廃墟の王者は威風堂々にその風格そのもん!(2014~2015年年末年始9連休JR特急列車の旅)8日目前編

年末年始の九州旅後半は、「Happy Birthday♪Kyushu Pass」を使った、
特急乗り放題旅を敢行しております。
7日目後編記事はこちら!

この日は長崎に滞在。
ここ長崎は、ずうーーーっと10年来行ってみたいと思ってた場所があります。
その名は「軍艦島」。
B級珍スポット大好き人間なんで、こういう廃墟にもすっごく興味ある。
ただですね、あまり寄りつきたくない気持ちも持ってるんですよ。
廃墟って心霊スポットとも呼ばれるところも多いですが、
別に幽霊やお化けが怖いってわけではないんです。
何が怖い?不法に滞在しているかもしれない実在の人間が怖いんです。
そういう人間に襲われたらって用心してしまうんですよね。
なので、私のB級珍スポめぐりではめったに廃墟には行きません。
(また、私自身が不法侵入となってしまうかもしれませんし)

けど、軍艦島は堂々と乗り込めますし、ツアーですから全く心配ない。
そんじゃ、ホテルチェックアウトして向かいましょう!

泊まっていたホテルから、長崎港のターミナルはすぐ。
廃墟の王者は威風堂々にその風格そのもん!(2014~2015年年末年始9連休JR特急列車の旅)8日目前編

ええ天気ですね(^^)
廃墟の王者は威風堂々にその風格そのもん!(2014~2015年年末年始9連休JR特急列車の旅)8日目前編

この旅では一番、この1月3日の天気がどうなるか気にしていました。
廃墟の王者は威風堂々にその風格そのもん!(2014~2015年年末年始9連休JR特急列車の旅)8日目前編

波が高くなると、軍艦島には上陸できなくなりますし、
それ以上に荒れると、クルーズ船自体が欠航。
現に1月1日、2日の荒れた天気では欠航したとのことです。

稲佐山も綺麗に見えます。
廃墟の王者は威風堂々にその風格そのもん!(2014~2015年年末年始9連休JR特急列車の旅)8日目前編

ま、この山は逆に登って、長崎の夜景を楽しみたいところです。
次回の日本一周旅では必ず。
コンデジ片手の夜景撮影・・・ええ写真撮りたいですね。

まずは朝飯をいただきます。
廃墟の王者は威風堂々にその風格そのもん!(2014~2015年年末年始9連休JR特急列車の旅)8日目前編

船の出航時刻からは、だいぶ余裕みて出てきたもんで。
お弁当屋さんの、握りたて熱々おにぎりは旨い。
晴れているけど、今日も寒い空気なんですよ。
この熱い飯に癒やされます。

今回利用するクルーズ船は、「やまさ海運」。
廃墟の王者は威風堂々にその風格そのもん!(2014~2015年年末年始9連休JR特急列車の旅)8日目前編

本来、上陸コースですと、4200円+施設利用300円の計4500円必要ですが、
1ヶ月前までの早割にて、2割引の3600円になりました。
まあ、そんでも値段は、普通の人間からしたら高いと思いますね。
この「やまさ海運」のクルーズ船については写真枚数も多いので、
以下、別記事にいたします。
http://gurume69.blog84.fc2.com/blog-entry-762.html

いざ、出港!
廃墟の王者は威風堂々にその風格そのもん!(2014~2015年年末年始9連休JR特急列車の旅)8日目前編

途中、海上自衛隊の護衛艦が見えました。

また、長崎は造船の町でもあります。
廃墟の王者は威風堂々にその風格そのもん!(2014~2015年年末年始9連休JR特急列車の旅)8日目前編

他にも色々と写真ありますので、これまた別記事にしますね。
http://nihontabi123.blog.fc2.com/blog-entry-187.html

遠くに見えてきたぞ。
廃墟の王者は威風堂々にその風格そのもん!(2014~2015年年末年始9連休JR特急列車の旅)8日目前編

正式名称「端島」、通称「軍艦島」です。

近づいていくと、やっぱ存在感が違う。
廃墟の王者は威風堂々にその風格そのもん!(2014~2015年年末年始9連休JR特急列車の旅)8日目前編

これが近代建築遺産が朽ち果てていく様かと、圧巻を受けますね。
海上から眺めた軍艦島も写真枚数多いので、以下、別記事にしますね。
http://hansinjyouhou.blog51.fc2.com/blog-entry-298.html

さあ!上陸。
廃墟の王者は威風堂々にその風格そのもん!(2014~2015年年末年始9連休JR特急列車の旅)8日目前編

ただ、上陸後、自由行動なんてもんはありません。
船に乗る前に、誓約書も書かされており、決められたコースで、
ガイドさんの説明に従っての行動となります。

まあ、どこ崩れてくるかわからん建物ばかりですからね。
廃墟の王者は威風堂々にその風格そのもん!(2014~2015年年末年始9連休JR特急列車の旅)8日目前編

しかし、TVの画面を通してでしか見たことない情景が目の前にあります。

やっぱ、自身、廃墟好きなんやな~って思いますね。
廃墟の王者は威風堂々にその風格そのもん!(2014~2015年年末年始9連休JR特急列車の旅)8日目前編

眺めていて、全く飽きません。
もう後、倍の時間、この場所に留まりたかったくらいです。
上陸後の写真もまだありますので、以下、詳しく解説つきで別記事にします。
http://bkyuhokkaido.blog49.fc2.com/blog-entry-176.html

