ひつまぶしご飯と季節の煮物定食(会社ランチ)

本日は土曜出勤・・・
会社が入っているビルも、休みの会社ばかりで閑散としてます。
ただ、食堂は開いていますが、いつものメニューとは違い、
定食1種類とカレー、うどんがあるのみ。
また、その定食も、大量生産できないのか、割高。
462円です。

その分、いつもの定食と違い、豪華です。
本日は「ひつまぶしご飯に季節の煮物定食」(462円)。
hitumabusi.jpg

まさか、ここの食堂で鰻が食えるとは思いませんでした。
量はちょっと少なめですが、これはおいしいですな。
回転寿司でも、必ず「鰻」は食べることが多い、
あっさりした白身の魚の前に鰻ってパターンが多いですね。

また煮物もゲソ、南瓜、里芋、いんげんと普段は考えられないような、
綺麗な構成。
こりゃ、ちょっとした高級料亭のような、見栄えですな。

量的には不満足でしたが、味的には申し分なかったです。
[ 2006/07/01 13:14 ] [B級グルメ]会社ランチ | TB(0) | CM(-)

割烹そば 神田(大阪梅田茶屋町)

梅田で蕎麦食うならここっていう人多いですよね。
今回「神田」へ行って来ました。

kanda0.jpg

いかにも蕎麦屋さんって風貌ですな。

やはり初めての店では基本をってことで「ざるそば」(700円)を注文。
kanda2.jpg

ここの蕎麦は江戸前風の手打ちそばのようですな。
北海道産のそば粉を使った細目のそばである。
うーーん、私って以前からよく書いていますが、
細いそばは好きじゃないんですね~
やはり、噛み応えがあって、風味たっぷりの太い蕎麦が好きです。

kanda3.jpg

なので、こういう細い蕎麦はどうだろ?ってことで食してみました。
コシがある、ええ蕎麦や~以前記事にした「なにわ翁」と似た感じ。
ただ、如何せん、私の思っている、風味が口の中に拡がるという感触がない。
味わうまでもなく、喉越しを楽しむってのが江戸前風なんでしょうね。

あとちょっと後で悔しがったんですが、お店のおすすめは別みたいです。
kanda1.jpg

「ねぎせいろ」(1000円)と「かもせいろ」(1100円)がおすすめ。
値段はそのままで大盛りサービスがあるのだ。
人気のねぎせいろは、揚げたてのかき揚げが入った温かいつゆに、
冷たいそばをつけて食べる。
こちらの方が断然旨そうで、量も多いじゃないかいな。
うーん・・・もうちょいちゃんとメニュー見たらよかったですね。
しかし同じ江戸前そばでも、私としては「なにわ翁」に軍配ですな。

江戸前蕎麦が好きな人間なら気に入る店であると思うんですが、
やはり俺は「出石そば」かなあ。
大阪でうまい「出石そば」食わしてくれるとこありません?

住所:大阪市北区茶屋町4-13
電話:06-6376-3230

[ 2006/07/02 14:03 ] [B級グルメ]そば・うどん | TB(0) | CM(-)

焼肉バイキング 神戸ビーフ焼肉六甲(尼崎園田)

今日は焼肉を腹いっぱいに食うぞ~と思い立つ。
そこで阪神間地域でよさそうな、焼肉バイキングを検索してて見つけました。
「神戸ビーフ焼肉六甲」である。

yakinikurokkou2.jpg

ここは見てのとおり、時間無制限っちゅうのがすごいですな。
それでお値段が大人税込み1974円である。
yakinikurokkou1.jpg

その一番安い「焼肉食べ放題」コースにした。
ここはオーダーバイキング形式で、いちいち自分で取りに行く必要がないのも、
せわしなくて、ありがたい。

食べれるメニューは以下の写真を見てください。
yakinikurokkou3.jpg

まず上記メニューの盛り合わせが一通りきます。
その後オーダー形式になるというシステム。
しかし、中に苦手な肉があれば、ナシ、少なめと最初の時点でオーダーできます。

さあ、まずは来ました、「ポテトサラダ」に「ハンバーグ・ソーセージ」です。
yakinikurokkou4.jpg

そして、にくぅ~!これで4人前の盛り合わせです。
yakinikurokkou5.jpg

結構食べ放題にしてはいい色してますね。
味もなかなかよかったですよ。
特に、ロースと国産牛ツラミ、ハツが旨かったなあ。

あ、あとタレは味噌、しょうゆの2種類あります。
俺はちょっと辛目の醤油ダレがよかった。

最後はライチシャーベットで締めました。
yakinikurokkou6.jpg

ただ、今回クーポンを持っていったので、本来ライスとデザート関係は別料金です。

同じようなオーダーバイキングでは、「風風亭」が有名であり、俺自身も好きな店であるが、
それと比較すると、やはりメニューの豊富さで「風風亭」の勝利でしょうか。
あちらはユッケやサラダ、ビビンバなどサイドメニューが充実してますからな。
けど、ここ「神戸ビーフ焼肉六甲」も値段の安さ、そしてなんと言っても、
店員の気配りのよさが気に入りました。
お水が少なくなったり、肉がなくなったりしたら、こちらが呼ばずとも、
常に目を配っていてくれて、その都度席まで来てくれます。
こういう気配りは「風風亭」にはないところですね。
[ 2006/07/03 15:43 ] [B級グルメ]バイキング | TB(0) | CM(-)

オフ会開催!!炉端料理 南や(大阪難波ビックカメラ西)

うちのブログによく遊びに来てくれるお三方と一緒に
6月30日にオフ会を開催いたしました。

私の過去記事はこちらよりどうぞ♪

●もん家(萩之茶屋、小綺麗立ち飲み)
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/blog-entry-610.html
●やまき(萩之茶屋、ホルモン焼き、ディープさNo1屋台感覚)
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/blog-entry-267.html
●難波屋(萩之茶屋、この界隈ディープ雰囲気の象徴格立ち飲み)
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/blog-entry-611.html
●酒の穴(新世界、観光客の知らない隠れた名店)
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/blog-entry-480.html
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/blog-entry-178.html

新世界「酒の穴」を出た後は、目指すは落ち着いてテーブルで飲める店ということで、
ミナミへタクシーを走らせ、「炉端料理 南や」を目指す。

今回ここを選択したポイントは2点。
まず21時以降は魚関係の料理が半額になるっていうことと、
焼酎の品揃えが50種類以上あるっていうことである。
私を含めて魚好き、焼酎好きが集まっているので、
ここがベストではないかなと選択した。

これを見てくだせえ~お造り盛合せ5種盛である。
nanya1.jpg

まぐろ、たこ、鯛、帆立、サーモンである。
これが元々の値段が1680円・・・それが半額の840円である。
食べてみた感じ・・・魚にうるさい私であるが、ごくごく普通・・・のお味。
これを元の値段で出されたら、これだけで店出て行くの確実ですな。
840円やからと思うと納得できます。

北海道、札幌「魚御殿」では11種で1000円ですよ!!
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/blog-entry-568.html
私の刺身盛りNo1はここが基準になってますんで、
どこにも敵わないのはわかってますけど・・・

まあ、それより何よりも全開突っ走りまくりの約1名がいてくれましたので、
もうそれだけで、この店は来てよかったなって感じです♪

nanya2.jpg

店の子、ちょっかいだすなよ~って(^^;)
(本人の名誉の為、ちっちゃくし、ボカシました。)

みなさん、本当に楽しい会にしてくれまして、ありがとうございました。
またぜーーったいやりましょうね!!
[ 2006/07/04 17:08 ] [B級グルメ]居酒屋 | TB(0) | CM(-)

カレー ミンガス(大阪阪神梅田)

