たこ焼き はなだこ(大阪新梅田食道街)

絶えず、人がひっきりなしに賑わってる店が新梅田食道街にあります。
前から気になっていたのだが、突入できていなかった店。
たこ焼き屋「はなだこ」に寄ってみました。

hanadako0.jpg

普通のたこ焼きが6個で300円である。
ここのはクルクル、ひっくり返さないでどうやら作っているらしい。
そのため、出来上がりはまんまるでなく、平べったくてべちゃっとしてる。
hanadako1.jpg

さーて、そのお味は・・・おいしーやん!
ちょーっと半熟の感じが非常に私の舌にマッチする。
私って中がぐちゅぐちゅなくらいのんが丁度好きなんですよね~
そして、ソースがなかなか旨い。

4つはそのまま食べて、2個はマヨネーズをかけてみました。
hanadako2.jpg

また、これも違った味が楽しめて、面白い。
味が濃厚になりますよね。

6個300円・・・んー8個にしてくれないかなとも思いますが、
これはなかなかのヒット作でした。
梅田で飲んだ後のアクセントに加えて、ええ店やと思います。
[ 2006/11/10 17:15 ] [B級グルメ]大阪の味 | TB(0) | CM(-)

都そば 塩ラーメン(大阪西中島南方)

本日、仕事前の朝飯どうしよっかな~って考えていると、
西中島南方の駅で「都そば」が目に付いた。
そうや!そば以外でなんか食べてみよっ!と思い立ち、中へ。

都そば

そうするとメニューに「塩ラーメン」(280円)ってのがあるではないか。
朝からラーメンってのもええなっとそれにする。

見た目すごくあっさりげなラーメンですな~
miyakosio1.jpg

でその透き通るようなスープをまず堪能・・・
ん・・・見た目そのまんまのあっさりスープ・・・
ダシなんてとっておらず、塩そのまんまで味付けしたかのような味である。
チャーシューはペラペラのんが1枚だけであるが、この値段ではこんなもんだろう。

麺はちょい細めの、少し縮れが入った麺・・・
miyakosio2.jpg

まあこのスープにはこの細め麺でスープをたっぷり絡まさなければ、
味わいが薄すぎるくらい。
麺をすすった後にすぐ、スープをすすると丁度いいぐらいだ。

私にはどうにもこうにもあっさりすぎました。
こういうあっさり塩ラーメンは函館の「あじさい」がそうですね。
あの味が好きな方は是非どうぞ。
安くて、似た味が食べられますぞ。

都そば なんば店
[ 2006/11/14 14:23 ] [B級グルメ]ラーメン | TB(0) | CM(-)

もつ鍋 ふくみや(大阪西九条・福島)

屋台感覚で、うまいもつ鍋が食える店として有名ですね。
魔法のレストランでも紹介されたことがあります。
福を3つ書いて屋をつけて「ふくみや」と読みます。

土曜夜、予約ナシで福島店に飛び込んだが、予約必須のようでダメ。
さすがに人気ですな。
西九条にも店があるってことで、そっちに連絡をとってもらうと、
そっちは空いてるとのこと。
マスターが「サービスするように言っといたんで、そっちに行って貰えます?」
ってことでタクシーにて、西九条へ移動。

fukumiya0.jpg

ようやく辿り着きました。

fukumiya1.jpg

店のつくりは、入り口がオープンになっており、寒い中、熱くて辛い鍋を食うには、
最適なつくり。
しかし、夏にはこれで人入るんかいな・・・・
私はここで夏に鍋、食いたくない・・・(^^;)

今回6人で行ったのだが、まずはもつ鍋(800円)×3人前につくねを追加。
そして、地鶏の刺身(500円)をいただく。

fukumiya2.jpg

この地鶏の刺身はうまい!
ささみ等、3種の盛り合わせだが、しょうが醤油に非常にマッチしている。
いい鶏つかってるね、これは。

ビールをぐびぐび飲みつつ、刺身をつついていると、
やってきました!モツ鍋!!