よかった・・・お値段分の価値は私にはありました(^^)
満足です♪
世界遺産へ向けての動きが活発におこなわれていますが、
この九州北部の炭鉱産業遺産は、世界遺産になるでしょ。

さあ、長崎でのメイン目的も果たせました、駅へ向かおう。
廃墟の王者は威風堂々にその風格そのもん!(2014~2015年年末年始9連休JR特急列車の旅)8日目前編

長崎駅へ向かう道中に、文明堂カステラの本店を発見。
廃墟だけでなく、こういうレトロ建築も好きですね。
ただ、お土産はカステラをメインに買ったけど、「福砂屋」のにした(^^;)
長崎「福砂屋」カステラ記事はこちら!
すいません、文明堂さんは外観のみです。

あ、そうそう、前日に食えなかったもんを電車乗る前に食わなきゃ。
廃墟の王者は威風堂々にその風格そのもん!(2014~2015年年末年始9連休JR特急列車の旅)8日目前編

皿うどんのセット、食いましたでござる。

この日の前半行動もここまで。
文章も長くなりましたので、後半についてはまた、
来週日曜の連載とさせていただきます。

↓お勧めリンク↓

豪華寝台特急の旅 [ 桜井寛 ]
[ 2015/04/19 00:00 ] [B級旅行・温泉]日本行脚 | TB(0) | CM(-)

廃墟 世界平和大観音像(兵庫淡路島)B級珍スポット

淡路島は、なかなかB級珍スポ的な匂いがプンプンする島。
明石海峡大橋、そして大鳴門橋により、本州、四国とも陸続きとなったが、
どうしても通過ポイントになっちゃうんですね。
その淡路島では、一番目立つ施設がここではないかな?
「世界平和大観音像」を見にやって来ました。

廃墟 世界平和大観音像(兵庫淡路島)B級珍スポット

見てのとおりの存在感。
高さは100mあり、1977年の建立時には、世界最長高の像であったのだ。
(現在日本では牛久大仏が120mの高さでナンバー1です)
淡路島東岸沿いに位置しているのだが、この高さなので、
対岸の和歌山からでも、こちらの観音菩薩様は見えるんですよ。

後ろ側に廻ってみました。
廃墟 世界平和大観音像(兵庫淡路島)B級珍スポット

大阪の資産家、オクウチグループの創業者、奥内豊吉さんが、
私財を投じて建立した、全く宗教法人でもない個人施設でした。

「でした」って過去形にしているのは・・・
廃墟 世界平和大観音像(兵庫淡路島)B級珍スポット

はい、すでに2006年閉館しているんですね。
奥内豊吉さん、そしてその奥さんが死去した後、
誰も管理される方がいなくなったんです。

本日定休日??ずっと定休日なんですが・・・(^^;)
廃墟 世界平和大観音像(兵庫淡路島)B級珍スポット

淡路島への観光客誘致のため建立され、
多いときには1日2000人の来訪者があったそうです。
ちなみに入館料は800円。
ただ宗教法人でもないので、中の展示物は、
奥内豊吉個人のコレクションやったみたいで、
クラシックカーや時計、美術品などが飾られていたそうである。

すでにガラスも割れており、荒廃がすさまじい。
廃墟 世界平和大観音像(兵庫淡路島)B級珍スポット

現に落下物が飛散するなどの近隣被害が出ており、
2009年5月には世界平和大観音像検討委員会が設置されたぐらいである。

誰も引き取り手はないんかいな?
廃墟 世界平和大観音像(兵庫淡路島)B級珍スポット

で、調べてみると、一時期リーマンブラザーズ系の金融会社が、
買い取ったんですよ。
しかし、あのリーマンショックで手放し、
競売にかけられるも、誰も入札者がなかったんです。

また、傍らには、こんな塔も存在しています。
廃墟 世界平和大観音像(兵庫淡路島)B級珍スポット

十重の塔。
こちらも高さ40mあるんですね。

しかし・・・
廃墟 世界平和大観音像(兵庫淡路島)B級珍スポット

てっぺんの飾り、倒壊しており、いつ落ちてくるかわからん状態に。
近くに営業しているレストランもあったんですが、こりゃ恐怖ですね。

今となっては、その表情が無機質に見えてきます。
廃墟 世界平和大観音像(兵庫淡路島)B級珍スポット

魂が抜けてしまった顔に見えませんか?

今の景気、そして淡路島観光事情から察するに、
引き取り手は、まあ現れないでしょう。
いつ崩壊してしまうのか、それまでに解体できるのか?
まあ、やっかいな淡路島のお荷物となっちゃいましたね。

住所:兵庫県淡路市釜口2006-1

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)
[ 2014/05/04 00:00 ] [B級旅行・温泉]日本行脚 | TB(0) | CM(-)