ここ「ミンガス」のカレーは遥か昔に食ったことがあるのだが、
全然味など覚えていなかったのだが、
スパイシールー勝負のカレーだということで、
「松屋のチキンカレー」のような、スパイシーなカレーが好きな私は、
一度突撃してみようと思っていました。
(実は行ったの4月終わりなんですけどね^^;)
ようやく記事公開です。

mingas0.jpg

朝、目覚めが早く5時半には起きていたので、今日は早く出勤して、
「ミンガス」に行こうと思い立つ。
ここって、朝7時半から開いているんですね~
その為、カレー屋であるにも関わらず、「納豆定食」や「出し巻定食」なんぞ出している。

ただ俺はもう頭の中には「カレー」しか思い浮かんでいないので、
おばちゃんに「カレー」と言って席に座る。

さあ、出てきました、「カレー」(500円)です。
mingas1.jpg

見た目は非常に濃ゆそうな色合い・・・
肉も入っているらしいのだが、トロトロに煮込まれており、全く原型のかけらもない。
では一口・・・おぉ!スパイシーさは抜群である。
うん、やはり私好みのカレーですね。

ただ、ちょっとスパイシーすぎるのか、朝食って夕方まで、その味が口の中に残っていたこと。
もう何回ガム噛んだことか・・・にんにくでも入れているのかな・・・

で半熟卵とピクルスがサービスでついてきた。無料でもらえるならなんでももらうぞい(^^)
mingas2.jpg

しかーし出てから見たら、モーニングサービス(11:00まで)はあと味噌汁がつくではないか!
おばちゃーん、ちゃんと出してくれよ~

[ 2006/07/05 15:34 ] [B級グルメ]丼・カレー | TB(1) | CM(-)

立ち飲み 多聞酒蔵(大阪天満)

天満駅より立ち飲みストリートに入ってすぐの所にあります
「多聞酒蔵」へ、連れとの待ち合わせの待ち時間にここを利用しました。

tamonsyuzou0.jpg

入ってみると、大衆酒場の立ち呑みとはここやぞ!って
雰囲気が見事に伝わってきます。

まずはいつものように生中(350円)から。
そして、目の前のホワイトボードに目をやります。
tamonsyuzou1.jpg

うわっ!ここめちゃくちゃアテの種類多いですね~
ホワイトボードにびっしり書かれています。
アテの平均値段は250円~300円台。
この豊富さと安さに感心感心です。

まずはわけぎぬた(200円)を注文。
tamonsyuzou2.jpg

そしたら、すでに売り切れ直前で量が少ないから150円にしますとのこと。
この「ぬた」はビールのアテにすごくよかったですね~
酢を効かせ過ぎの感もあるがそれが丁度いい。
そして、そば焼酎「雲海」(280円)の水割りに、上の写真右をもらう。
これ何かわかります?
「あんこうの子の煮付け」(150円)なんですよ。
こんなの食べたことはないです。鯛の子はよくありますけどね。
海鮮珍味が大好きな俺は、しっかりこれを頼みました。
150円とめっちゃ安いですし。
一口食べて、おぉ!すごくぬるっとした感覚があるのだが、
中はぷちぷちの卵の感覚が味わえる。
ホンマ珍味。。。焼酎によく合うアテですわ。

ここで連れが合流。
私はもう1杯焼酎水割りをおかわりして、
連れが生中&「揚げしゅうまい」(200円)を頼む。
これを1個いただいたが、揚げたてで非常に旨かった。

tamonsyuzou3.jpg

ここで次へ向かうため、おあいそ。
予想以上にええなと思わせてくれる立ち呑みであった。
やはりここ立ち飲みストリートのレベルは相当高いですな。

多聞酒蔵 (立ち飲み居酒屋・バー / 天満)
★★★★ 3.5

[ 2006/07/06 15:24 ] [B級グルメ]立ち呑み | TB(0) | CM(-)

7月25日(火)天満にてプチオフ会開催♪

7月25日天満にてプチオフ会開催♪

次回の人生気ままブログの公式オフ会は8月11日(金)に予定しております。
内容は現段階で明かせませんが、既に企画済です。

その前哨戦ってわけでもないですが、7月25日(火)にちょっとした
飲み会を開催しようと、私のブログ仲間より挙がりました。

--------------プチオフ会の告知---------------

りょうプロデュース「天満安酒ツアー」-真夏の夜の雑踏-
開催日時:7月25日(火)19時より
開催場所:天満界隈(巡るお店は当日までシークレット♪)
参加決定者:痛風まであとわずか!?さん、りょう、女性読者Yさん、Kさん、現在4人。
追加募集人員:男性は立候補者多数いるので、とりあえず女性1名
予算:トータル4000円程度
西成天王寺昼酒せんべろ7番勝負を成功させた、
、大阪もう1つの安酒宝庫、天満へ進出。
安さと旨さの調和・・・このハーモニーをお試しください。

前回オフ会模様はこちら
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/blog-entry-603.html

こんな感じで開催しようと思っています。
もし女性の参加者さんが増えましたら、その人数に併せて、
男性参加者も募り、男女同数にて人数増やしていくつもりです。
また当ブログの内容や、他愛もない話でも結構ですよ。
遠慮なくメールくださいね。
[ 2006/07/07 11:47 ] [B級雑記]時事的出来事 | TB(0) | CM(-)

中華屋台 上海点心 上海食亭(大阪天満)

連れが待ち合わせ時間に遅れるとのことで、ちょっと時間があったので、
天満界隈をぶらっとしてたら、「天満市場」の中で異様な光景がありました。

夜7時過ぎ、真っ暗な天満市場の中で、一際明るい場所があるのだ。
なに?なに?と近寄ってみると、ここは東南アジア屋台の1角にいるのかと、
目を疑った光景でした。そこだけ大盛況でみんな中華を食べているのである。
それが「上海食亭」でした。

syanhaisyokutei0.jpg

もうこんな雰囲気、私は大好きであります。
「多聞酒蔵」で連れと合流した後、絶対ここへ来るぞと決めました。
さあて、その東南アジア屋台雰囲気の中で、まずはやはり中国ビールですな。
青島ビールとパンダビール(各480円)を各々頼む。
syanhaisyokutei3.jpg

両方とも回し飲みしたが、軽いビールですな。

そんでアテはと物色すると、上海点心を中心に、豆腐料理なんかがあります。
syanhaisyokutei1.jpg

syanhaisyokutei2.jpg

そんな中から、私の大好物「ピータン」に「豆腐」が合体したのがあるやないですかいな。
この「ピータン豆腐」(400円)をもらう。
syanhaisyokutei5.jpg

で、連れが「蝦蒸し餃子」(480円)をチョイス。
syanhaisyokutei6.jpg

そしたらチャイニーズ店員が「うちの一番のお勧めは小籠包、これ食べなきゃダメよ」
と勧めてくる。そこまで言うなら試してみよやないかいなと、
「小籠包」(480円)もいただくことにする。
syanhaisyokutei4.jpg

うーん味的にはどうでしょうか。旨いは旨いが、とびきり旨いと納得できるほどではない。
値段を考えたら妥当なところであろうか。

しかし、ここで食っていたら、通りがかりのおっちゃん、おばちゃんが話しかけてきた。
おっちゃん:「うわー!ここアジアの屋台って雰囲気やね~日本やないみたい」
私:「そうですよね~なかなかこんな雰囲気で飲めるとこってないですわ」
おばちゃん:「なんか面白そうなビール飲んでるね」
私:「中国のビールですよ、これまたこの雰囲気にばっちり合ってますでしょ」
おっちゃん:「ほんと海外来てるみたいやわ~」
・・・・・は、は、こんな大衆雰囲気、私大好きです♪

上海食亭 (飲茶・点心 / 天満、扇町、天神橋筋六丁目)
★★★☆☆ 3.0

[ 2006/07/07 14:04 ] [B級グルメ]中華 | TB(1) | CM(-)

