ココ・カピウ(北海道苫前)日本一周旅で食べて美味しかったBest3へ確実にランクインするバフンウニ丼

北海道オロロンラインを北上中です。
この地では、食わずにそのまま素通りできるか!って食い物があります。
その名は、「バフンウニ」。
夏の漁の解禁シーズンのみ、
この地では朝獲れのバフンウニがいただけるお店がちらほらとあります。
高級珍味ですけど、私は大好きな海鮮物の中でもさらに大好物!
しかし、逆にチリ産のミョウバンたっぷりの苦いウニは大嫌い!
果たして美味しいバフンウニにありつけるか?
「ココ・カピウ」ってお店にやって来ました。

ココ・カピウ(北海道苫前)日本一周旅で食べて美味しかったBest3へ確実にランクインするバフンウニ丼

夏のウニシーズンにのみ、営業するお店です。

ただウニ以外にも、ご覧の海鮮丼がメニューにあります。
ココ・カピウ(北海道苫前)日本一周旅で食べて美味しかったBest3へ確実にランクインするバフンウニ丼

ただ、私の眼中には一切入りません(^^)

そう!私の求めていたものは、こっち!
ココ・カピウ(北海道苫前)日本一周旅で食べて美味しかったBest3へ確実にランクインするバフンウニ丼

「ばふんうに」と「むらさきうに」の両方を取り扱っています。
さすがにお値段はバフンウニ丼で2500円と結構なお値段しますけど、
全国ここでしか食えませんからね。
そしてムラサキウニの獲れたては、既に積丹半島で食べたんですよ。
その記事はこちら!

迷うことなく、ばふんうに丼(2500円)で。

ちなみに、ここで取り扱っているウニは、以下の期間のみです。
ココ・カピウ(北海道苫前)日本一周旅で食べて美味しかったBest3へ確実にランクインするバフンウニ丼

わずかこの期間で、ここでしか食えないウニってめちゃめちゃ楽しみ♪

けど、こんな軽食類とアルコール類もあるんですね。
ココ・カピウ(北海道苫前)日本一周旅で食べて美味しかったBest3へ確実にランクインするバフンウニ丼

ココ・カピウ(北海道苫前)日本一周旅で食べて美味しかったBest3へ確実にランクインするバフンウニ丼

目の前が、とままえ夕陽ヶ丘ホワイトビーチやから、
ビーチに遊びに来た客も寄るわけだ。

ただ、この日はあいにくの雨。
ココ・カピウ(北海道苫前)日本一周旅で食べて美味しかったBest3へ確実にランクインするバフンウニ丼

ビーチには誰もいません。

なので店内もガラガラ。
ココ・カピウ(北海道苫前)日本一周旅で食べて美味しかったBest3へ確実にランクインするバフンウニ丼

こちらのカウンター席でぽつんと1人、客は私だけでした。
(後からウニ目当ての観光客も2,3組来られましたけどね)

バフンウニ丼(2500円)完成!
ココ・カピウ(北海道苫前)日本一周旅で食べて美味しかったBest3へ確実にランクインするバフンウニ丼

ベビー帆立の味噌汁と漬け物のセットになっています。
丼が小さいように写っていますけど、帆立の味噌汁のお椀が大きいんです。
たくあんの小皿が標準的ですので、それと比べてみていただければお分かりかと。

これがこの店のバフンウニ丼だ!!!
ココ・カピウ(北海道苫前)日本一周旅で食べて美味しかったBest3へ確実にランクインするバフンウニ丼

バフンウニが、めちゃめちゃみっしり敷き詰められております。
たぶん、軍艦寿司の上にのせたら、軽く20貫以上は作ることができるでしょう。
2500円なんて、全然安く思えるボリュームです。

そんじゃ、いただいてみましょうか。
ココ・カピウ(北海道苫前)日本一周旅で食べて美味しかったBest3へ確実にランクインするバフンウニ丼

なんだ?この濃厚な味?そしてまろやかさは?
今まで寿司でもウニ好きなもんで、よくいただいてきましたけど、
そんなの比べもんになりません。
ここまで美味しいウニは過去食ったことはない。

