100円ショップ「キャンドゥ」の株価推移と株主優待(株主優待券を使ってみた)

不定期株式投資シリーズ・・・
今回、先日届いた、株主優待を使用したので記事にします。
100円SHOPって、私のような貧乏人には、非常にありがたい小売店なんですけど、
中でも、その優待目的で所有していた株があったんですね。
その会社はキャンドゥ(cando)。

100円ショップ「キャンドゥ」の株価推移と株主優待(株主優待券を使ってみた)

今回、購入したのは神戸水道筋店。
店名は「Le Plus」(ルプリュ)となっておりますが、
「キャンドゥ」が買収した店舗名がこの名前を冠しております。

その株式について、今回、触れてみたいと思います。

さて、まず、どのようにその株主優待券を利用したのかですが、
私も既に、旅立ちの時まで1ヶ月を切っております。
ホームレス車中生活を続けるための、車中泊グッズを揃えてみようかなと。
日本一周旅ブログで、その車中泊で有効な100円グッズを特集しました。
今回のこの記事は、両ブログでのコラボ記事になっておりますので、
以下のリンクをご参照くださいませ。
http://nihontabi123.blog.fc2.com/blog-entry-199.html

そして、こちら人生気ままブログでは、株式について話を進めますね。
100円ショップ「キャンドゥ」の株価推移と株主優待(株主優待券を使ってみた)

上のチャートが、キャンドゥ(2698)のここ1年間の株価推移。
相当、乱高下の激しい動きのように見えますけど、
その上げ下げの幅が小さいんですよ。
1500~1700円の幅で推移していますから、
1年単位の動きとしては、安定していると言えるんですね。

そして、このキャンドゥの中間、期末月は、5月、11月です。
ここで権利確定しますから、6月直前、12月直前で、
下げているのが、上のチャートでも一目瞭然です。

ただ、一番注目してほしいのは、10月の動きなんですよ。
ここで何があったのか、お話する前に、
キャンドゥの株主優待がどんなものであったのか記します。

中間、期末の決算期に、各2000円+税の株主優待券が発行されていたんです。
100円ショップ「キャンドゥ」の株価推移と株主優待(株主優待券を使ってみた)

それにプラスして配当金が100株の最小単位で、1000円。
100円ショップ「キャンドゥ」の株価推移と株主優待(株主優待券を使ってみた)

ですから、結構、率の高い利益があったんで、個人投資家からも、
非常に人気の高い株式やったわけです。

しかし、10月になにがあったかなんですけど、
この株主優待券の発行を期末の11月のみにすると、発表があったんですね。
この改悪は個人投資家には非常に不評であったわけで、ここまで売られたんです。

そして、11月終わりの権利確定から、1ヶ月に渡り、どかんと下げているのも、
上のチャートから分かりますよね。
私も、実は権利確定日翌日に、さっさとここの株は売っちゃいましたよ。
この下げ方は予測できてたし、個人投資家に魅力がなくなったこちらの株は、
この先の上昇はあまりないと予測したんですよね。

想像以上に権利確定翌日に下げ幅があったので、見かけ上は損を出しましたが、
優待券と配当金で、若干の利益(ホント少しだけ)はありました。

私は、こちらのブログで何度となく、
株主優待の率が大きい小売業の企業を記事にしてきましたが、
中期的にその株を保有するなら、株主優待をとることを目的として、
その株を買うなってのが鉄則です。
非常に、その買い時、売り時ともが、素人には難しいです。
そして、今回のように、その制度に変化があった時に対応しづらい。

私も、ここキャンドゥでの取引は失敗やったと教訓ですね。

↓お勧めリンク↓

【楽天ブックスならいつでも送料無料】株主優待ハンドブック(2014-2015年版)
[ 2015/03/18 00:00 ] [B級雑記]B級生活推進 | TB(0) | CM(-)

お手軽に不動産投資をおこなうには?(平和不動産リート投資法人より分配金)

さて、今までは飲食店チェーンの株を中心に株式投資についてお話してきましたが、
今回は全く違った趣向で、投資に関する話を切り込んでいきます。

皆さん、REAT(リート)って言葉をご存じでしょうか?