串焼きホルモン 神戸マッスルホルモン(大阪天満)

天満立ち呑みストリートの一番奥の方にある店、
以前からその「神戸マッスルホルモン」という名前に非常に惹かれていたのだが、
結構、評判を聞いているとなかなか名前負けせず、ええ店らしい。

massuruhorumon0.jpg

そこで突入することにした「神戸マッスルホルモン」である。

なぜまず「神戸」を冠しているかというと、取り扱い肉が三田牛を使っているかららしい。
壁のメニューを眺めても面白いものばかりだ。
massuruhorumon1.jpg

(壁のメニューまで遠かったので、携帯カメラでは満足に撮れませんでした)
中でも「豚ボイン」「ブヒブヒ」「マッスルハート」「ネクタイ」「スイゾウ」など、
ホント食べたことがないであろうホルモンの部位が並んである。

まず、これがマッスルハート(160円)。
massuruhorumon2.jpg

店員にどこそこの肉だと説明してもらったが、
あんまり今では覚えていない・・・すいません。
まあ心臓のどこかであろう、確かにハツの味であった。

で、これが豚ボイン(120円)
massuruhorumon4.jpg

まあ雌豚のおっぱいんとこの肉ですね。
店員がどれも持ってくる度に、どこそこの部位だと説明してくれるのは、
非常にありがたい。なるほど~ここはこんな味なのかと納得して食えます。

ん??これはどこやったかいな?さっぱり忘れた(^^;)
massuruhorumon5.jpg

あとこのあたりはスイゾウ(160円)、
ブヒブヒ(豚の鼻120円)、ネクタイ(牛の食道150円)などである。
massuruhorumon6.jpg

どれも旨かったな~
ここもホンマに面白い店ですわ。

あ、あと生系はハートの刺身とか数種類あったのだが、
21時前ではセンマイ刺し(400円)しか残っていませんでした。
massuruhorumon3.jpg

生系の珍しいもん食おうと思ったら、早く行かなきゃダメですね。

そして、ドリンクだがここで飲める珍しいもんがホッピーだ。
(両方とも300円)
私は両方とも大好きなんで、これを飲みすぎてしまいました(^^;)
ちゅうわけで、後半から記憶が断片化しておりやす。
もう1件寿司屋寄って、梅田まで歩いていったのだが、
ほとんど記憶に残ってないであります。
ちゅうわけでトータルの勘定もよくわかりません・・・・

いや、そんでもええ店やっちゅうことだけは確かですわ。
今度はもっと早い時間に行って食いたいですな。

住所:大阪市北区天神橋4丁目12-12
電話:0663536290
17:00~24:00
定休日:日曜日

[ 2006/07/08 10:28 ] [B級グルメ]大阪の味 | TB(0) | CM(-)

ラーメン一番 びっくりラーメン(大阪梅田)

さて、天満で飲んだ後、梅田に着いたのは日付を越えてしまい、既に終電に間に合わず・・・
ちーっとぶらぶらしてたら、連れが「びっくりラーメン」食おうと言い出す。
私は「まずいからイヤや」って言っても、まあちょっと休憩がてらにってことだったので、
189円出して休憩するって考えたらええかっちゅうのと、新今宮の店と違い、
ここ「ラーメン一番」東梅田の店には悪い印象はない。

bikkuriumeda0.jpg

ちゅうわけで久々に、ここのラーメン食いました。
bikkuriumeda1.jpg

相変わらず、薄そうなスープですな。
ただ、俺は結構ここの麺は、昔懐かしの味って雰囲気で好きなのだ。
なので、そのうすーいスープにパンチをつけてやる。
卓上にある、おろしにんにくをどさっと、そして胡椒をバサバサと振りかける。
これでかなりパンチのある味に仕上がるのは以前書いたとおり。

びっくりラーメンファーストレビューの巻
新今宮店最悪!の巻

これで今日は麺の茹で具合もいい感じであったので、
おいしく食べれました。やはり店員が愛想よかったら、
この味でも、この安さなら納得で帰れますね。
[ 2006/07/09 16:00 ] [B級グルメ]ラーメン | TB(0) | CM(-)

回転寿司 さかえ(大阪梅田)

深夜の梅田太融寺あたりを歩かれた方おられますでしょうか。
あの辺りには、いろんな国籍の立ちんぼがいます。
さて、連れと二人で夜中ぶらぶらしてるとやはり色々ひっかかりました。
まあ、私はその相場聞いて、その金あれば、どんだけ飲み食いできるかと思うと、
馬鹿らしいですね、色気より食い気であります。

しかし、乗り気やない私に三行半をつけて、連れはお互い1時間単独行動しようと提案。
案の定、彼はそのまんまホテル直行っすわ。
後で聞いたら、ホテル代込み1時間24000円やったんですと。。。
立ち呑みでせんべろ24店廻れるぞ・・・

まあ、私は夜中の2時過ぎに1人にされて、何するかと言うと、やはり食い気です(^^;)
夜中にやってるとなると、もう頭にはここしかなかったです。
130円均一回転寿司「さかえ」です。

sakae0.jpg

まずは入るとええ色した「まぐろ」が廻ってるやないですか。
sakae01.jpg

うーん、これは中トロやと言われて出されても、納得できる味です。
身がホント、トロッとしてる。

他には「鯛」「いくら」「うなぎ」「生ホタルイカ」をいただきました。
sakae021.jpg

4月の旬(すいません・・・やっと公開です^^)はやはり「ホタルイカ」ですよね~
今回、ボイルされていない、生がのっかっている寿司があったので、
それをいただきました。
ボイルホタルイカを酢味噌でいただくのもいいが、生の寿司もなかなかいいですな。

さて、1時間の出費は、私は650円、連れは24000円です。
一時の快楽に溺れてたら、あきませんね。
相変わらず、満足できる寿司をここ「さかえ」は出してくれました。
真夜中3時でも賑わってて、さすがですね。

回転すし「さかえ」過去記事1
回転すし「さかえ」過去記事2
[ 2006/07/10 23:35 ] [B級グルメ]和食/寿司 | TB(0) | CM(-)

阪急そば チャーシューカレー丼(大阪十三)

今朝の朝食・・・また通勤の経由地「阪急十三駅」にて、
「阪急そば」に寄りました、ここは三回目の記事になりますね。

hankyusoba0.jpg

阪急そば かけそば
阪急そば 天ぷらそば

今日はご飯ものが食べたいなと思い、
「チャーシューカレー丼」(350円)にしました。
hankyukare-.jpg

さて、一口・・・やはりそば屋のカレーって感じですな。
うどんにかけて、カレーうどんにすれば、おいしいであろうって感じ。
ちょっとご飯には甘め過ぎますね。
そして、肝心のチャーシュー・・・
なんか脂身のかけらが5,6個入っていただけやったぞ。

やはり、「阪急そば」ではそば食うのが一番ええです。
同じカレー食うなら、松屋のチキンカレー(290円)にすりゃよかったな。
「松屋」チキンカレー

[ 2006/07/11 13:31 ] [B級グルメ]丼・カレー | TB(0) | CM(-)

居酒屋 やまと屋1号店(大阪新世界)

夜勤明けの健康診断で難波にでました。
この健康診断を受ける為、1週間の禁酒と脂抜き飯を通してきたので、
アルコールの禁断症状が激しい中、終わったら即、昼酒いくど~モードです。
健康診断が11時に終わり、そっからどうしようか、難波で飲もうか考えたのですが、
やはり、単価の安い、萩之茶屋方面に足を延ばそうと考えました。

