立ち飲み 焼き鳥 ニューカヤバ(東京茅場町)

店内にある酒のセルフ自販機で焼酎、泡盛、ウィスキーといった
アルコール類がわずか100円で飲める店が、東京茅場町にあるとは
以前から知っていました。
是非是非!その自販機に100円入れて酒飲んでみたい!って思っていたので、
この店も東京酒場めぐりでは外せませんでしたね。
「ニューカヤバ」です。

newkayaba0.jpg

地図を頼りにお店を探していると・・・ありました!
大きな提灯が出迎えてくれました。
しかしそこは車が2台停まっている駐車場。
さらに奥を覗き込むと・・・灯りが。
そう奥に酒場があるんですな~車の脇をすり抜けて奥に入る。

んん~入ったのはいいが、常連、お仲間さんばっかり。
一人で飲んでる客が一人もいません。
そんな中、ご主人に「ここいいですか?」と一番手前の
丸テーブルを指差す。
「どうぞ」ってことで、そこに陣取らせてもらい、
セルフの自販機の前へ。

newkayaba1.jpg

コップを下において、100円を入れ、麦焼酎のボタンを押す。
ちょろちょろとでてきました~
自販機の横に魔法瓶があるので、お湯割りの場合はそれを注ぎます。
あと水割りにしたいなら、カウンターに氷と水がセットで置いています。

ウィスキー(トリス)もこんな感じ。
newkayaba3.jpg

それをちびちび飲みつつ、メニューを見てみる。
だいたい200円~300円のアテが並んでいるが、どうにも弱い感じ。
場末の酒場併設の立ち飲み並みである。

ここはセルフで焼く、焼き鳥が名物なのだが、一元外様の私に、
常連仲間さんたちが囲んでいる奥の炭火焼テーブルには入り込めそうもない。

仕方なく、カウンターの上にあった「たらこ」300円をいただく。
newkayaba2.jpg

もう1杯、芋焼酎を水割りでいただき、お暇です。
店の雰囲気は昭和の駄菓子屋を拠点に遊んでいた子供が、
大人になっても駄菓子屋気分に浸りたいと思わせてくれる店。
なので、静かに落ち着いて飲む店ではない。
それゆえ、一人で行った私は失敗でしたね。
ここは大勢でわいわい言いながら飲むのが非常に楽しい所です。

次は何人か連れ立って行って、焼酎片手に、焼き鳥焼きながら、
みんなでわいわい盛り上がりたい店ですね。

住所:東京都中央区日本橋茅場町2-17-11
電話:03-3664-7315 
営業時間:17:00~21:00
休日:土・日祝日

[ 2007/10/02 00:19 ] [B級グルメ]立ち呑み | TB(0) | CM(-)

立ち飲み もつ焼き「おゝの屋」おおの屋(東京西新宿)

新宿・・・繁華街からはちょっと離れたところにあるが、
結構安くて、雰囲気よさげの立ち飲みを見つけました。
もつ焼きが中心の店「おゝの屋」です。

oonoya0.jpg

外観は一元さんでも、入りやすい感じのオープンにされています。
中に入っても、明るくて清潔な雰囲気。
料金は注文しての先払いキャッシュオンデリバリーシステム。
立ち飲みやっていたら、この料金システムが一番管理しやすいですね。
自分で立ち飲みやるとしたらって考えると、絶対このシステムにしますわ。

メニューはこんな感じ、まずは酒。
oonoya1.jpg

そして、食いもん。
oonoya2.jpg

もつ焼き80円など、全体的に安い立ち飲み値段にしてくれています。
この値段設定が新宿にありながら魅力的ですね。

その中からCP値高そうな「レバ刺し」(250円)いただきました。
oonoya3.jpg

見てくださいな、この新鮮そうなレバー!
朝採れと書いていましたが、それに嘘はないでしょう。
食べてみても、こんだけうまいレバーはなかなか食えない。
ましてや250円ですよ!この値段でこの旨さは関西でも見たことない。

