ル プティ パン ドゥ フシミヤ[LE PETIT PAIN DE FUSHIMIYA](大阪藤井寺駅)

その日は所用で、近鉄藤井寺駅で下車。
用事も終わり、必要な買い物も終了。
で、せっかくここまで来たのだから、
最近大阪の南方面で実施しているパン屋めぐりをやろうかなと。
駅近で行けそうなパン屋さんを検索。
ル プティ パン ドゥ フシミヤ(LE PETIT PAIN DE FUSHIMIYA)
にお邪魔しました。

ル プティ パン ドゥ フシミヤ[LE PETIT PAIN DE FUSHIMIYA](大阪藤井寺駅)

近鉄藤井寺駅を南側に降りて、西へ5分弱くらい歩くかな。
線路沿いにあります。

店内に入ります。
ル プティ パン ドゥ フシミヤ[LE PETIT PAIN DE FUSHIMIYA](大阪藤井寺駅)

思っていたほどにはパンの種類少ない。
朝10時くらいでこれではお昼過ぎにはほとんど無いのでは。
あと店内、3席程度イートインできるカウンタースペースもありました。

まず買ったのはこれ。
ル プティ パン ドゥ フシミヤ[LE PETIT PAIN DE FUSHIMIYA](大阪藤井寺駅)

私の定番、カレーパンなんですけど、値段高かった・・・
大きさも小ぶりで160円ってな値段。
うーん・・・この大きさなら120円くらいが妥当でしょう。

美味しさがとびきり旨いのか、囓ってみます。
ル プティ パン ドゥ フシミヤ[LE PETIT PAIN DE FUSHIMIYA](大阪藤井寺駅)

どこの町のパン屋さんでも買えそうやと思います。
この店ならではを感じられず。

そしてもひとつ、ベーコンポテト。
ル プティ パン ドゥ フシミヤ[LE PETIT PAIN DE FUSHIMIYA](大阪藤井寺駅)

こんな名前やったかは定かではありません(^^;)
こちらもお値段は160円。
フランスパンのような固い生地の中に、
ジャガイモとベーコンが詰まっています。

こちらもいただきます。
ル プティ パン ドゥ フシミヤ[LE PETIT PAIN DE FUSHIMIYA](大阪藤井寺駅)

じゃがいもがほくほくしてて、パンの天然酵母風味と見事にマッチ。
ただ、ベーコンの主張をあんまり感じなかったな。

まあ、ごくごく普通の町のパン屋さん。
わざわざ遠方から訪問して、買うことはないかな。
あと、パンのお値段が全体的に高めなんもマイナスポイントですね。

住所:大阪府藤井寺市春日丘1-10-38
電話:072-955-1172
営業時間:8:00~19:00
定休日:月曜日
↓お勧めリンク↓

フランスの地方で巡り逢ったパンとお菓子の本格派レシピ


ル プティ パン ドゥ フシミヤパン / 藤井寺駅高鷲駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.3

[ 2013/06/09 00:00 ] [B級グルメ]その他 | TB(0) | CM(-)

加寿屋 藤井寺本店[かすうどん KASUYA](大阪)

この日はひどい二日酔い・・・
何も用事がなければ家から一歩も出たくない状況だったのだが、
どうしても外せない所用があり、車を走らせる。
お昼も過ぎて、ようやく胃のむかつきも治まってきた。
こういう時に求める食い物はあっさり関西出汁のうどん。
讃岐系が大好きな私ですけど、大阪うどんを求める胃になります(^^)
ってことで目に入ったのがこちらのお店。

加寿屋 藤井寺本店[かすうどん KASUYA](大阪)

以前から、南大阪近辺を走っていると目立つお店でした。
「かすうどん」のチェーン店です。
そういえば過去、かすうどんって食ったことなかったかなと車をin!
藤井寺ICの近くにあります、「加寿屋」藤井寺本店です。

店内の様子。
加寿屋 藤井寺本店[かすうどん KASUYA](大阪)

本店といっても大きくはありません。
カウンターに、テーブル3つ程度の仮設のような店構え。
あちこちにある支店の方がもっと大きいですね。

そのかすうどんメニュー。
加寿屋 藤井寺本店[かすうどん KASUYA](大阪)

うーん・・・予想してたより値段高い。
一番基本のかすうどんで600円。
ワンコイン切るくらいの値段かと思ってたのにな。

あと、丼もあります。
加寿屋 藤井寺本店[かすうどん KASUYA](大阪)