fukumiya3.jpg

でかい、非常にでかい。
いやー6人、人数分頼まなかった自分をよくやったぞ!って褒めてあげたくなりました(^^)
こりゃ6人前頼んでいたら、食いきれたかどうか・・・・
のってる豚バラ肉はサービス品であるが、このボリューム感はすごい。
ニラにもやしにキャベツがどっさり入ってる。

ヘルシーはヘルシーですな~野菜をこんだけふんだんに摂取できれば、
辛い鍋やし、量の割にカロリー摂取は大したことないと思う。
だから女性だけのグループとか多かったのかもしれません。

唐辛子を大量にふりかけ、ばくばくむしゃくしゃ食べる。
おいしい。。。しかしキャベツの量がちっと多すぎ?
もうちょいバランスよく、野菜を別なの入れて欲しい気が。

追加で、モツ、そしてメニューになかったワンタンを頼むとでてきた。
裏メニュー発見♪
この鍋の汁に、ワンタンは最後の締めとしてホンマ旨かった。

あとドリンクで特筆すべき点は、鹿児島から仕入れている芋焼酎が種類豊富。
常時、30種類以上もの芋焼酎が300円という値段で飲めるのが嬉しい。

総合的に見ると、ホルモン鍋としての旨さは、阪神尼崎「やすもり」が断然上。
しかし、あそこは高いからね~
値段的には、新世界ホルモン鍋「たつ屋」と一緒であるが、
やはり「たつ屋」のほうが一枚上手である。
総合的に「たつ屋」に敵う鍋にはなかなかお目にかかれないなってことでした。

ふくみ屋 西九条店 (もつ鍋 / 西九条)
★★★★ 3.5

[ 2006/11/15 11:23 ] [B級グルメ]大阪の味 | TB(0) | CM(-)

ラーメン 神座(大阪ミナミ道頓堀)

大阪のラーメンで、ここをナンバー1に挙げる人間も多いのではなかろうか。
東京にも進出している「神座」である。

kamukura0.jpg

ミナミで健康診断が朝あったので、昼から出勤と相成ったのだが、
健康診断は10時過ぎに終わり、朝から何も食ってない私は、
出勤までに何か食べようと思った。
しかし、どこも11時からなんですよね~開いていない。
で、ラーメンなら24時間営業の店もあるではないかと、
「金龍」あたりも目に入ったのだが、ここは敢えて「神座」にした。
こっちのラーメンは並でもボリュームありますからな。

朝のこの時間はサービスタイム中で、おいしいラーメン(630円)が、
100円引きの530円!
これは結構お得感があります。

さーて!出てきました。
kamukura1.jpg

やはり並の大きさでもボリュームありますな~
大盛なんて頼むと洗面器のような器で出てきます。

そして「神座」の最大の特徴はなんといってもそのスープ。
コンソメベースのスープに白菜がふんだんに使われている。
この白菜がスープに甘みをだしているのだ。
コンソメ白菜スープであるから、洋風のスープですな。
あっさりしたラーメンが好みな人間なら、このラーメンは最適ではなかろうか。

kamukura2.jpg

麺はストレートの細麺。
このスープには絶対、細麺が合う。そのマッチングは絶妙。
しかし、チャーシューはあんまし印象に残るもんやなかった・・・

このスープはこってり好きにはあまり受けないですよね・・・
そのため、テーブルには以下のようなものが。
kamukura3.jpg

そう、ニラ、にんにく、豆板醤が入れ放題なのだ。
こういうのがええですな~
まず、私はニラはたっぷり入れて、麺と絡ますのが好きなので、どっさりと。
にんにくはその後の仕事を考えて、控えめに・・・
これであっさりであったスープにもパンチがでて、
こってり好きな私でも、大丈夫。

全体的に出来がよいラーメンだが、好みにより、好き嫌いが激しいとは思われる。
ただ、1回試してみる価値はあるであろう。

[ 2006/11/16 17:31 ] [B級グルメ]ラーメン | TB(0) | CM(-)

