ホンダF1第一期初優勝からの苦悩・・・「ホンダ・RA273」リッチー・ギンサー/ロニー・バックナム/ジョン・サーティース(1966~1967年)

前年1965年に、シャシーもエンジンも自社製作の結果、
ホンダは初優勝を成し遂げました。
そのマシンの名は、「ホンダ・RA272」。
以下で、記事にさせていただきました。
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/blog-entry-3737.html

そして、この年1966年には、エンジン規定が大きく変更され、
排気量が1500から3000ccに拡大されることになったんですね。

ホンダはそのエンジン開発が非常に遅れました。
その結果、今回ご紹介するRA273が投入されたのが、
中盤過ぎたイタリアGPからとなったわけです。

こちらがそのマシン。
HONDA第一期初優勝からの苦悩・・・「ホンダ・RA273」リッチー・ギンサー/ロニー・バックナム/ジョン・サーティース(1966~1967年)

新設計されたV型12気筒DOHCエンジンは、さすがにホンダが製作しただけあって、
他チームのエンジンパワーを軽く圧倒、400馬力以上を叩きだしたのである。

しかし、その反面、その重量は規定最低重量を150㎏もオーバー。
そのエンジンパワーを全く生かせない結果に・・・

このマシンは1967年の中盤、ドイツGPまで使用されたのですが、
1967年の開幕戦南アフリカGPで、3位表彰台にのるのがやっと・・・
リタイヤも多い、駄作マシンでした。

私が生まれてもいない時代ですので、個人的な見解はありません。
さて、その次のマシン(RA300)で、いかに改良されてきたのか?
またおいおい、このブログで、土曜更新しますね。

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
[ 2016/01/23 00:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)