ぶたまんや(神戸王子公園)あっさり系豚まんの中では秀逸の出来!

神戸には、ローカルの豚まんテイクアウト店が結構多いです。
一番代表的なのは、南京町の行列店「老祥記」でしょうね。
その記事はこちら!

そして王子公園に地元の方で大人気の豚まん屋さんがあるんですよ。
店名はそのまんまで、「ぶたまんや」です(^^)

ぶたまんや(神戸王子公園)あっさり系豚まんの中では秀逸の出来!

買おうと思ってお店に行くと、午後の遅い時間には閉まってることも。
売り切れ次第閉店していますからね。
今回は朝の11時に行きましたので、大丈夫そう(^^)

販売しているものは2種類。
ぶたまんや(神戸王子公園)あっさり系豚まんの中では秀逸の出来!

豚まん(80円+税)か、しゅうまい(10ヶ400円+税)かです。
今回、豚まん2ヶ(160円+税)をテイクアウトしました。

こちらがその2個。
ぶたまんや(神戸王子公園)あっさり系豚まんの中では秀逸の出来!

551蓬莱よりも2回りくらい小さく、老祥記より1回り大きいくらいか。
この大きさで1個80円はお得に見えますね。

私の小さな手のひらに乗せてみます。
ぶたまんや(神戸王子公園)あっさり系豚まんの中では秀逸の出来!

この写真見てすぐにわかるでしょう、生地がふわっふわなんです。
この時点からして、めっちゃ美味しそうなのを醸し出している。

そんじゃ、いただいてみましょう。
ぶたまんや(神戸王子公園)あっさり系豚まんの中では秀逸の出来!

中の餡は全然主張してきません、ジューシーさがなくってさっぱり。
551蓬莱やと、肉のジューシーさがガンガンに攻めてきますが、
全く逆方向の味です。
しかし、それが物足りないってことがないんですよ。
フワフワの皮と相まって、ええ調和してるんです。
そして、玉葱の甘みもしっかり主張してくるんですよね。

神戸に来たら、551蓬莱と是非食べ比べていただきたい豚まん。
こんなに味が違うのに、両方ともめちゃめちゃ美味しいです。
神戸のテイクアウト中華では、秀逸の出来ですよ♪

住所:兵庫県神戸市灘区岸地通4-1-10 坂本ハイツ1F
電話:078-861-1541
営業時間:10:00~18:00(売切れ次第閉店)
定休日:日曜
↓551蓬莱豚まんは通販で購入できます!↓

◇〈難波 551蓬莱〉豚まん20個セット
[ 2016/08/06 00:00 ] [B級グルメ]中華 | TB(0) | CM(-)

洋食の店「なんじゃろ」本店(神戸灘)ビーフストロガノフコロッケ・フィンゼルブソース

神戸に一時的に所用のため、戻ってきております。
神戸に帰って来ると食べたくなるもの、それは「洋食」ですね。
昔ながらのお店、そっから派生した新進のお店と非常に豊富ですから、
洋食店のレベルも非常に高い。
そんな中、今まで行ったことなく、
一時的に泊めてもらってる実家からも近いのでこちらのお店へ。
洋食の店「なんじゃろ」本店にやって来ました。

洋食の店「なんじゃろ」本店(神戸灘)ビーフストロガノフコロッケ・フィンゼルブソース

私がまだ実家住まい(って20年以上前ですけどね^^)の時、
こんな店、全然気づかなかったな~
すっごい人気店なのは、最近、5年前くらいに知りました。

店内は、小さなお店です。
洋食の店「なんじゃろ」本店(神戸灘)ビーフストロガノフコロッケ・フィンゼルブソース

お昼12時過ぎると、満杯状態みたいなので、オープン11時半に入店しました。

メニュー。
洋食の店「なんじゃろ」本店(神戸灘)ビーフストロガノフコロッケ・フィンゼルブソース

ランチ。
洋食の店「なんじゃろ」本店(神戸灘)ビーフストロガノフコロッケ・フィンゼルブソース

ディナー。
洋食の店「なんじゃろ」本店(神戸灘)ビーフストロガノフコロッケ・フィンゼルブソース

神戸らしい、大衆洋食店の値段設定。
ランチやと700~1000円でいただけます。

そして、本日の日替わり定食(700円)。
洋食の店「なんじゃろ」本店(神戸灘)ビーフストロガノフコロッケ・フィンゼルブソース

なんか今までに見たことのない名前ですね、フィンゼルブソースって何?
それにビーフストロガノフをどうやってコロッケにするのか想像つかない。
今までに食ったことないものが食いたい私は、これに決めました。

こちらがその定食。
洋食の店「なんじゃろ」本店(神戸灘)ビーフストロガノフコロッケ・フィンゼルブソース

そのコロッケは大きなのが1つ、それに生野菜が皿に盛られています。
ライスは大衆店らしく多め、そんで神戸洋食はスープやなく味噌汁なんですよね。

メインのコロッケ。
洋食の店「なんじゃろ」本店(神戸灘)ビーフストロガノフコロッケ・フィンゼルブソース

フィンゼルブソースってのは、よく分かりませんでした。
あとから調べると、香味野菜のソースみたい。

そして、箸で割ってみると・・・
洋食の店「なんじゃろ」本店(神戸灘)ビーフストロガノフコロッケ・フィンゼルブソース

なるほど~ビーフストロガノフですね(^^)
揚げたて衣がちょっと厚めの中に、濃厚な味が詰まっていて、
これはごはんのおかずに最適です。
よく考えて、作っておられるよな。