立呑処 おかもと(兵庫尼崎立花)

我が大阪、神戸酒場巡るうえで一番の知識人として参考にせてもらい、
その探求心にはいつも感心させられているBさんより、
尼崎立花でええ立ち飲み屋を見つけたと情報が入りました。
立呑処「おかもと」です。
もうBさん情報聞いて、私は居てもたってもおられません。
「来週いきましょーう!」決まりです(^^;)

さて場所的にはJR立花駅から徒歩10分程度、へ?こんなところに
立ち飲み屋作って、流行るの?って思われるようなとこに
佇んでおりました。

okamoto0.jpg

店内はちょっとごちゃっとした感じで、コの字カウンターの
ええ雰囲気な立ち呑みです。
okamoto1.jpg

メニューを眺めていると、私は「よこわの肝の煮付け」(290円)
ってのが目に留まった。それはBさんも同様であったようである。
魚の肝の煮付けなんて、あんましないですもんね。
それと「豚耳」(200円)をもらう。
okamoto2.jpg

「よこわの肝」は鳥の肝を更にあっさりしたような味であり、
鳥の肝を焼いたのが好きな人間には好みかな。
私は肝は生が大好きなんで、これは生で食ってみたいなって思った。
「豚耳」も非常に美味。

造り盛り合わせ(680円)をいただく。
okamoto3.jpg

結構値段的なもん、考えると豪華ですね。6種盛ですぞ!!
特にマグロ中トロが旨かったなあ~
魚系が強い立ち飲みはやっぱええですね。

これはどて焼き(280円)
okamoto4.jpg

甘辛く煮た、どて焼きも非常に美味。

最後にこれは大貝の焼いたのですね、値段は200円代だったと思う。
okamoto5.jpg

やはりここは海鮮物強いですね、うん美味い。

まさかこんなとこに立ち飲み屋があるとは思ってなかったです。
こんな僻地で、お客が入る(午後4時で大盛況)ってのは非常に頷ける店であった。
また絶対再訪の店ですな。

立ち呑み処 おかもと (立ち飲み居酒屋・バー / 立花)
★★★★ 4.0

[ 2006/11/17 12:54 ] [B級グルメ]立ち呑み | TB(0) | CM(-)

山形名物 芋煮・・・が食べたい、米沢牛も入れてね(^^)

つい先日「太田和彦の日本居酒屋紀行」では、太田さんが山形に行っておられた。
そこで、見てて気がついたのは、山形の名物って「芋煮」なんですね。
今までそんなこと気づきませんでした。


山形の秋を楽しもう!1人暮らし用ちょっとだけ芋煮セット(2人前)

秋になると、河川敷や公園の片隅で「芋煮会」があちこちで行われるそうです。
まるで桜の時期の花見のように、山形ではこれが秋の宴会の定番なのだそうだ。
また家庭料理としても、その味付けや食材が各家庭で伝統があり、
それが代々引き継がれていっているそうである。

基本的な芋煮のレシピは、里芋に牛肉(山形と言えば米沢牛ですな~^^)、
あとこんにゃく、舞茸やしめじなんかのキノコ類、葱、牛蒡なんぞの野菜を、
醤油、砂糖、日本酒で味付けて、煮るのだそうな。
(どっかにレシピもあるでしょうから、ひらってってください。)


【山形の伝統】さといもや さとう農園の芋煮セット!蔵王で採れた里芋と蔵王牛、蔵王こんにゃく...

里芋ってところがええですね~
じゃがいもと牛肉やと肉じゃがであるが、この里芋ってとこに惹かれる。
これはどちらかと言えば、日本酒が合いそうですな。
焼酎ではない。
「十四代」なんてあれば最高ですな・・・


十四代 純米吟醸 出羽燦々 1800ml
[ 2006/11/25 16:17 ] [B級グルメ]その他 | TB(0) | CM(-)