ビールをおかわりしつつ、これならもつ焼きも美味しいだろうと、
「カシラ」「ハツ」「シビレ」の串を3本注文。
あっさりと全部塩味でいただきました。
oonoya4.jpg

しかし。。。。ちっとこのモツ焼きは味気ない。
「宇ち多」や「大統領」なんぞのもつ焼きの王道を行く店のを、
東京に来てから、食べてるからなあ~

ただ、従業員さんの接客態度はすごく明るくて丁寧そのもの。
気持ちよく酒が飲める雰囲気を作ってくれています。
そしてこの安さ、そしてレバ刺しの旨さ。
この店いいですな~関西にあったとしたら何軒か回るうちの1軒に
加えたい店ですね。

住所:東京都新宿区西新宿7-15-5-102 
電話: 03-3363-3690
営業時間:16:00~23:00
休日:日曜(祝日は営業)
↓お勧めリンク↓

初めての方限定!やきとんお得パック


[ 2007/10/03 20:14 ] [B級グルメ]立ち呑み | TB(0) | CM(-)

立ち呑みフレンチ Provencale~プロヴァンサル(東京新宿歌舞伎町)

新宿に変わった立ち飲みがあるのをネット見て知った。
なんとフレンチの立ち飲みだそうな。
大阪でも、フレンチの立ち飲みはあるけど、こっちの方が本格的そう(^^)
「Provencale~プロヴァンサル」です。

purovansal0.jpg

店内に入ると・・・うーん、ここは一人で飲む雰囲気のお店ではないですね。
カップル、女の子同士、2,3人で訪れる店です。
実際、ここは今回旅行の最初の頃に連れと2人で来る予定でした。
それがお盆休みでお盆休み明けにずれこんでしまい、今回1人で突入となったわけだが、
いまいち、一人で初訪問はなんとも居心地が悪い。

purovansal1.jpg

店内はカウンターとちっと後ろに2人用に立てるテーブルがあったかな。
本当に純粋の立ち飲みです。

こちらがグラスワインリスト。
purovansal2.jpg

安いのから高いのまで色々取り揃えています。

料理も安いのから高いのまで色々あります。
手軽なものから、一品料理までって感じ。
リゾットが今日おいしいのできますっていうので、食べたいなっと
値段聞いたら900円・・・
うーーん一人で食べる値段ではないなと断念です。

その中頼んだのが「アンチョビオリーブ」(300円)
purovansal3.jpg

その横はキャベツです。
あとの勘定みてるとこいつは(300円かな?)とられていました。
うーん、立ち飲みのくせに付け出し料とるとは・・・
やっぱフレンチ。

アンチョビオリーブは白ワインのアテにちょうどいい感じ。
次も白にしようかなと思ったんですけど、
やはり違う味にと赤を選択。
こいつがちっとぬるかった・・・赤はぬるめで出すとこ多いですが、
私はワインはキンキンに冷えたのがええので、ちっとね。

やはり1人では、ここは雰囲気合わずにすぐ退散。
気軽にフレンチでワインが飲めるっていうのは、いい店つくったなって感じです。
まあ、もうちょい値段設定を安くしてくれたらと思います。
けど、今度2,3人で新宿で飲む機会があれば、是非リベンジしたい店ですね。

住所:東京都新宿区歌舞伎町2-45-7 大喜ビル1F
電話:03-3205-8113
営業時間:17:00~05:00(LO4:30)
定休日:日曜

[ 2007/10/04 23:37 ] [B級グルメ]立ち呑み | TB(0) | CM(-)

スマトラカレー 共栄堂(東京神保町)

