スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニルヴァナム[Nirvanam](東京虎ノ門)1200円の南インド料理バイキング

東京に来る前から、ここは行きたいとチェックしてたお店。
けど虎ノ門・・・住んでるとこから距離が14㎞とめっちゃ遠いんですよね。
しかし、ママチャリ放浪!まだまだ飽きが来る前に行っておこうと思いました。
本格南インド料理のお店が、バイキングをやってるんですよ。
ニルヴァナム(Nirvanam)に、自転車漕いでやって来ました。

ニルヴァナム[Nirvanam](東京虎ノ門)1200円の南インド料理バイキング

食べログでも3.8超えの評価点やし、人気もすごいので、
オープン11時半10分前に到着したら、既に開いてて、すぐに飛び込みました。
平日やから、ご近所サラリーマンが来る前に、たいらげます(^^)
帰りは階段に15人くらい待ち客できてました。

ランチビュッフェの内容。
ニルヴァナム[Nirvanam](東京虎ノ門)1200円の南インド料理バイキング

インド料理バイキングってのは何度か見かけたことあるけど、
ドーサ、ワダ、サンバルなんてある南インド料理は珍しいでしょう。
これで1200円なら、大喰いの私ならお得かなって思ったわけです。

持ち帰り弁当もやってます。
ニルヴァナム[Nirvanam](東京虎ノ門)1200円の南インド料理バイキング

続き。
ニルヴァナム[Nirvanam](東京虎ノ門)1200円の南インド料理バイキング

この辺、官公庁も多いし、需要高いんやろな。

店内の様子。
ニルヴァナム[Nirvanam](東京虎ノ門)1200円の南インド料理バイキング

あまり1人客には向いてないけどね。
ただ結構、サラリーマン、OLの1人客利用は多かったです。

そんじゃ、取りに行きましょう。
ニルヴァナム[Nirvanam](東京虎ノ門)1200円の南インド料理バイキング

見た目は、うーーん、普通のインド料理のバイキングとあんまし変わらない感じ。
カレーがあって、ナンがあってってそんな雰囲気ですね。

ご覧のような感じで一皿目。
ニルヴァナム[Nirvanam](東京虎ノ門)1200円の南インド料理バイキング

あ、こちらのお店、シルバーボウルは2皿までと決められており、ご注意ください。
おかわりは使いまわしが必要です。
カレーを2種、ドーサと、イエローライス、チキンローストを取って来た。

カレーは、左がベジタブルカレーに、右にマトンカレー。
ニルヴァナム[Nirvanam](東京虎ノ門)1200円の南インド料理バイキング

味はさすがに本格的で美味しい。
しかし、見た目同様に、南インドらしさはないよね。

こちらは、カレーのように見えますけど、サンバール。
ニルヴァナム[Nirvanam](東京虎ノ門)1200円の南インド料理バイキング

南インドで食べられるスパイスを使ったスープです、
キマメと野菜を煮込んで作られています。

これも見た目、何か分からないでしょう。
ニルヴァナム[Nirvanam](東京虎ノ門)1200円の南インド料理バイキング

チャツネって書かれておりました。
スパイスソースですね、少し酸味があって、これまた旨い。

サラダと、あとカレーもう一種類、バターチキンカレーをいただく。
ニルヴァナム[Nirvanam](東京虎ノ門)1200円の南インド料理バイキング

ここで、私はちょっと失敗したかなと・・・
同じ味が続くものを大量にいただくのが苦手な私。
カレーを立て続けに食べてると飽きてきた(^^;)

最後はデザート。
ニルヴァナム[Nirvanam](東京虎ノ門)1200円の南インド料理バイキング

ダリヤパヤサムと書かれておりました。
ココナッツの風味がしている、さっぱりスィーツ。

確かに美味しかったけど、1200円でバイキングするのはどうかなって所。
カレー2種と、ドーサ、サンバール、デザートくらいの構成で、
900円くらいにした方が価値あるんではないかな。
私の場合、バイキングは色んな味を変えていきたいから、
普通にいただきたかったですね。
私のチョイスミスでした。

住所:東京都港区虎ノ門3-19-7 大手ビル2F
電話:03-3433-1217
営業時間:[月~金]11:30~14:30 18:00~22:00(L.O.21:30) 
[土・祝]18:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

家庭で作る本格インド料理
スポンサーサイト
[ 2016/04/14 00:00 ] [B級グルメ]丼・カレー | TB(0) | CM(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。