スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

河内鴨料理 あたらし(大阪本町淀屋橋)

親子丼って食い物は、ランチには鶏料理の結構な有名店にて、
1000円以内でお手軽に食すことができる料理。
今回のランチはそういう店を大阪市内で狙っておりました。
すると河内鴨の専門料理屋が、お昼に鴨の定食を出しているんだとか、
鴨。。。あの濃厚でがっしりとした肉の厚みが好きなんですよね~
鍋の食材にも、スーパーで安く売っていたら必ず買います。
その鴨を使った丼が食えるってことで行って来ました。
河内鴨料理「あたらし」です。

河内鴨料理 あたらし(大阪本町淀屋橋)

ひっそりとビルの2階に佇んでおりました。
河内鴨料理 あたらし(大阪本町淀屋橋)

もっと高級っぽい店をイメージしてたんですが、
ローカルの非常に家庭的なお店です。

店内の座敷の様子。
河内鴨料理 あたらし(大阪本町淀屋橋)

私は一人やったんでカウンターに座りましたが、
店構えどおり、少し年季の入った和のお店。

そのランチメニュー。
河内鴨料理 あたらし(大阪本町淀屋橋)

一番のメインは店名がついている、あたらし定食(1000円)かな。
こちらで、鴨丼と鴨そばの2種類が食えます。
私は鴨専門料理での、蕎麦の質ってのは疑問視したので、
ここでは純粋に鴨丼のみをいただくことにしました。
値段も安く650円です。

こちらが鴨丼(650円)できあがり!
河内鴨料理 あたらし(大阪本町淀屋橋)

うん、見た目は親子丼ですね。
嬉しいのは、玉子が白身のみでぐちゅぐちゅになっていない。
カツ丼のお店とかでも、結構多いでしょ、あれが嫌い。
玉子はちゃんと、黄身も白身も完全にかき混ぜてくれたほうが好きです。

さーて、いただいてみます。
河内鴨料理 あたらし(大阪本町淀屋橋)

うん!卵の半熟トロトロ感覚が自身の好みですね~
出汁のお味はちょい濃いめなのが少し好みから外れますが、
鴨肉、卵、玉葱の3拍子を、ええ具合にハーモニーとして調和されています。

あ、その肝心の鴨肉ですね。
河内鴨料理 あたらし(大阪本町淀屋橋)

うん、いかにも鴨!濃厚!
この値段ですから、そんなにええ質ではないでしょうけど、
しっかりとした「かも!」って主張をしております。

最後にはデザートもつけてくれました。
河内鴨料理 あたらし(大阪本町淀屋橋)

巨峰のゼリーです。
この辺りは、女将のセンスなんかな?
見た目どおりのさっぱりさで、鴨丼食べた後には最高でした。

いやーこの値段で食える丼としては、非常に大満足です。
女将さんは絶えず、客の方に気遣っておられて、
私が暑そうにしているのを見て、冷たいお冷や出してくださったり、
腰の低いご丁寧な接客なんですね。
美味しいうえに、この接客・・・素晴らしいです。
笹身の押し寿司の定食なんてのもあり、これも1回食べてみたい。
再訪を是非ともしてみたいお店でしたね。

住所:大阪市中央区瓦町4-4-14 日宝ニュー本町ビル2F
電話:06-6229-7088
営業時間:[月~土]11:30~14:00 17:00~22:00(LO21:30)
定休日:日曜・祝日
↓お勧めリンク↓

ニッポン定食紀行


あたらし鳥料理 / 本町駅肥後橋駅淀屋橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

スポンサーサイト
[ 2014/01/09 00:00 ] [B級グルメ]丼・カレー | TB(0) | CM(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。