株式投資の1つで、多くの投資家から集めた資金で、
オフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産を購入して、
その賃貸収入や売買益を投資家に分配する商品です。
この「不動産投資信託」のことをREATと言います。

まあ誰もが憧れる言葉があると思います。
その名は「不労所得」(^^)
労力なしで、金が儲けられたら、ホント人生、楽ですよね。
その1つに、「家賃収入」が挙げられると思うんですよ。

しかし、自身でその不動産を取得しようと思うと莫大な資金が必要です。
それにその維持費やもしもの災害・・・こういうことに備えなければなりません。
それをお手軽に投資できるようにしたのが、このREATなんですよね。

私が現在保有しているREATの1つが、「平和不動産リート投資法人」。
お手軽に不動産投資をおこなうには?(平和不動産リート投資法人より分配金)

誰もが知っている不動産会社「平和不動産」が単独スポンサーとなり、
住居(マンション)を中心にオフィスビル、ホテルなどに投資する、
総合型REATです。

不動産投資と言っても、普通に株を購入するのと同じ手続きです。
お手軽に不動産投資をおこなうには?(平和不動産リート投資法人より分配金)

上記チャートが平和不動産リートの1年間株価の推移。
このように、他の株式会社と同じように、日々その値は変化しますし、
購入方法も、株式の口座を開いていれば、そちらで取引できます。

その、平和不動産リートより分配金が送られてきました。
お手軽に不動産投資をおこなうには?(平和不動産リート投資法人より分配金)

年2回(5月、11月)の2回配分されます。
この分配金方式も、全く株式会社と一緒です。
この度、1703円が株式口座に入金されました。
上のチャートを見ていただければわかりますとおり、
大体、最近は10万円弱ってのが、平和不動産リートの取引額です。
ですので、配当利回りは年間3.5%くらいですね。

上記のとおり、その分配金のみでは、さほど魅力はありません。
やはり狙いは、その株価の上昇を私は目論んで所有しています。

なぜ、「平和不動産リート」の株をホールドし続けるのか?

お手軽に不動産投資をおこなうには?(平和不動産リート投資法人より分配金)

「東京都区部を中心とする投資エリアに存するオフィス及びレジデンス」に、
集中的に投資するポートフォリオを、今後の目標に掲げているからです。
2020年に、東京では世界規模のイベントがありますよね。
「東京オリンピック」です。
私は、東京の不動産は、この年まで値下がりすることはないと睨んでいます。
なので、他にもいっぱいREAT商品がある中でこちらの会社を選びました。

あとは、その購入価格が他のREATよりも安価ってのもありますね。
REATはほぼ、1株から購入可能なんですけど、40万、50万円ってところも多い。
私の投資方法は、分散投資が基本(REATも他にいくつか所有しています)ですので、
この10万円を切る株価ってのがお手軽やったんですよ。

しかしリスクはありますよね。
地震等の災害で、不動産価値がなくなってしまえば、大幅に下がるでしょうし。
なので、こういう商品に手を出すか出さないかは、
各々の自己判断でお願いいたします。

さあ!あと5年後、この平和不動産リートの株価がいくらになっているか?
それによって、私の生活スタイルが変わっているかも??です(^^)

↓お勧めリンク↓

【楽天ブックスならいつでも送料無料】株主優待ハンドブック(2014-2015年版)
[ 2015/03/16 00:00 ] [B級雑記]B級生活推進 | TB(0) | CM(-)

株の配当金で生活できる?(みずほ銀行とゲンダイエージェンシーより配当金が振り込まれました)

自民・公明の与党が大勝しましたね。
果たして、今後1年、どういう風に日本経済は動いていくでしょう?