地下鉄四ツ橋「花園」駅で降りて、萩之茶屋へ向かいます。
しかし、ここで躊躇してしまったんですよ。
さすがに普段の私服なら、すぐに入れるのですが、この日は仕事帰りでスーツ・・・
こんな姿で、萩之茶屋で飲む勇気は、私にはありません。
そのまま、商店街を抜けてしまい、向かったのは新世界です。
こちらなら、スーツ姿で昼間っから飲んでもあんまり違和感ありません。
かなり気温も暑く、喉がからからでしたので、ビール思いっきり飲みたくなりました。
そうなるとここですね、生中2杯で生小1杯サービスの「やまと屋」です。
今回は「やまと屋1号店」をチョイスしました。

yamato1gou0.jpg

まずは入って、「生中」450円をもちろん注文。
さーて、アテはと・・・さすがに1週間油物を食べていないので、
目に入ったのはやはり串かつです。「串かつ野菜盛」(450円)にしました。
そしたら兄ちゃんが、「串かつできるまでにどて焼きなんかどうです?」と勧めてくる。
ここのどて焼き」(300円)は旨いんですよね~
「じゃどて焼きして」って注文。

yamato1gou1.jpg

やはり、このどて焼きは最高です、白味噌のあっさりした味付けと、
ホルモンの噛めば滲みでてくる旨さの調和がぴったりです。

どて焼き食べながら、ここの100種類以上あるメニューを色々見ていました。
この時間が楽しい~
yamato1gou2.jpg

ただやはりここ「やまと屋」は高いですね~
平気で600円や700円のアテがずらり並んでいます。
ここがもうちょい低価格設定やったらなと思います。

さあ、やって来ました、串かつです。
yamato1gou3.jpg

南瓜、青と、竹の子、ヤングコーン、レンコンの5串です。
油もの復帰の1回目は、まあ野菜串くらいがあっさりしててええでしょう。
そして私はやまと屋の串かつも好きなんですね~
他の新世界の串かつは山芋が混ざった衣で分厚い。
ここやまと屋は山芋は混ざっておらず、薄い衣なのだ。
素材自体の味を楽しみたい私にはこっちが好み。

さて、串かつも来たことやし、ビール2杯目っと!
生小、子供のようについてきました~
yamatohonten_3.jpg

合計1650円でおあいそ。
しかし「やまと屋」は俺にはすごく合っています。
アテの値段は高めだが、ここでぼーっとさせてくれる雰囲気が好きですね。
いろいろ考えさせてくれる貴重な1時間をいただきました。

(過去記事)
やまと屋本店
やまと屋2号店
やまと屋5号店・酒の穴
[ 2006/07/12 13:30 ] [B級グルメ]居酒屋 | TB(0) | CM(-)

松屋 ハッシュドビーフライス(大阪西中島南方)

松屋が新メニュー出しましたね~
それも私の大好きなハヤシライス!!
そしてそのお値段はいくらか・・・
おっ!!なんとカレーと同じではないか!!

松屋

そのハッシュドビーフライスを早速試してみました。
値段は並(290円)です、あと大盛(390円)、小盛(250円)なんて値段である。

さあ、やって来ました!私の大好物ハヤシライス!!
(なんか今回!マーク多いな・・・それだけ期待度大ってことで)
もちろん「松屋」定番の味噌汁つき!!
matsuyahayashi.jpg

ん?なんか見た目、「チキンカレー」とあんまし変わらないです。
でー一口、、、へ?この味付けスパイシーさは全く「チキンカレー」と同じ。
あの味を甘くしただけって味なのだ。
ハッシュドビーフの濃厚なソース感が全くないのである。

がっかりしましたね~これならきちんと辛さのある「チキンカレー」の方がよい。
これじゃ甘いカレーって感じですもんな。
また昼過ぎまでこのスパイシー感は口の中に残っていました。
まあこれはええんですけどね・・・・

さあ、やっぱり松屋は「チキンカレー」か「豚めし」ですな。

(過去記事)
松屋 チキンカレー
松屋 豚めし
[ 2006/07/13 20:54 ] [B級グルメ]丼・カレー | TB(0) | CM(-)

回転すし 廻る まねき寿司(大阪京橋)

酒飲んだ後って、私、「ラーメン」か「寿司」が無性に食べたくなるんですな。
「ラーメン」はみなさん納得でしょうけど、なんで「寿司」かは自分でも分かりません。
さて京橋で飲んだ後、ぶらついていると回転寿司屋があるじゃありませんか。
150円均一なので、若干100円均一寿司と比べると高めだが入ってみることにする。
「まねき寿司」です。

manekisusi0.jpg

店内はそんなに大きくはなく、カウンターのみ。
30人も座れないのではないでしょうか。

さっそくまずは廻っているものから「ネギトロ」を。
manekisusi1.jpg

すごくいい色してたんで、取ったんですけどこれは正解でした。
このタイプのネギトロは「さかえ」と一緒ですね。
まさに私好みである。

そして大きい「ウナギ」が廻ってきました。
manekisusi2.jpg

結構大きいので食べ応えがあります。
しかしここのはシャリが小さいですな。

続けて大好物「いくら」。
manekisusi3.jpg

これもテンコ盛りにイクラがのっていたので満足です、
またそれにプラスして、普通「きゅうり」が添えられていますよね。
ここのは「サーモン」、親子軍艦にしてます。
「きゅうり」が苦手で、いつも取って食べている私にはこれも嬉しい。

で、1人2皿までで「トロ」が注文可能と、貼り紙があります。
「トロ」好きの俺はまあ、いっとかないかんでしょう。
おばちゃんに「トロ2皿ください!」って注文。
manekisusi4.jpg

「はーいトロね!」って言葉で「トロ」2皿登場!
おお!「トロ」の上にマヨネーズと玉ねぎスライス・・・
こんな「トロ」見たことがないぞ感心感心・・・って
こりゃ「生ハム」やないかいな!!
「これトロとちゃうよ~」
と言いつつ、せっかくだからと1皿もらう。

manekisusi5.jpg

でやって来ました本物の「トロ」です!
これは旨かった!さすがに2皿限定にするだけはある。

合計6皿で900円。
まあ値段考えたら、こんなもんかなって寿司でしたね。
もうちょい値段(120円くらいに)頑張ってくれたらなって、
惜しい寿司でした。

住所;大阪府大阪市都島区東野田町3-9-1
電話:06-6357-7844
定休日:無休

まねき寿司 (回転寿司 / 京橋、大阪ビジネスパーク、大阪城北詰)
★★★☆☆ 3.0

[ 2006/07/14 14:07 ] [B級グルメ]和食/寿司 | TB(0) | CM(-)

難波自由軒風インドカレー(会社ランチ)

うちの会社ビルの社員食堂にしては珍しく面白いランチを出してくれた。
大阪の名物カレー「難波自由軒のカレー」の味を再現してみせたというのだ。
いやーこりゃ食わなあかんでしょう。
この名物カレーが346円である。

出てきたのはこんな感じだ・・・
jiyuuken.jpg

ちょーっと違うかな・・・「風」ってタイトルにつけてるので、
まあ許そう。

では一口・・・・
げっ!めっちゃまずい。
カレーが全くご飯にしみ込んでおらずに、表面だけにベトベトしてるのだ。
もうこりゃ、自由軒の人間がコレ食ったら激怒もんですぞ。
それほどにまずい、限りなくまずい。
いつもは食べ物は口に合わないと表現しますが、これはまずいと言及できます(^^;)

量も少なく、現在夕方6時だがめっちゃ腹へって仕方がない。
ここの食堂でいろんなランチを食ってきたが、これほどお粗末なランチは初めてでした。
[ 2006/07/15 12:18 ] [B級グルメ]会社ランチ | TB(0) | CM(-)

居酒屋 大阪屋(大阪新梅田食道街)

