西天満バル フジノヤ(大阪西天満)

天満一食即発バル15軒目。
さほど酔いは廻っていないが、もう食べる方は全くダメ。
ワイン一杯くらいなら、まだぎりぎり行けそうってことで今回最後のお店。
この日も最初に飲み食べ始めてから10時間経過しており9軒目です。
西天満バル フジノヤにお邪魔しました。

西天満バル フジノヤ(大阪西天満)

最初この店なのか、分からなかったです。
西天満コーヒーと書いていましたから、喫茶店やと思ったんですね。
しかし、場所は合っているはず。

うん、やはり、ここが西天満バルです。
西天満バル フジノヤ(大阪西天満)

中は満席の模様で、5,6人の行列が。
まあ、すぐ空くでしょう、待ちます。

店頭のメニューをチェック。
西天満バル フジノヤ(大阪西天満)

もう一つ。
西天満バル フジノヤ(大阪西天満)

もう一丁!
西天満バル フジノヤ(大阪西天満)

前菜系で400円弱、パスタで800円台、
うん、このぐらいの値段設定がバルらしいと思いますね。

10分ちょっと待ってようやく店内へ。
西天満バル フジノヤ(大阪西天満)

立ち飲みのようなコの字のカウンターになっています。
あ、スツールありますけど、足りない分は立ち飲みにされていました。

本日最後のワインで乾杯。
西天満バル フジノヤ(大阪西天満)

今回のバルでは、この1杯単品が300円で飲めました。

そして、そのワインとセットでタパス2種盛りで500円。
西天満バル フジノヤ(大阪西天満)

焼きポテトサラダと、スパムの燻製がその2品。
こういう洋系のポテサラは、苦手なきゅうりが入っていないので安心して食えます。
普段、立ち飲みでもポテサラは頼むことがありませんからね。

スパムの燻製。
西天満バル フジノヤ(大阪西天満)

ええ赤ワインのアテです。

うん、これぞイタリアン系バルのお店の典型だな。
値段も雰囲気もそこそこなんで利用はしやすい。
ただ、立地が西天満と、どの駅からでも行きにくいのが難点かな。

今回2日間にまたがって15店を巡った私ですけど、
これで総額7000円ちょっとですからね。
いつも行ってるお店とは違う雰囲気を味わいたい時にはバルイベントは最適。
それに今回のようなバッジ制やと、お店の取捨選択もあまり気にせずに廻れますよ。

住所:大阪市北区西天満5-15-18 実業ビル1F
電話:06-6948-8160
営業時間:[月~木]8:00~14:30(LO)18:00~24:00
[金・土]11:30~14:30(LO) 18:00~26:00
定休日:日曜日
↓お勧めリンク↓

シャンパン・ワインでおうちビストロ


西天満バルワインバー / 南森町駅大阪天満宮駅なにわ橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2

[ 2013/06/26 00:00 ] [B級グルメ]定食・ランチ・カフェ | TB(0) | CM(-)

魚や市(大阪天満・天神橋筋3丁目)海鮮居酒屋

天満一食即発バル14軒目。
さすがにもうボリュームのあるもんは食えない。
ピザなんてのも廻る候補にしてたんですけど、到底ムリ。
しかし、お造り5点盛りなんてのは、ちびちび食べるのに最適ですよね。
ってことで座って落ち着いて飲めるそういう居酒屋系をチョイス。
南森町駅の少し南側、天神橋筋商店街沿いにあります、
「魚や市」にお邪魔しました。

魚や市(大阪天満・天神橋筋3丁目)海鮮居酒屋

お店は居酒屋っていうよりも、割烹小料理を出す店の印象。
せわしなく動いてきたんで、こういう店はありがたい。

この日の先付。
魚や市(大阪天満・天神橋筋3丁目)海鮮居酒屋

そしておすすめ。
魚や市(大阪天満・天神橋筋3丁目)海鮮居酒屋

定番。
魚や市(大阪天満・天神橋筋3丁目)海鮮居酒屋

お見事なくらいに旬な魚、野菜料理が並びます。
こういう店に通って、季節の移り変わりを食で楽しむ、
そういう余裕のある生活を送ることができる日は私には来ないだろうな(^^;)

こういう料理ですから、地酒ももちろん取り揃えています。
魚や市(大阪天満・天神橋筋3丁目)海鮮居酒屋

1合でこの値段、半合でもやってくれるってことですから、
雰囲気的には安い方ではないでしょうか。

店内の雰囲気。
魚や市(大阪天満・天神橋筋3丁目)海鮮居酒屋

カウンターが主流で、奥にテーブルが2つ。
ただ、ちょっとって思ったのは、この雰囲気に関わらず、
座る椅子がちゃっちい。
背もたれもなく、スツールとあまり変わりありません。