カレー屋さんがいっぱいひしめく古書の街「神保町」。
そんな中、私の目的はとんでもない大盛りのカツカレーが食える店であった。
しかし、ここも今回の旅が不運続きだった最後を締めくくるように、
お盆9連休なんてことしておりました・・・
急遽、携帯でネットに繋げて神保町の美味しいカレー屋さんで
検索をかけてみると、ここの名前がでてきました。
黒いルーで有名、スマトラカレーの「共栄堂」です。

kyoueidou0.jpg


お店は地下にあるので、階段を下りていく。
kyoueidou5.jpg

まだ開店して間もないのに、店内は結構な人で埋まってくる。
続々と階段を下りてくるのだ。
かなりの人気店ですね。
そして喫茶ライクなつくりなので、女性一人でも入りやすい。
黒いカレーの実態を探りますぞ。

メニューを拝見。
kyoueidou1.jpg

一番安い「スマトラカレー(ポーク) 」(800円)に、
この後、電車に10時間連続乗車の為、ご飯は大盛り(+100円)にしてもらう。

先に自家製のポタージュが先に出てきました。
kyoueidou3.jpg

こいつがさっぱりした味付けで、カレーに合うポタージュです。

で、大盛りカレーの登場です。
kyoueidou2.jpg

ん♪ライス大盛り~しかし・・・カレーのルーめっちゃ少ない・・・
これでどうやってご飯食えってえの。

ルーはサラサラで、やっぱり黒い色しています。
kyoueidou6.jpg

どんな香辛料使っているのだろって感じ。
これをライスにかけて、一口・・・
スパイシーさはあまりないのだが、非常に奥が深い味。
なんでこんな味になるんだろうと不思議です。
タイカレーから、ココナッツを抜いた感じなんかな~
私の好みといえば好みですが、もうちょいスパイシーさが欲しい。

さあ、やはり、ライスより、ルーが先になくなりました。
ここでこれの登場です。
kyoueidou4.jpg

福新漬けとらっきょでご飯をいただく。
しかし、こんな食べ方しかできひん、ご飯の大盛りとはいかがなもんか?
と思うんですけど。

ネットで色々、後で検索してみたが、皆さん、ルーが少ないって
書かれていますね(^^;)
結構美味しいルーやったので、+200円でソース大盛りがよかったんよね~
まあ、不思議な美味しさのカレーです。
1回は食べてみる価値あり!

住所:東京都千代田区神田神保町1-6 サンビルB1
電話:03-3291-1475
営業時間:11:00~LO20:00
定休日:日・祝日

[ 2007/10/07 23:47 ] [B級グルメ]丼・カレー | TB(0) | CM(-)

神戸餃子専門店 ぼんてん(神戸元町)

神戸餃子のお店としては、「赤萬」「瓢たん」と共に有名店ですね。
「ぼんてん」に昼下がりに寄ってみることにしました。

bonten0.jpg

・・・っと思ったら「営業中」なのに店が閉まってる・・・
どうして~??店の中のガスも点けっぱなしやで。
ちょっと別の店で時間つぶして、戻ってみると開いてる。
後で店主に聞いたら、馬券買いに行ってたそうな(^^;)
やれやれ。

4人で行ったので、6人前と、瓶ビール2本を頼む。
で店主が「うちの餃子は小さいから1人で5人前が普通やで~、
あとで追加言われても、混んできたらできひんで~」って
プレッシャーをかけられる。
ただし、後でメインで食べに行くことが決まってる私らは、
「いや6人前で」ということで焼いてもらう。

いや~しかし、よーしゃべる店主ですな~
焼いてる間も、タレの作り方から話し始め、競馬の話やらなんやら
話しかけてくる、それもこっちの話なんぞはあまり聞かずに、喋りまくる。

さて、そのタレ作り。
bonten1.jpg

神戸餃子の特徴はなんと言っても、「味噌」!
この味噌を中心に、醤油、酢、ラー油を加えて、自分好みのタレの味を作っていく。

bonten2.jpg

餃子が焼き上がるまで、この味噌ダレを舐めつつビールをちびちびと。

さあ、やってきました、これで餃子3人前です(1人前7個250円)。
bonten3.jpg

このぼんてん・おしゃべり店主の言われるとおり、ここの餃子はやや小ぶり。
1人で腹いっぱい食べるとなると5人前はペロリですね。
その小ぶりの餃子を味噌ダレにつけて、1個、一口で口の中へ入れると、
外がパリっと、中の具材はあっさりめな分、この味噌ダレが、
すごく合ってます。
ごま油で焼かれているのも風味がすごくよい。