出勤前の朝飯・・・今日は休日出勤で、乗れるバスの関係上、早めに家を出ました。
そしたら、梅田で朝飯できそうな余裕だったので、いつもの十三で降りずに、
梅田経由で、地下鉄に乗り換えることにする。
で阪急梅田を降りて、新梅田食道街で居酒屋「大阪屋」が開いてるのを見つけました。
さーーて入店。

oosakaya0.jpg

おばちゃんに、「ビールと生ギモね」って注文・・・

えっ!あ、いや間違えましたっ。いつもの癖が・・・(^^;)
いくら私でもそれはやりません!夜勤明けの仕事帰りなら、絶対やってますけどね。
まあ、今日は今から出勤なんで、それは我慢である。

ここは朝定食があるんですよ、「とろろご飯」「納豆ご飯」「玉子かけご飯」
のいずれかチョイスし味噌汁、漬物付きでが300円なのだ。
これ目当てですよ~決してビールなんて頼もうとは思っていません。

で私は、大好きな「とろろご飯」をチョイス。
oosakaya1.jpg

味的にはそんなとろろご飯なんて、どこもそんな味変わらないですよね。
なんで、ちょっと居酒屋方面の紹介をしたいと思います。
(写ってる琥珀色の液体はビールではございません^^念のため)

全体的に値段は400円、500円のアテが多く、こういう大衆酒場としては値段は高め。
ドリンク値段も以下のとおりです。
oosakaya3.jpg

そして、看板には「立呑」とあるが、きちんと椅子があるんですねえ。
(もしかしたら日中だけかもしれません)

oosakaya2.jpg

カウンターの上には作り置きの一品ものが並んである。

味的なものはどうなのかは、分からないですが、やはり天満や京橋、
萩之茶屋の大衆酒場と比べると値段高めの分、私はここは入ろうと思わないですね。
天満なら歩いてもさほどの距離ではないし、天満へ絶対向かいます。

うーーん最近梅田で飲むなんてこと少なくなったなあ~
どこも物価が高すぎ。

[ 2006/07/16 11:35 ] [B級グルメ]居酒屋 | TB(0) | CM(-)

お好み焼き 千房(大阪千里中央セルシー)

今日のランチは既に朝から決めておりました。
お好み食うど~!!です。

となると千里中央では、ここですな。
大阪の有名店「千房」である。

tibou0.jpg

昼下がり、午後3時のランチになってしまったが、
ランチは16時までやってくれているとはありがたい。
tibou1.jpg

以上の890円ランチメニューから、モダン焼き好きの私はもちろん、豚玉モダンのご飯・味噌汁セットにした。

しかし、お好み焼きって出来上がりまで時間がかかりますね~
店にすぐ出せるメニューって、メニュー表を作っているのも分かります。
よーくお客さんから「まだか~?」って言われるんでしょうな。
10分ちょっと待ったかな?
ようやく出来上がってきました。
tibou2.jpg

ん?結構小さいぞ。ランチメニューやからちっさいのでしょうか?
それとも通常でもこの大きさ?
「鶴橋風月」とかと比べると一回りはちっちゃい。

tibou3.jpg

ま、それでも味がよければええわとコテでゴリゴリ切って、
皿に盛って、いただく。
うーーんチョー待て、これを大阪の味やと思って、
観光客が食ったら笑われるぞ、大阪人はどんな舌してるねんて。

tibou4.jpg

中の麺はお好みと同化してしまって、何の味かわからんし、
なにより、一番のお好み焼きの命である生地がどうにもダメ。
全然お好み焼きにふわっとした感覚がないのだ。

これが「鶴橋風月」なんかだと生地にふわっと感があるし、
そしてなによりもそばがつるつるしこしこでめっちゃ旨い。

うーーんチェーン店のお好み焼きは「風月」ばかり食っていて、
千房がこんなに俺の舌に合わないとは思いませんでした。
あ、おまけの「ご飯」と「味噌汁」・・・・
tibou5.jpg

コメントなしです、以上、終わり。

[ 2006/07/17 15:25 ] [B級グルメ]大阪の味 | TB(0) | CM(-)

第2回公式オフ 大阪天満vs萩之茶屋、安酒6番対決!

さて、この人生気ままブログでのオフ会は5月終わりに、天王寺萩之茶屋にて初オフを開催。
そして2回のプチオフを重ねております。
前回オフ会模様はこちら!
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/blog-entry-603.html

正式に人生気ままブログ第2回公式オフ会、
「大阪天満vs萩之茶屋、安酒6番対決!」-君は生き残ることができるか!?-
を開催いたします。

本来、ここでは「大阪JR環状一周7番勝負」を開催予定でしたが、
前回初オフからこの短期間に私のオフ会模様をこのブログで閲覧されていた方々より、
かなりの反響をいただきまして、興味をもってくださってる方が大勢います。
今回、この告知をする前から、既に5人もの参加希望者がでるという次第です。

私自身、4人くらいまでの機動力を活かしたゲリラ行動が大好きです。
それが大人数になるに従って、その飲み会の魅力が機動力なくなって半減するんですよ。
そこで環状一周7番勝負はまた、親しい仲間連中4人ぐらいで実施することにして、
今回の公式オフは大人数でも対応できるよう、勝負地を厳選しました。
大阪、激安の雄、天満と萩之茶屋を飲み比べます。
双方とも今まで巡って、「安い!」「旨い!」を代表する店舗を厳選します。
それを今回の参加者さんの裁定結果をもとにどちらに軍配があがるか!?
これを競います。
募集人数多いやんってところは、は7月25日プチオフ会
(6名揃ってるのでプチではなくなったが・・・)が実施される時に、
ちょっと私の方で考えてるサプライズがあるので、それが成功すれば、
その方法を取り入れて大人数でも対応できるようなプランを練ります。

以下、そのルールをまとめます。

●日時:8月11日(金)午後6時より
(間に合わない場合途中乱入可)

●集合場所:萩之茶屋近辺
(詳細は参加者のみに伝えます)

●募集人員:8名まで
(既に男性は定員に達しました、すいません・・・)

●開催店舗:萩之茶屋3軒、天満3軒の計6軒
(あくまで予定、ゲリラ行動するんで勃発変更アリ)

参加費用:参加費用:5000円
(但し、途中参入の方はその点考慮した徴収とします)

適用ルール:
基本的にどの店も1人あたり1杯1品注文を原則とします。
但しドリンクは各自の酔っ払い度で追加可、
途中ギブアップも可ですが、その際参加費用は他の方の飲み代になっちゃいますから、
ペース配分考えて飲んでくださいね(^^)
相互4軒ずつ飲んで周って、どちらが安く旨かったか?裁定判断を最終的にだしてもらいます。
[ 2006/07/17 16:38 ] [B級雑記]時事的出来事 | TB(0) | CM(-)

串かつ 松葉総本店(大阪新梅田食道街)

大阪で串かつというと「新世界」であるが、ここ「梅田」でも、串かつの名店がある。
立ち食いで手軽に串かつが食べられる「松葉」である。

matuba0.jpg

今回、一番広い新梅田食道街にある「本店」にやってきた。
カウンターには50人くらいは並べる広さ。
そしてテーブルが何箇所かにおかれている。

まずは串かつにはビールやんねと生中(450円)を注文。
このあたり立ち飲みにしては高いがまあ仕方あるまい。

ここが新世界の串かつと比べて、違うのは「通し揚げ」ではないこと。
つまり注文を受けてから揚げるシステムではないのである。
あらかじめ揚げられた串かつがご覧のようにカウンターに置かれている。

matuba1.jpg

これを好きに取っていいわけだ。
ないものを注文することも可能であるが、別のところからまず探してきて、
それを持ってくる。
それでもなければ、また同じものを大量に作り置きするわけである。