神戸、昔ながらの老舗店とは違う味。
さらに一歩進化した味を提供してくれるお店ですね。
今度は定番メニューも味わってみたいな(^^)
(果たして、神戸に戻ってこれるかですけど・・・)

住所:兵庫県神戸市中央区宮本通2-1-39
電話:078-242-2928
営業時間:11:30~15:00(L.O) 17:00~21:00(L.O)
定休日:月曜日
↓お勧めリンク↓

絶品!大人のB級グルメ
[ 2015/10/13 00:00 ] [B級グルメ]定食・ランチ・カフェ | TB(0) | CM(-)

カラピンチャ[Karapincha](神戸王子公園)スリランカ料理・カレー

2014年、関西で大流行となった、他国籍料理があります。
その名は「スリランカ料理」。
カレーと言えば、インドですが、そのお隣にある島国スリランカも、
勿論カレーが主食ですね。
そのスリランカカレーが食えるお店が、神戸では王子公園にあります。
別にスリランカに限らず、いろんな各国の料理が食いたい私なので、
いずれ訪問しようと思っていたんです。
ちょうど水道筋商店街にも行きたかったので、そのついでに、
カラピンチャ(Karapincha)にやって来ました。

カラピンチャ[Karapincha](神戸王子公園)スリランカ料理・カレー

人気の行列店と聞いていたので、
そういうお店はオープン同時に襲撃をかけるのが私の常套手段(^^)
土曜のお昼、オープン11時30分の10分前には到着しましたが、
お店前には誰もおらず、余裕でしたね。
一番乗りで店内に入ります。

店内入ってすぐ、ご覧のカウンターがあります。
カラピンチャ[Karapincha](神戸王子公園)スリランカ料理・カレー

その右手側にテーブル席といったこじんまり構成。
お二人で営業されており、この規模で適当な広さでしょうね。

こちらが、本日のカレープレートのメニュー。
カラピンチャ[Karapincha](神戸王子公園)スリランカ料理・カレー

そして色々書いてあるメニューです。
カラピンチャ[Karapincha](神戸王子公園)スリランカ料理・カレー

種類はチキンカレー(1000円)か海老カレー(1100円)の2種。
ただ、オプションで追加できるので両方楽しむことも可能。
私は、せっかくなので、両方でお願いしました。
お値段は両方ついて、1300円となります。

こちらが、そのワンプレート。
カラピンチャ[Karapincha](神戸王子公園)スリランカ料理・カレー

ライスの周りにのっているのが、左から、
・みつばと水菜の和え物
・豆の揚げせんべいとココナッツのふりかけ
・茄子のマスタード煮
・レンズ豆のカレー
です。
どうです?インド料理屋のカレーとはまた違ってるので、
新鮮味がありますね。

そして、カレー2種。
カラピンチャ[Karapincha](神戸王子公園)スリランカ料理・カレー

海老カレーとチキンカレー。
カレーのルーはさらっとしたタイプですね。
スパイスの風味が食欲を俄然、貪欲に変化させてくれます。

まずはそれぞれ別にライスにかけていただくことにします。
カラピンチャ[Karapincha](神戸王子公園)スリランカ料理・カレー

チキンに・・・

海老ですね。
カラピンチャ[Karapincha](神戸王子公園)スリランカ料理・カレー

それぞれまた、出汁風味が違うんで、この変化がいい。
カレー自体はさほど辛くはなく、日本の和食のような味わいを感じる。
そう、鶏ベースと、魚介ベースのそんな味。

そして、スリランカ料理はこうなるんですね。
カラピンチャ[Karapincha](神戸王子公園)スリランカ料理・カレー

全ての具材をぐっちゃん、ぐっちゃんに混ぜて食べるもん。
最初は一口ずつ、別個でいただいていきましたけど、
美味しいのは、こうして色んな味が複雑に入り組んだ状態ですね。
これは旨いわ~

そして卓上にはアチャールが。
カラピンチャ[Karapincha](神戸王子公園)スリランカ料理・カレー

これ単体で、ぐちゃぐちゃ混ぜ混ぜ料理を食ってる最中に、
アクセントに口の中に放り込むのもええですが、
さらに混ぜ込むのもまたいい。

デザートは、ヨーグルトの、椰子花蜜掛け。
カラピンチャ[Karapincha](神戸王子公園)スリランカ料理・カレー

このさっぱりさが最後、今まで複雑な味となっていた口の中を、
すっきりとリセットさせてくれます。

うん、面白い!そして美味しい!
ええもん食わせていただきました。
ただ、インドカレーのお店と比べると、ボリューム的に満足できなかったかな。
その後、さらにたこ焼き食いにいける、腹持ち具合でしたもん。
しかし、神戸の各国料理めぐりは、今後もまだまだ続けていきたいですね。

住所:神戸市灘区王子町1-2-13
電話:078-805-3039
営業時間:11:30~16:00
定休日:月曜・第3火曜
↓お勧めリンク↓

絶品エスニックバルレシピ / 小野員裕
[ 2015/10/12 00:00 ] [B級グルメ]丼・カレー | TB(0) | CM(-)