もともと、この私のブログは、何のスキルも持たない冴えないおっさんが
いかにお金をかけずに、快適な生活を過ごすことができるか?
ってテーマで始めました。
そう、安くても旨い、B級グルメのようにです。
(ブログタイトルもそういった想いでつけました)
それがいつの間にか、立ち呑みはしごで注目を集めるようになり、
飲食店食べ歩きブログに変化したわけです。

しかし、今もう飲食店を食べ歩いたレビューってのは、
「食べログ」の1人勝ち状態です。
個人がどうやっても太刀打ちできませんよね?
なので、このブログも初心に帰った方向性で書くことにします。

つい先日より、株式投資について何度か記事にしてきました。
結構、興味がある方も多く、これからはどんどんその話を増やしていきます。


今回のテーマは、「株の配当金だけで生きていけるか?」です。


まず、ちょうど、9月中間決算の配当金が出たので、
その例をもとに、話を進めていくことにします。

株の配当金で生活できる?(みずほ銀行とゲンダイエージェンシーより配当金が振り込まれました)

上の写真は、パチンコ店に特化した広告会社「ゲンダイエージェンシー」と、
誰もが知っているメガバンク「みずほ銀行」の配当金情報です。
見比べるために、中小企業と大企業という形にしました。

ただ、いずれの企業も共通したことがあります。
1株の取引値が、現在1000円に満たないということです。
これが東京ディズニーランドの「オリエンタルランド」なんて、
25000円(最低単元の100株買おうとすると250万円・・・)超えてきますからね。

そう、両企業ともに、業績そこそこにいいのだが、
その割には株価の安い、「割安株」なんですよ。
なので、私のような貧乏人でも、手がだせる額の株なんです。

まず、こちらが、「ゲンダイエージェンシー」の1年間株価チャート。
株の配当金で生活できる?(みずほ銀行とゲンダイエージェンシーより配当金が振り込まれました)

前半は上り調子ですが、後半は伸び悩むどころか、下げています。
なぜか?
7月、第1四半期決算短信で発表した業績が、前年度を下回ったからです。
こういう中小企業の株価って、やはりその企業の健康状態で非常に左右されます。

しかし、どうして、ここの企業の株を保持するのか?

配当金が他の企業に比べて率がええんですよ。
1番上の写真にあるように、100株持ってて、1500円の配当金。
つまり中間と期末で、年間3000円の利益となるわけです。
現在の株価はだいたい1株650円あたりですから、
最低単元100株、65000円投資することで、この利益となるわけです。
これを配当利回りというんですけど、こちらの企業は4.57%と、
非常に高い利益率となっています。

では、今度は、「みずほ銀行」の1年間株価チャート。
株の配当金で生活できる?(みずほ銀行とゲンダイエージェンシーより配当金が振り込まれました)

まず、株価がすっごい安いんですよ、大体最近1株200円前後ですね。
そして、チャートの値動きがメガバンクらしく、非常に安定しているんです。
但し、急激に下げている箇所が1つ(9月末前後)ありますよね。
ここで何があったかと言えば、中間決算があったんです。
なぜ、ここで下げるのかは、以前記事にした、
以下「吉野家」、「マクドナルド」について参照ください。
株主優待や、株主配当が期待される株は、こういう動きします。
吉野家記事はこちら!
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/blog-entry-3205.html
マクドナルド記事はこちら!
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/blog-entry-3223.html

そして、配当金額は100株保持で350円。
まあわずかな額ですけど、元の株価が安いですからね。
けど、約2万円の投資で、年間700円、配当利回りは3.46%となります。
株価は安定した動きをしているので、中小企業の株を持つより、
株価変動リスクを少なくして、配当金を受け取ることができるわけです。

つまり、両企業ともに、配当金目当てでその株を私は保持しているわけです。


では今回のテーマですね、その配当金だけで生活できるのか?

例えば、上記のような配当利回りのいい株ばかりを揃えたとしましょう。
1人で生活していくならば、最低200万円は1年間必要だとします。
上記2企業での配当金は1年間3700円の収益。
今回投資しているのが8万5千円ですので、
この500倍強の資金投入が必要ですから、単純換算で約5000万円弱・・・
まあ、これだけの資金力がなければムリです。

さあ、あなたならどうします?
頑張って5000万円貯めて、最低限の生活ですが、
配当金生活始めますか??

ってな感じで、今後も投資と、セミリタイヤ生活に関する話を、
徐々にこのブログでは増やしていくことにします。

↓お勧めリンク↓

【楽天ブックスならいつでも送料無料】株主優待ハンドブック(2014-2015年版)
[ 2014/12/16 00:07 ] [B級雑記]B級生活推進 | TB(0) | CM(-)