天ぷらや串かつは揚げたてを食いたい私は、
絶対カウンターの上のもんには手をだしません。
敢えて、揚がって置いていったものをすぐにいただく。

今回いただいたのはうずらの卵(100円)、海老(120円)、牛肉(100円)の3串。
matuba2.jpg

これを「ソース2度つけお断り」のソースの中へたっぽりつけていただく。
味はどれもおいしいですね。海老もこの値段でなかなか頑張ってると思うし。
牛カツの肉も大きかった。
また横にはキャベツが食べ放題でおかれており、このさっぱり感が、
串かつで油だらけの口の中を拭ってくれる。

合計770円のおあいそ。
各串の単価は串の長さで計算してるようですね、海老は長い串でした。
ただ、立ち飲みにしては3串、ビール1杯でこの値段は少し高いかな・・・

[ 2006/07/18 23:56 ] [B級グルメ]大阪の味 | TB(0) | CM(-)

Cafe BREAK カフェブレーク 千里セルシー店(大阪千里中央)

今日は出勤ぎりぎりの時間・・・千里中央に着くと始業時間20分前・・・
コーヒーとパンだけでもと思い、入ったのが「カフェブレーク 千里セルシー店」です。

cafebreak0.jpg

モーニングのセットは4種類ぐらいありました。ドリンク+パン類です。
しかし急いでたんで何があったのかよーく覚えていないです。
トーストが一番安い値段であったと思います。
私がチョイスしたのは「マフィンセット」(340円)ですけどね。
ここでもなんか3種類選択できたんですけど、よー覚えていません(すいません・・・)。
選択したのは一番甘くなさそうな「抹茶」です。

cafebreak1.jpg

私、「マフィン」って甘くないパンやと思っていたんですよ(めっちゃ無知)。
だって、マクドの「ソーセージエッグマフィン」とか甘くないやないですか。
けどマフィンの言葉の意味は、「型や紙のカップで作る焼き菓子」なんですね。
私こういうパンケーキの甘いの苦手なんです・・・ホットケーキなんかでも
蜂蜜なんて絶対かけません。バター塗りたくって食べます。

この抹茶マフィンでもめっちゃ甘かったです。
いつから私は「スィーツブログ」を始めたんやろって思うくらい・・・(^^;)
まあ、私がこのブログで「スィーツ」取り上げるのこれが最初で最後でしょうけどね。

アイスコーヒーもいつもなら、ミルク+シロップ1個の3分の1程度、
ほんの少しは入れるんですけど、今日は完全にブラックで飲みました。
もうマフィンが甘すぎて、そうでもしないと口の中が気持ち悪いです。

ただ、ここのコーヒーは苦味の中に非常にまろやかな風味があって、おいしく飲めました。
焼きそばパンみたいなの食いたかったなあ・・・
(コーヒーに合わへんって声も聞こえますが、私は焼きそばパン!)

頑固なまでの素朴な味をどうぞ!
しっとりふわふわ手作りマフィンいろいろ4個セット

カフェブレーク
[ 2006/07/19 21:45 ] [B級グルメ]ファーストフード | TB(0) | CM(-)

旬鮮回転寿司 北海道(大阪千里中央セルシー)

本日の休日出勤、仕事合間ランチは、千里中央、唯一の回転寿司屋、
「旬鮮回転寿司 北海道」を試してみようと思い立つ。
セルシーの最上階にあります。

kaisensusihokkaido0.jpg


休日昼下がり・・・既にランチ時間帯ではないので、あまり客は入っていない。
で、やはりやめときゃよかったとメニュー見て思いましたね~
kaisensusihokkaido1.jpg

ここ回転寿司やんね??
何?この値段・・・
これじゃ、北海道の旨い回転寿司でも、もっと安いぞ。

まあ、しかし、何も食べずに出るわけにもいかんので、
生タコ(180円)、イクラ(380円)、ホッキ貝(280円)、シャコ(280円)と
4皿は食べました。
kaisensusihokkaido2.jpg

その値段分の旨さは・・・よー分かりませんわ。
まずいことありません、むしろ旨いです。
しかし100円台の寿司でも、このレベルのネタ出すとこいっぱいあります。

たった4皿で1100円のおあいそ。
回転寿司でこんだけの値段とられたの初めての経験です。
高級感溢れる店内の雰囲気は分かりますけど、それを値段に上乗せされちゃ、
たまったもんやないです。

B級グルメの私が行くとこやなかったですね、めっちゃ失敗です。
その後に551蓬莱の豚まんを2個(これで280円やもんね、寿司一皿や・・・)
買って食いましたもん。
ホンマ、千中は安い店少ないから、ランチをあちこち巡りたいと思わないですね。
あーー天満へ行きたい!

旬鮮回転寿司 北海道 (しゅんせんかいてんすし ほっかいどう) (回転寿司 / 千里中央)
★★★☆☆ 2.5

[ 2006/07/20 09:35 ] [B級グルメ]和食/寿司 | TB(0) | CM(-)

讃岐うどん めんむす(尼崎西昆陽店)

酒飲んだ次の日はやはりさっぱりしたもん食いたいですよね~
二日酔いの私はまず、朝は抜くが、さすがに13時過ぎると腹減ってきた。
そこで選んだのが、讃岐うどんの「めんむす」である。
ここ「めんむす」さっぱりしたもん食べたい時は、ここを重宝します。

menmusu0.jpg

店に入ると、讃岐うどん、お馴染みのセルフ方式。
まずサイドメニューを陳列棚から取り、好きなうどんを厨房に頼み、
そして会計をするって流れ。

ここで、私はおにぎり(明太子、海老マヨネーズ)を陳列棚からチョイスし、
基本の生醤油うどん(冷)中294円を注文。合計約550円程度です。

menmusu2.jpg

(おにぎり、海老マヨネーズは写真撮り忘れて食べちゃいました)

この生醤油うどんはちょろっとネギと大根おろしがのっかっています。
menmusu1.jpg

あとトッピングは以下の写真が取り放題です。
menmusu3.jpg

天カス、かつおぶし、生姜、ごまですね。
もちろんこういう取り放題は、私はたっぷりですわ(^^)

さーてお味は・・・やはりかなりコシのあるうどんですね~
つめたーいうどんが昨日の飲み食いでほどよく疲れた胃に、
ゆーっくり効いてくるような感じです。

しかし、ここのうどんは量が多いですね。
おにぎり2個やと、このうどん(中)と一緒に食べたら、お腹一杯になりました。
うどん(中)とサイドメニュー1つくらいが丁度いいです。

あと大人数で食べるなら、「びっくりうどん」っていうの注文してくださいな。
6玉を525円で食べること出来ますので、かなりお得ですぞ。

[ 2006/07/21 13:55 ] [B級グルメ]そば・うどん | TB(1) | CM(-)

立ち呑み エノキ屋酒店(大阪大国町)

酒屋併設の立ち飲みとしては、ここほど本格的なアテを出す店はないでしょう。
大国町にある「エノキ屋酒店」です。

enokiya0.jpg

まあ、まずメニューをご覧くださいな。
enokiya1.jpg

立ち飲みとしては値段高めですよね~
その分、きちんとしたもん食わせてくれるという自信が俺には感じられました。
このメニューもその日の仕入れで若干変わってくるようです。
特にマスターが高知出身ということで、高知から送られてくる魚介類が旨いようです。

私は、生中(380円)とここの一番の名物である「鯛のたたき」(500円)を注文。
瓶ビール大も380円とは嬉しい値段だ。
enokiya2.jpg

ここの鯛のたたきが珍しいのは、写真からも分かりますよね。
そう、ツケダレが自家製のにんにくダレなんですよ。
これにつけて、鯛のたたきを食らう。
鯛もうまいし、にんにくダレも非常に旨い。
ただ、私にはこの組み合わせはミスマッチに思えました。
鯛にはそれこそ、ネギ+旭ポンズにつけて食えば、こりゃ絶品って唸ったであろう。
またにんにくダレは、カツオのたたきで食べてみたかった。
ちょっと脂ののった魚が合いそうである、寒ブリとかもええかもしれへん。