そして、帆立の味噌汁。
ココ・カピウ(北海道苫前)日本一周旅で食べて美味しかったBest3へ確実にランクインするバフンウニ丼

これまた、ええ帆立のエキスたっぷりなんですよ。
ウニが濃厚まったりなんで、このあっさり汁もまたアクセントにいい。

東京の高級カウンター寿司に行っても、絶対食えないウニです。
だって獲れたてでないと、ウニはすぐに味落ちるからね。
ウニって嫌いな方も多いと思いますが、
それはミョウバン処理された苦いウニを食ってるからだと思います。
しかしこの北海道オロロンライン沿い(利尻や礼文島も同様)の、
獲れたてバフンウニは、一生に1度でも食う価値はあります。
この記事書いている時点では、この旅で食って美味しかったグルメナンバー1!
大満足ですね。

住所:北海道苫前郡苫前町字栄浜55-3 とままえ夕陽ヶ丘ホワイトビーチ
電話:0164-64-2855
営業時間:10:00~19:00
定休日:夏期のみ営業
↓お勧めリンク↓

旅してでも食べたい地もの旬もの回転寿司
[ 2016/08/24 00:00 ] [B級グルメ]丼・カレー | TB(0) | CM(-)

うな正[うなしょう](東京神田)今時980円でうな丼が食える店は他になかなかありません

東京滞在での重点攻略ポイントグルメ、3点のうちの1つ。
ただ、この食材だけは、ここ5年くらいで高騰しているだけに、
貧乏旅最中の私には、なかなかいただけるもんではありません。
けど、やはり東京って地は、ウナギは安くて美味しいとこ多いんですよね。
関西とは比べもんになんない。
今回も1000円以内で鰻丼が食えるって聞いて、神田にやって来ました。
うな正(うなしょう)です。

うな正[うなしょう](東京神田)今時980円でうな丼が食える店は他になかなかありません

いかにも東京らしい、大衆向けの老舗うなぎ専門店。
絶対、関西にはこんなタイプの鰻屋は存在しません。
鰻屋はあっても、もっと高級で敷居高そうなお店ばかりです。

店頭のサンプル。
うな正[うなしょう](東京神田)今時980円でうな丼が食える店は他になかなかありません

ありますね~980円の鰻丼(^^)
高騰する前は、なんぼで提供してたんやろ?700円前後なんかな?
今回、こちらをいただきます。

そして、テイクアウトメニュー。
うな正[うなしょう](東京神田)今時980円でうな丼が食える店は他になかなかありません

おっ!さすが東京らしく、レバー串、短冊串、ひれ巻串なんて、
串焼きもテイクアウトできるんですね。
この辺持ち帰って、家で日本酒と合わせるなんてのもええな。

中へ入ります。
うな正[うなしょう](東京神田)今時980円でうな丼が食える店は他になかなかありません

店内、鰻を焼く炭火の煙がモクモクと。
しかし、この煙はたばこと違って、大歓迎です(^^)
カウンターのみの店内、空いてるとこに座ります。

鰻丼には、吸い物とおしんこがつきます。
うな正[うなしょう](東京神田)今時980円でうな丼が食える店は他になかなかありません

肝吸いではなかったですね、
特上やと、肝吸いになるみたいですけど。

こちらが今回頼んだうな丼(980円)。
うな正[うなしょう](東京神田)今時980円でうな丼が食える店は他になかなかありません

さすがにシンプル、豪勢さはないですけど、
国産鰻が1000円以内で食えるんですから、ありがたい。

では、いただきます。
うな正[うなしょう](東京神田)今時980円でうな丼が食える店は他になかなかありません

おおっ!めっちゃやわらか~い♪
身がフワフワしております。
東京では鰻は蒸してから焼きますけど、
私は関西のパリパリ鰻より絶対こっちの方が好き。
そして炭火の香りのついた濃厚な鰻の味がめっちゃええ。
タレも濃くなくって甘みも少なく、私好み。
ただ薄味好きの私にはこれでちょうどよかったですけど、
物足りない方は、卓上にタレも備え付けられています。