一つ食べて、油だらけになった口をビールをごくりとさっぱりと拭う。
そしてまた、すっきりした口で一口。
この餃子とビールの相性はばっちりです。

餃子は美味しい!!ビールと餃子って組み合わせが大好きな方には、
是非是非行ってほしい店。
ただ店主が非常に個性的で、しゃべりかけてくるキャラなので、
そういうおっちゃんキャラが苦手な人には、その返答がちっと苦痛かもしれません。

住所:神戸市中央区元町通3-4-5
電話:078-332-3948 
営業時間:13:00~20:00 
定休日:月曜
↓お勧めリンク↓

【小江戸もちもち生餃子 40個入り】


[ 2007/10/09 20:45 ] [B級グルメ]中華 | TB(0) | CM(-)

たこ焼き 蒲生たこ一 京橋店(大阪京橋)

京橋のたこ焼き、ラーメン屋など、B級グルメな食べ物が
勢ぞろいしている商店街の中にある、たこ焼き専門店。
「蒲生たこ一 京橋店」に寄ってみました。

gamoutako0.jpg

この近辺には有名な「くれおーる」もあり、
たこ焼き激戦区でもあります。

店の奥ではカウンター5,6席程度のスペースがあるので、
その場で食べることも可能です。

ここのウリはなんといっても、その安さ。
たこ焼き8個が200円、12個300円、そして21個が500円、
そして1000円出すと、45個になるのだ。
500円以上で、サービスがついてくるというわけです。
あとドリンクは缶ビール250円という値段。

これが12個入り300円である。
gamoutako1.jpg

ただ、その上に大量の鰹節がかけられており、
下のたこ焼きがほとんど写ってなーーい・・・(^^;)

そのため、ちょっと花鰹をのけてアップ!
gamoutako2.jpg

味はソースマヨネーズ1本。
マヨネーズはつけるかどうか聞いてきます。
この値段でやっていくからには、味は一つで極めて
勝負すべきであろう。
いい選択だと思う。

ソースの味わいがすごくいい。
生地自体もそのソースマヨネーズにこだわって配合されているなと納得。
私好みの中トロ感も抜群だ。
ただ、この値段では蛸が小さいのは仕方ないか。

この値段で、この旨さは非常に納得物。
激戦区で残っていって欲しいですね。

住所:大阪市都島区東野田町3-10-4
電話:?
営業時間:14:00~25:00 土日祝10:30~25:00
定休日:無休

蒲生たこ一 京橋店 (たこ焼き / 京橋)
★★★★ 4.0

[ 2007/10/11 00:23 ] [B級グルメ]大阪の味 | TB(0) | CM(-)

ブラジル料理 シュラスコ&バイキング サバス ブラジリアーノ(神戸ハーバーランド・モザイク)

日が暮れるのが早くなってきましたね。
街ではハロウィンに向けての催しがあちこちで行われています。

brajiriano02.jpg

こういうお祭り騒ぎって私大好きなんですよね。
そんな中、今夜は久しぶりの神戸・・・
ハーバーランドにやって来ました。

brajiriano01.jpg

やっぱり神戸はいい!!
最近ずっと大阪の下町ばっかりで飲んでたので、
こういうところブラブラするのも久しぶりです。
心地のよい夜風やったなあ~

そんな今日のディナーはモザイクのバイキングでも私が一番お気に入りの、
ブラジル料理「サバス ブラジリアーノ」に寄りました。
ディナータイムは1人2415円です。

brajiriano0.jpg

「シュラスコ」はブラジル料理の定番で、インディオなどの先住民族が狩の獲物を焚火で焼き、
その肉を切り削いで皆で食べたのが始まりらしいです。

そのメニューはこんな感じ。
brajiriano3.jpg

牛肉、豚肉、鶏肉・・・肉の塊がたくさーん(^^)
さーて、早速、このお肉を陽気なブラジリアンに切り落としてもらいましょう。
brajiriano2.jpg

中にアヒルの鳴き声の物真似をする方が、あちこち耳もとで「グワっグワっ」とやって、
驚かしていました(^^)