さてもう1杯、ここは焼酎もええのをいっぱいおいてある。
その中でも私の大好きな北海道のしそ焼酎「鍛高譚(タンタカタン)」(330円)が
おいてあるではないか!
これをロックでもらう。
enokiya3.jpg

他、芋焼酎ではなんと「なかむら」430円!信じられない値段ですね。
他「一刻者」380円、「いも神」350円
一番安い麦では「一番札」(250円)ってな値段です。
さすが酒屋の呑み屋値段って感じですね。

そしてアテの追加は「かますの自家製一夜干し(半身)」(350円)を。
enokiya4.jpg

やはり焼酎には焼き魚が合いますな~
塩具合が絶妙なカマスである。

次来たときは絶対、本場土佐の「かつおのたたき」食ってみたいですね~
私が次の話をしてるってことで、この店の実力はお分かりかと思います。
立ち飲みとして、1件目にしたくない、2,3件目に廻ってきて、
焼酎とそして旨いアテに舌鼓を打ちたいですな。

[ 2006/07/22 13:33 ] [B級グルメ]立ち呑み | TB(1) | CM(-)

居酒屋 クラスノ(大阪大正)

ここのお店の評判は以前からよく聞いておりました。
古くからのよき大衆居酒屋が、今でもその当時のまんまで体験できる場、
それがここ「クラスノ」です。
居酒屋としては珍しい名前ですよね。
大将がシベリア抑留経験があるため。ロシアの都市「クラスノヤルスク」から
名づけられたそうです。
大正ってなかなか行く機会のない街なんですよね。
強いて挙げれば、大阪ドームに行く際に使う程度かな。
俺って野球はあんまし見ないし、ロックライブも振動問題で、
大阪ドームでの開催は禁止されたりで、全然行かなくなりました。
しかし今回ここ「クラスノ」を訪れる為だけにこの地に降り立ちました。

やはり店の佇まいが最高ですな。こういう外観は俺大好きです。
kurasuno0.jpg

平日の午後8時過ぎに行ったが、店内は既に満員状態・・・
kurasuno2.jpg

この店がどんなに愛されているかがわかります。
また各自の滞在期間が長いですね~私らがいる間に帰った客がほとんどいない・・・
それだけ居心地がいいんでしょう。
カウンターは満席状態で、入り口すぐ傍の補助テーブルみたいなところしか
空いていませんでした。

うーーん、この位置からは壁のメニューが端っこの方しか見えない・・・
カウンターにはメニュー表があるんですけど、この補助テーブルにはないです。
頼むもんに困りました。
まあ、最初から、「出し巻き卵」(260円)と「くわ焼きお任せコース松」(630円)に、
するつもりだったんで、まあメニュー見んでもええんですけどね。
ただ、やっぱりこういう居酒屋は、どういうアテがあるんかなあってメニュー眺めるのが
楽しみとちゃいます?
その楽しみが一つ削られて残念です。

それからここ、焼酎おいていないです。これまた残念。
なので、酎ハイもできません。
ビールか酒かって選択になってしまうんよな~
私はビールは前2店で飲んできたので、日本酒冷やで、連れは生中を頼む。
(値段はメニューが見えないので分からずじまいです)

ま、とにかく食いましょう!
kurasuno1.jpg

まず付きだしが出されました。
こういう大衆居酒屋で付け出しが出てくるのは珍しいですね。
この話はまた後で・・・

さあ、これが「出し巻卵」(260円)です。
kurasuno3.jpg

でかいですね~普通の居酒屋の倍の大きさはあります。
では、一口・・・お!!何!この旨さは!!
驚嘆しましたなあ~、卵焼きって、まあ日本人なら誰でも色々食べてきてますよね。
これ、今まで食った「卵焼き」「出し巻」の中で、最高の旨さです。
ダシが非常にええんですよ、ちょっと甘めのダシがすごくいい。
それに、ふんわりした焼き加減の卵焼きなんで、もうすごいとしかいいようがありません。
これ食っただけで、今日ここ大正に来てよかったと思いました。

満足、満足♪そんじゃ、おあいそ・・・
いやいや、まだ「くわ焼き」がありますです。
まずこれがコース最初の一品サラダです。
kurasuno4.jpg

これはちょっとドレッシングが気に食わなかったですね。
クリーミーなだけなんですよ。
酸っぱみがあるフレンチドレッシング使うか、もしくはマヨネーズにして欲しかったです。

そしてコースの串・・・
kurasuno5.jpg

「肉詰めレンコン」と「えのき豚肉巻き」そして「手羽先」です。
私は「えのき豚肉巻き」を食いました。そして手羽先。

「ささみシソ巻き」に「イカ」そして「肉詰め茄子味噌田楽」「牛肉」です。
kurasuno6.jpg

この8本とサラダがついて、630円ですよ!
すごいCP高いですね。
ただ串には、出し巻きほどの感動は得られませんでした。
このレベルの串なら、焼き鳥の旨い店に行けば食べられるレベルかな。

途中で、2人とも、凍結酒にスイッチ。
kurasuno7.jpg

これは確か480円やったと思います。

これで、おあいそ、2800円(1人1400円)でした。
安いですね~お通しはサービス?だったんでしょうか。
全然、支払い値段に入っていないように思います。
ええ雰囲気はカウンターに座ることができず、味わうことはできませんでしたが、
カウンター座ったらホント長居してしまいそうな雰囲気わかる気します。
次回是非カウンター座りたいですね。

住所:大阪市大正区三軒家東1-3-11
電話:06-551-2395

[ 2006/07/23 16:16 ] [B級グルメ]居酒屋 | TB(0) | CM(-)

立呑天国 火の来間(大阪大正)

「クラスノ」を出た後、やはり飲めなかった焼酎が飲みたいと思い、
目指したのが「火の来間」です。
ここは大正でも有名な立ち呑みですね、そしてええ焼酎が手ごろな値段で飲めると
なると行っとかなきゃあかんでしょう。

hinokuruma0.jpg

さーて暖簾をくぐりドアをがらがらって開けると・・・・
へ?ここ立ち飲み屋やんね?
すっかりテーブルは脇によけられて、みんなでベーゴマ大会?やってます。
なんかすごい冷ややかな目でこっち見られてる・・・
こりゃ入れないですな、そそくさ退散しました。

しかーし1時間ちょっと別の店に行き、もう1件1杯飲もうとええ店探してたところ、
この前通りかかったら、ここからでてきたおっちゃんに、
「ここのホッピー3種飲んでいきーな、ええ店やで~」って、
まるで風俗の客引きのように勧められる(^^;)
で、ちらっと中覗くと、既にベーゴマ大会?は先ほど終わったようだ。
それならばとおっちゃんに「そこまで言われたら、酒飲みとしてほっとけないですよ、
さあ入ろか」と言って、中へ。

しかーし、ベーゴマ大会?終わってたのは閉店間際だったからなんですね~
常連客とおぼしき人たちは連れ立って、次の店に向かいよる。
そんな中、居心地ええわけありません。
ホッピー1杯で退散しました、付け出しのキムチ含めて2人で1000円です。
(写真も撮る余裕なんてなかったです。。。)
風俗問わず、呼び込みのおっちゃんには気をつけましょう!