さすがだね・・・東京のうなぎ屋はこの価格でもすごいんだ。
ただ、980円のうな丼やと、そのボリュームに物足りなさは感じます。
私はその後、立ち食いそば屋で、カレーと蕎麦のセット食ったくらいですもん(^^;)
けど、鰻がダブルになる1850円のを食べるとボリューム的にも満足できるでしょう。
東京大衆うなぎ屋の実力は相当なもんでした。

住所:東京都千代田区内神田3-11-1 三惠ビル1F
電話:03-3256-9288
営業時間:[月~金]10:30~21:00 [土]10:30~14:00
定休日:日曜・祝日
↓お勧めリンク↓

東京五つ星の鰻と天麩羅
[ 2016/08/17 00:00 ] [B級グルメ]丼・カレー | TB(0) | CM(-)

そば処 四條庵 本店(北海道旭川)地元で有名なデカ盛りかつ丼のお店

この日の行程ですと、大都市を通るのは、旭川市。
少しお昼時間は過ぎますけど、ここでランチをいだだくのが、
お店の選択肢も多く、ちょうどええ。
その日の気分的には、麺よりもご飯。
旭川ラーメンの美味しいとこも、行ってみたかったんやけどな。
朝からなんも食べてないのでお腹がすいた。
ボリュームのあるもんにしましょう、「四條庵」本店にやって来ました。

そば処 四條庵 本店(北海道旭川)地元で有名なデカ盛りかつ丼のお店

なかなかの人気店みたいで、お昼13時を過ぎているにもかかわらず、
店内は大盛況でした(なので店内写真はありません)。
テーブルと座敷のみの構成で、合計28席。
1人客やと、真ん中に8人掛けの大テーブルがありますので、そこへ座ります。

メニュー。
そば処 四條庵 本店(北海道旭川)地元で有名なデカ盛りかつ丼のお店

本来お蕎麦屋さんなので、それらしいメニューがずらりと並びます。
かけそばで550円、そして名物のかつ丼は940円。
そばも食ってみたいなと思ったので、
かつ丼セット(1100円)にしようかなと思ったんですけど、
かつ丼のボリュームのすごさが未知数やったんで、かつ丼のみにしました。

こちらがそのかつ丼。
そば処 四條庵 本店(北海道旭川)地元で有名なデカ盛りかつ丼のお店

味噌汁とたくあんがセットになっていますが、すっごいボリューム!
豚肉がめちゃめちゃ分厚いですね。
そう、こちらのお店はかつ丼のボリュームのすごさで有名なんですよ。

上からやと、よく分かりませんから・・・
そば処 四條庵 本店(北海道旭川)地元で有名なデカ盛りかつ丼のお店

横から撮ってみました。
結構、深さのある器なんですけど、てんこ盛りにカツが盛られております。
ご飯の量ではなくって、トンカツにめちゃめちゃボリュームあるんです。

その分厚いトンカツ。
そば処 四條庵 本店(北海道旭川)地元で有名なデカ盛りかつ丼のお店

では、いただいてみます。
お肉はさすがにジューシー。
ただ、味付けは昔ながらの大衆食堂っぽくって、かなり濃い~
かつ丼でも出汁薄味、玉子は半熟好みの私には、ちと合わない味付けです。

そばとのセットにせんでよかったなって、食い終わって思いました(^^)
このかつ丼一杯でお腹は満腹、夜ご飯もほとんど入らなかったくらいです。
しかしこういう卵とじのかつ丼は、その出汁がいかに自分の好みに合うか?
関西の味に慣れ親しんでる私には、
他地域の卵とじかつ丼は食うべきではないのかな?

住所:北海道旭川市四条通25-443-2
電話:0166-31-6458
営業時間:11:00~20:00
定休日:金曜
↓お勧めリンク↓

大衆食堂へ行こう
[ 2016/08/16 00:00 ] [B級グルメ]丼・カレー | TB(0) | CM(-)