ミニかすうどんとセットにして780円やから、
もし二日酔いでなければ、こっちのセットを頼んでいたでしょう。

はい、一番基本のかすうどん(600円)単品です。
加寿屋 藤井寺本店[かすうどん KASUYA](大阪)

600円のうどんとは思えないほどシンプル。
「かす」とは何かを説明すると、天かすではなく、油かす。
牛の小腸を油で揚げたもんです。
カリカリの薄っぺらいもんなので、
こうやってうどんのトッピングにすると全然目立ちません。
で、出汁を吸って、ふにゃふにゃになっております。

この油かすをまずいただいてみると、
うん、噛むと染み出してくるエキスがなんとも美味しい。
ホルモン系は大好きな私なので、この味は好きです。
またこのエキスが入った、関西系の優しい出汁の味わいも疲れた胃にちょうどいい。

で、うどんですが、まあ大阪らしいうどん。
普段なら絶対に、外に食べに出てまで食べたいうどんではありません。

二日酔いにはぴったりのランチでした。
しかし、ワンコイン切る価格でしたら満足していたでしょうが、
コストパフォーマンスは非常に悪いと思います。
同じ値段出すなら、美味しい讃岐うどん屋さんの多い大阪ですから、
どうしてもそっちに行っちゃいますね。

住所:大阪府藤井寺市沢田1-28-5
電話:0729-54-6490
営業時間:11:00~翌5:00
定休日:年中無休
↓お勧めリンク↓

讃岐うどんめぐり指南の書


加寿屋 藤井寺本店うどん / 藤井寺駅土師ノ里駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.4

[ 2013/04/25 00:00 ] [B級グルメ]そば・うどん | TB(0) | CM(-)

パンリッチ ふじいでら工房(大阪藤井寺)

最近、ちょっと車で出かける機会があると、
帰りにパンを買って帰ることが多くなりました。
普段、パンよりご飯派の私で、朝食も抜くことが多いんですけど、
休日の朝にパンとホットコーヒーで、
テレビをぼーっと眺めるのが、優雅ではまっております(^^)
この日も土曜、翌日の朝のパンを買いにやって来ました。
近鉄藤井寺駅近くにあります、パンリッチ「ふじいでら工房」です。

パンリッチ ふじいでら工房(大阪藤井寺)

場所は目の前にキリン堂があり、その駐車場に停め、
そこで買い物をした後、立ち寄りました。

店内の様子。
パンリッチ ふじいでら工房(大阪藤井寺)

もう一つ。
パンリッチ ふじいでら工房(大阪藤井寺)

パンの種類は少ないし、いたってシンプル。
今はやりのパン屋さんやと、創作系のお総菜パンなんて多いですけど、
こちらのお店は、あんぱん、クリームパン、メロンパンなんてのが代表格。
昔ながらのパン屋さんですね。
買ったのは100円の2つと、110円のが1つ、計310円です。

まずは私の定番、カレーパン。
パンリッチ ふじいでら工房(大阪藤井寺)

この揚げパンは、昔子供の頃買った近所のパン屋さんと同じような感じ。

中身はこんなの。
パンリッチ ふじいでら工房(大阪藤井寺)

いたって特徴のないカレーパン。
けどこのノスタルジーなカレーパンも、久々に食べたって感じでなかなかいい。

そしてフランクフルト。
パンリッチ ふじいでら工房(大阪藤井寺)

これまた私定番のソーセージをくるんだパンですけど、
お総菜パンは物珍しいもんがなんもなく、こういう定番をチョイスするしかないです。

こちらのパンもカレーパンと同様。
パンリッチ ふじいでら工房(大阪藤井寺)

昔からよく食べてた味。

最後に、もちチーズパン。
パンリッチ ふじいでら工房(大阪藤井寺)

中に、もちとチーズが詰まっています。
パンリッチ ふじいでら工房(大阪藤井寺)

これ、パン生地めちゃめちゃ甘い。
甘いパン嫌いな私にはこのモチモチした甘いパンは全然ダメでした。

うーん、近所に徒歩圏にあれば購入してもってレベルでしょうか。
どこの町にもあるパン屋さんやと思います。
今回、車でわざわざ帰りに寄るには物足りなさを感じましたね。

住所:大阪府藤井寺市岡1-4-37
電話:072-952-1185
営業時間:7:00~19:00
定休日:火曜日
↓お勧めリンク↓

フランスの地方で巡り逢ったパンとお菓子の本格派レシピ


パンリッチ ふじいでら工房パン / 藤井寺駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5

[ 2013/03/23 00:00 ] [B級グルメ]その他 | TB(0) | CM(-)