さーて、バルの一杯。
魚や市(大阪天満・天神橋筋3丁目)海鮮居酒屋

地酒はさすがにチョイスメニューになかったです。
私はビール、同行者は酎ハイの巨峰。
バルやからといって、小さなグラスにしてないのが嬉しい。

お造り5種盛り。
魚や市(大阪天満・天神橋筋3丁目)海鮮居酒屋

ハマチ、カンパチ、鯛、サーモン、生たこの5種類でした。
これでドリンクつけて500円やねんから、相当お得なバルセット。

どれもがしゃっきり身が〆っており美味しい。
魚や市(大阪天満・天神橋筋3丁目)海鮮居酒屋

私は中でもカンパチが好きやな~

サーモンの身の厚みも抜群。
魚や市(大阪天満・天神橋筋3丁目)海鮮居酒屋

生たこのねっとり感もええね~

うん、居心地はよかった(椅子はちょっと気にくわないが)。
じっくり落ち着いて魚を堪能したいと思わせてくれるお店。
ただ、前日に行ったこちらの系列店「魚や市 はなれ」の方が、
私としては雰囲気的にも上やと思いますので、
値段もネタも一緒なら、扇町の「はなれ」を利用しますね。
扇町「魚や市 はなれ」の記事はこちら!

そろそろ酔っ払ったってより、歩き疲れた・・・
次いって最後かな・・・明後日に続きます。

住所:大阪市北区天神橋2-3-26 ドュマン梅田1F
電話:06-6353-1040
営業時間:17:00~翌1:00
定休日:公式サイト参照
↓お勧めリンク↓

割烹うまいもん 酒菜、酒肴、旬菜いろいろ


魚や市居酒屋 / 南森町駅大阪天満宮駅なにわ橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

[ 2013/06/24 00:00 ] [B級グルメ]居酒屋 | TB(0) | CM(-)

楽食酒家 epice[エピス](大阪天満・天神橋筋3丁目)

天満一食即発バル13軒目。
さすがに昼から食べ続けている私は、既にお腹は限界以上に腹パンパン状態。
飲めるのはまだまだいける状態なんですけどね。
そういう時に利用したいバルイベントのお店はイタリアン、スパニッシュなどの、
バル形態でやっている店の、前菜盛り合わせをバル一品で出している所。
全体的なボリュームが少なく、またいろんなもん食えるので飽きがない。
ということでチョイスしたのがここ、楽食酒家epice(エピス)です。

楽食酒家 epice[エピス](大阪天満・天神橋筋3丁目)

スパイスを効かせた料理がメインのお店で、
そういう系統の料理が大好きな私なので、この店を選んだってのもありますね。

ピザとパスタのメニュー。
楽食酒家 epice[エピス](大阪天満・天神橋筋3丁目)

ワイン系。
楽食酒家 epice[エピス](大阪天満・天神橋筋3丁目)

値段としてはバル形態では少しお高め。
まあ、お店は隠れ家ちっくで安っぽさがない分、値段に上乗せかな。

店内、カウンターに座りました。
楽食酒家 epice[エピス](大阪天満・天神橋筋3丁目)

黒板を見ると、うん、イタリアン系だけでなく、
スパイスの効いた東南アジア系の料理も並んでいます。

ドリンクは赤、白ワイン。
楽食酒家 epice[エピス](大阪天満・天神橋筋3丁目)

同行者と違えたもんにして、相互にテイスティング。
って、赤はカベルネ・ソーヴィニオン、白はシャルドネなんで、
めっちゃ飲み慣れているんですけどね。
このクラスは安いけど、安心感もって飲めるわ~

今回のバル一品。
楽食酒家 epice[エピス](大阪天満・天神橋筋3丁目)

前菜3種の盛り合わせでした。
ラタトゥイユに、スパニッシュオムレツに、蒸し鶏やったかな。

まあ、無難な3品だなって印象。
楽食酒家 epice[エピス](大阪天満・天神橋筋3丁目)

特に印象に残るもんではなかったですね。

今回のバル一杯一品では、次に来たいとまでは、
惹き寄せられる魅力はなかったです。
ただ、お店の方も愛想良く、
他のもっとこちらお得意のスパイスどばどば系を食べると印象変わるかも。
デート使いとしては、ええ店やと思いますよ。

酔いの廻りはまだまだ!と脳が主張してます。
次に向かいましょう。
来週月曜に続きます。

住所:大阪市北区天神橋3-3-18 SOUDAGE2 1F
電話:06-6353-3177
営業時間:17:00~24:00
定休日:日曜日
↓お勧めリンク↓

シャンパン・ワインでおうちビストロ


epice無国籍料理 / 南森町駅大阪天満宮駅扇町駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.9

[ 2013/06/21 00:00 ] [B級グルメ]定食・ランチ・カフェ | TB(0) | CM(-)