住所:大阪市大正区三軒家東1-4-15
電話:090-5057-3639

[ 2006/07/24 17:42 ] [B級グルメ]立ち呑み | TB(0) | CM(-)

沖縄料理 やまねこ(大阪大正)

「クラスノ」を出て、「火の来間」をやり過ごした後、
ここ大正では、もう1件頭の中にインプットしていたデータがありました。
うちのブログにコメントを寄せてくださる「なかゆくい酩酊帖」のなかゆくいさんが、
ここの「ソーミンチャンプル」は大阪一だとの記事を覚えていましたからね。
それがここ「やまねこ」です。

yamaneko0.jpg

なかゆくいさんとはうちにコメント寄せてくださったり、また酩酊帖の記事を読んだり
しているうちに、味覚の好みが結構似ているなって思ってたのです。
なので、そのなかゆくいさんが言うとこなら間違いはないだろうと突入~

しかし、21時半をちょっと廻ってるにも関わらず、店は満席状態。
ここって予約必至の店なんですね~
そんな中、座敷の相席でもいいですかってことで中に入れてもらえました。
私は「泡盛」(500円)をロックで、連れは「シークワーサ割」(400円)を頼む。
yamaneko1.jpg

隣に写ってるのは、付きだしです。ジーマミ豆腐(ピーナッツ豆腐)。
これはこれで、ええ泡盛のアテですなあ。

ここで、我らのテーブルに相席の方が登場。
仕事終わりのサラリーマンお二方だ、私よりは10歳から15歳くらい年配であろうか。
どうやらこのお店は、我々と同じく、初体験のようである。

その間に、私らは「ソーミンチャンプル」(600円)と「ソーキそば」(700円)を注文。
そしたら、お二方の1人が私に話しかけてきた。
「この店にはよく来られるんですか?」
「いえ、初めてです、ネットでおいしいとの情報を得たので来てみました。」
そんな話から始まり、大阪グルメに関して大いに盛り上がりました。
その日は大阪ドームに野球観戦に来られていたそうです、

あ、話戻しますね。
これが「ソーミンチャンプル」です。
yamaneko2.jpg

結構、量があります。
さて一口・・・これは旨いわ。
沖縄塩がほどよく効いていて、泡盛ロックのアテにちょうどいい。
焼きビーフンをもっとあっさりしたような感じである。

そして「ソーキそば」。
yamaneko3.jpg

これもまたさすがのお味でした。
麺はラーメンよりうどんに感じは似てますね。

ただ・・・私が相席の方とのおしゃべりに興じてる間に、連れが全部食ってしまったんですよ。
これだけ量あったのに1人でぺろりです。
私は各味見だけの2口しか食べとらんぞ・・・
ちーっとは残してくれよ~これでワリカンじゃ堪らんぞい。
これだけ旨いもん非常にがっかりしました。
「旨いもんがあれば、それを食ってから他を興じろ」
この格言を肝に銘じます。

おあいそは合計2900円でした。
1人1500円のワリカンです・・・・

住所:大阪市大正区三軒家東1-4-6

やまねこ (沖縄料理 / 大正)
★★★★ 3.5

[ 2006/07/25 11:02 ] [B級グルメ]居酒屋 | TB(0) | CM(-)

ランチブッフェバイキング Shangri-Laシャングリラ(大阪江坂東急イン)

寿司の食べ放題があるバイキングがどこかないかな~と
検索していましたら、ありましたね~
江坂東急インの2Fにあります「Shangri-La」(シャングリラ)です。
ここでは土日祝のみ、バイキングをやっています。
料金は大人 1575円、こども 525円でホテルのバイキングにしては、かなりリーズナブル。

シャングリラ

江坂までは自宅から車で30分で行ける距離なので、
思い立ったら吉日、早速向かっていました(^^;)

さすがにホテルのバイキング・・・
ゆったりとした造りで落ち着きがありますね。
シャングリラ

さあ!まずはここのメイン、ローストビーフのワゴンサービスと、
握り寿司を取ってきました。
シャングリラ

このローストビーフは目玉といえるにはお粗末ですな。
肉質がめっちゃ固い・・・
それから握り寿司ですが、これもメインとしては種類が少ない・・・
写真の4種類+卵だけです。味も・・・・

うーーん、メインだけ考えるとこれはがっかりですね。
他にも取ってきましょう。
シャングリラ

次にパスタと揚げもの、中華を取ってきました。
シャングリラ

うーーんこのパスタもイマイチ・・・
ただ海老が非常によかったですね~海老天も海老チリも旨かった。

あと2,3度往復しましたが、目立って旨いものはないです。
シャングリラ

写真は、あっさり和惣菜と、ラスト締めのコーヒー&ケーキです。

値段的なものを考えると、ホテルのバイキングとしては頑張ってると思いますが、
これが、普通の街中バイキングレストランと比べると、
種類、質ともにイマイチの感があります。
他だとランチで1500円だしたら、なかなかのもん食えますぞ。
やはりホテルで食べるバイキングはそれなりの値段ださないかんでしょうね。

[ 2006/07/26 14:27 ] [B級グルメ]バイキング | TB(0) | CM(-)

シーフード炒飯(会社ランチ)

本日の会社ランチは「シーフード炒飯」・・・
ただ、ここのチャーハンは作りおきをジャーの中に入れているから、
そんなに旨くないのだ。
まるでびっくりラーメン一番の「チャーライ」と同じである。

ただ安さに負けて、再び選んでしまいました、346円である。
sifudotya-han.jpg

おまけは「シュウマイ」が2個でした。汁物は卵のおすまし。

シーフードと言っても、ちっちゃい冷凍海老が2、3匹・・・
あとはアサリかハマグリかよーわからんが2枚貝がちょろちょろ
のっかってるだけである。
この貝がまた全然味しないんだな。

というわけで、この味しない炒飯を変化させるには!
そうこの写真でいう赤い奴・・・・「シャア」ではありませぬ。
大量にどさっと脇に取って来ました!
そう紅生姜が役に立ちます。
紅生姜をチャーハンに混ぜて食べると味のパンチ度が見事にアップ!
まあおいしいとは言えないが、紅生姜好きの私には丁度いい。
粉モンにも紅生姜たくさん入ってるのがええし、
博多ラーメンにもたっぷり紅生姜絡ませてですからな。

こうやって書いてると炒めたてのパサパサ炒飯がめっちゃ食いたく
なってきたなあ~
やはり炒飯はできたて食べなきゃね。
[ 2006/07/27 10:41 ] [B級グルメ]会社ランチ | TB(0) | CM(-)

風流 田舎そば(大阪梅田ホワイティ地下)

朝、出勤前に、阪急十三経由、西中島で地下鉄乗り換えパターンの私ですが、
西中島はやはり朝飯食うのに店が少ない・・・
ちゅうことで15分家を早く出ることにして、梅田経由で乗り換えることにしました。
そこで見つけたお店がここ「風流 田舎そば」である。

inakasoba0.jpg

ここは手打ちのお蕎麦屋さんだが、どうやらチェーン店らしいですね。
この「田舎そば」が早朝セットなんぞいうものをやっておりました。
inakasoba1.jpg

この中で「そば定食」(500円)を頼んでみることにする。
内容は「きつねあげと昆布が入ったそば」と「おにぎり一個」である。
inakasoba3.jpg

まず蕎麦自体はちょっと細めだが色の濃いそばである。
一口すすると、噛み応えはそれほどでないが、口の中に蕎麦の風味が、
ふんわり拡がる・・・これは私好みですね。

inakasoba2.jpg

ただ、江戸前のそばとかと比べると、全然コシがありません。
その点「なにわ翁」「神田」の蕎麦には喉越しのよさがありました。

あとこの昆布、蕎麦とよく合いますね~
絡ませて食べると非常に旨い。
「きつねあげ」はやはり合うのはうどんやと思いますけどね。

値段的に考えると立ち食いそばより、100円ばかし高いですが、
それだけの風味を味わえる蕎麦でした。

風流田舎そば ホワイティーウメダ店 (そば / 阪急梅田駅、JR大阪駅)
★★★☆☆ 3.0

[ 2006/07/28 11:30 ] [B級グルメ]そば・うどん | TB(0) | CM(-)