食べてみて、こりゃさすがやと思いましたよ。
昔、食べた時に、美味しいという記憶はあるんですけど、
細部までは憶えてなかった。
しかし、この煮込み具合、タレの染みこませ具合・・・
こりゃとんでもない技術ですね、絶妙過ぎます。
ここ近年食べたチャーシューの中で一番旨い。

そして、一緒に購入した豚バラスライス200g。
東野食品(神戸春日野道大日商店街)焼豚と豚バラスライス

さあ、いかに料理しよかな~
一番ええんは、お好み焼きに入れたいんやけどな~
しかし、お好みは作るのめんどくさい。

ってなわけで、こんな完成品。
東野食品(神戸春日野道大日商店街)焼豚と豚バラスライス

豚肉とチンゲン菜の炒め物。
八宝菜の素を投入して、フライパンで炒めました。
ホント簡単♪10分足らずでできる男料理です(^^)
ただ、自身、パンチのある味が好きですから、
酢をまわしがけし、ガーリック辣油で味に変化持たせてます。
ちょっと一人で食うには量多いけど、これ旨い♪

この店が生き残ってきたのも、チャーシューの味のよさやったんやな。
値段高いのに、これだけ人気なのも分かる。
うん、納得の夕食となりました。

住所:神戸市中央区大日通6丁目1-1
電話:078-251-2148
営業時間:9:00~18:00頃
定休日:日曜日
↓お勧めリンク↓

絶品!大人のB級グルメ
[ 2015/04/04 00:00 ] [B級グルメ]その他 | TB(0) | CM(-)