京阪宇治駅前 駿河屋(京都宇治)茶だんご

スルッとKANSAI 3dayにて夏の京都日帰り旅の開始。
この日のあらすじについてはこちらで書いています。
・前編
・後編

まずは、宇治にやって来ました。
宇治というと、まず思い浮かべるのは、誰でもお茶でしょう。
街を歩いていても、至る所にお茶系のお店ばかりです。
そんな中、茶だんごが有名なお店があるんですね。
まずは軽く朝食がわりにいただきます。
京阪宇治駅前「駿河屋」に立ち寄りました。

京阪宇治駅前 駿河屋(京都宇治)茶だんご

いかにも老舗らしい店構え。
昭和初期より営業されているそうです。
暑い最中やったんで、
抹茶ソフトクリームにも興味はあったんですけどね。

店内、茶だんご以外にも色々と和菓子が売られています。
京阪宇治駅前 駿河屋(京都宇治)茶だんご

しかし、お目当てはこっち。
京阪宇治駅前 駿河屋(京都宇治)茶だんご

30本やと2500円で売られています。
ただ、きちんとした贈答用に箱詰めされているのは、
本数も多く食い切れないですよね。

しかし、お手軽な簡易パッケージもあるんですよ。
京阪宇治駅前 駿河屋(京都宇治)茶だんご

こちらが最小構成単位の茶だんご5本入り。
これで425円です。
こちらを購入し、同行者とシェアすることにしました。

町歩きの最中、木陰のベンチでいただきます。
京阪宇治駅前 駿河屋(京都宇治)茶だんご

深緑の色合いの団子が一串に3つささっており、×5本。
1個の大きさはかなりちっちゃいです。
私ならば、一口で3個軽く食えます。

では、いただいてみます。
京阪宇治駅前 駿河屋(京都宇治)茶だんご

まず感じるのは、餅の弾力さ。
もちもちっとした食感で、
噛みしめると抹茶の香りがふわっと拡がっていきます。
私は甘いもん嫌いなので、こういう団子ならば全然大丈夫だろうと、
購入してみましたが、大正解。
甘さは、お茶の香りを補助する程度で、全く問題なし。

想像以上に美味しいお団子でしたね。
特にスイーツ好きな方ではなくって、
私のような、酒飲み辛党に食べて欲しいなって品。
麦焼酎のロックを飲みながら合わせるにも、おつですね(^^)

さーて、もう1軒、宇治で行きましょう。
木曜に続きます。

住所:京都府宇治市宇治東内16
電話:0774-23-8191
営業時間:9:00~19:00
定休日:木曜日(行楽シーズンは休まず営業)
↓お勧めリンク↓

手づくりで楽しむ四季の和菓子


京阪宇治駅前 駿河屋甘味処 / 宇治駅(京阪)三室戸駅宇治駅(JR)

昼総合点★★★☆☆ 3.3

[ 2013/10/08 00:00 ] [B級グルメ]その他 | TB(0) | CM(-)