徳島ラーメン「大孫」川内店(徳島市)

この旅、フェリーで四国に渡って来ての初のお食事。
いざ南海フェリーで徳島へ!1日目記事はこちら!

まあ、徳島を代表するB級グルメと言えば、「徳島ラーメン」ですね。
本場の徳島までやって来て食べたのは、もう5年以上前になるかな?
徳島ラーメン専門店「東大」八万店の記事はこちら!

結構濃厚な豚骨醤油味が私としては、好みの部類なんで、
夜遅くまでやっているお店を検索して、こちらのお店に決定。
徳島ラーメン「大孫」川内店です。

徳島ラーメン「大孫」川内店(徳島市)

見た目はチェーン店っぽいお店ですね(ってそうなんですが)。
駐車場も広くて、立ち寄りやすい雰囲気を持っています。

店内の様子。
徳島ラーメン「大孫」川内店(徳島市)

ご覧の通り、広々としております。
カウンターよりも、テーブル、座敷の方が比重高いかな。

メニュー。
徳島ラーメン「大孫」川内店(徳島市)

普通のラーメンは550円とこういう地方のラーメン屋では平均的。
あとは大盛りにするか、肉入りにするか、チャーシュー入りにするかの選択で、
味は徳島濃厚豚骨醤油の1種類だけですね。

で、嬉しいのがこれ。
徳島ラーメン「大孫」川内店(徳島市)

生たまごはサービスでいくつ食べてもええようになっています。

となると、これをするのが私の定番。
徳島ラーメン「大孫」川内店(徳島市)

おかわり自由のご飯(150円)とセットで、たまごかけご飯に。
フェリー乗ってきて、晩ご飯食べてないから腹いっぱい食うぞ~(^^)

ラーメンは普通の並(550円)にしときました。
徳島ラーメン「大孫」川内店(徳島市)

スープに膜が張っているのが、このラーメンの濃厚さを物語っています。

まずはそのスープより。
徳島ラーメン「大孫」川内店(徳島市)

ちと醤油系の塩辛さが顕著ではあるけれど、自身としては許容範囲内。
豚骨系の味はさっぱり感があり、そのバランスがちょうどええですね。

普通のラーメンでも、豚バラ肉は少しのっておりました。
徳島ラーメン「大孫」川内店(徳島市)

甘辛く煮込まれたこの味が、徳島ラーメンとして一番の特徴。
徳島来て、ラーメン食ってるな~って情緒を湧かせてくれます。

麺は中細の太さのストレート。
徳島ラーメン「大孫」川内店(徳島市)

濃いめのスープをうまい具合に絡んでくれてます。
自家製麺かな?スープに合わせて作られた麺って感。

ごはん、おかわりいっとこ~
徳島ラーメン「大孫」川内店(徳島市)

最終的にたまごかけご飯、3杯食いました(^^)

途中で、ラーメンにも生卵を投入。
徳島ラーメン「大孫」川内店(徳島市)

玉子4つもいただいたことになるな。
しかし、こうやって食べると、なんかすき焼き食ってるような味。
私としては、加えないで食べる方が好みだな。

チェーン店の味っちゅう、無難ですがよくまとまってると思います。
そして、徳島ラーメンらしさもしっかり出てる。
県外から食べに来て、これが徳島らーめんだ!
って味を堪能したい時には、格好の店ではないかな。
私はご飯3杯も食べたし、満腹感も満足できる結果でした。

翌日、香川に上陸して食べるものは・・・はい決まってますね(^^)
明後日、木曜に続きます。

住所:徳島県徳島市川内町平石若宮285-1
電話:088-677-9123
営業時間:11:00~翌1:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

【送料無料】 「ご当地ラーメン」の地域ブランド戦略


徳島ラーメン 大孫 川内店ラーメン / 徳島駅佐古駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1

[ 2014/02/18 00:00 ] [B級グルメ]ラーメン | TB(0) | CM(-)