この肉、やっぱり美味しい~
brajiriano4.jpg

レア感覚が好きな私には、ガーリックステーキや、肩ロースなんてのが、
よかったね~
そのままでも味付けされてますけど、ビネガーソースがあって、
私はこれにつけてさっぱり食べるのが好きです。
最後にはパイナップルも切ってくれました。

このシュラスコ以外にも、なぜか中華がおいていました。
brajiriano1.jpg

この海鮮揚げそばが美味しかった~けど、これブラジル料理?

さあて、まだまだとってくるぞ!!
brajiriano5.jpg

サラダ中心に少しずつ。
あ、あとテーブルの上にある緑と赤の木の置物は、
切り分けてくれる肉が欲しいときは緑、いらないときは赤にしておけばいいです。

このビーフストロガノフもうまかったなあ~
brajiriano6.jpg

やはりここのバイキングは、肉好きにはたまらないですね。
ちょっとはしゃぎ気分で訪れて、神戸の夜景を楽しみませんか。

住所:神戸市中央区東川崎町1-6-1 神戸ハーバーランド・モザイク3F
電話:078-360-2996 
営業時間:11:00~23:00 (LO 22:00)
定休日:無休

[ 2007/10/12 00:05 ] [B級グルメ]バイキング | TB(0) | CM(-)

本格備長炭焼 やきとり とりひげ(兵庫神戸王子公園)

学生時代からずっとご贔屓にしている店。
私の安くて旨い店探索の原点と言ってもいいくらいに、
神戸に住んでいた時には、この店にはよく行っていました。
阪急王子公園駅を線路沿いに東へ5分程歩いたところにある
「とりひげ」です。

torihige0.jpg

まず、生中が290円と安いのが魅力的。
それもジョッキもきちんとした大きさで、
発泡酒でなく、ビールがである。
それに加えて、銘柄も「キリン」「アサヒ」と選べる。
ラガー派、スーパードライ派にも対応だ。

torihige1.jpg

夏場はやっていないのだが、鶏の刺身系から、「きも造り」(450円)を。
torihige2.jpg

新鮮でないと出さない主義の店なんで、夏場は出ない。
行った日はぎりぎり6月に入っていたのだが、まだなんとかやっていた。
やはり、ここの生レバーは美味しい。

そして、これがここの名物「ずりバターにんにく炒め」(580円)。
torihige3.jpg

「ズリ」と「肝」と「しめじ」ににんにくの味がきいており、
それにレモンをぎゅっと絞ると、すごくいい風味。
もうビールのアテには最高です。

そして「皮塩3本」(280円)と「ひっぷ塩3本」(300円)。
torihige4.jpg

皮のお味は普通だが、ここはなんと言っても、この「ひっぷ」!
中に軟骨が入ってる尾っぽの部分だが、もうめちゃくちゃジューシー
な味わいがするのだ。これはいつも絶対食べますね。

そして、こちらが「鳥丼・大」(380円)。
torihige5.jpg

梅干の大きさと比べてくださいな、かなりの大盛りですよ。
この大盛り頼むと、3人ぐらいでシェアするくらいの量があります。
そしてこの丼はタレの味付けが旨いんです。
鶏肉なしで、ごはんとネギときざみ海苔だけで食べても、めちゃ旨い。

「コロッケ」(300円)
torihige6.jpg

焼き鳥屋やけど、この自家製コロッケがめちゃ美味しいんですよ。
味が結構あっさりめで、揚げたてサクサクが食べられます。

「肉詰めミックス」(380円)
torihige7.jpg

ピーマン、椎茸、れんこんの肉詰めミックスです。
これまた、結構あっさりめの味付けがよい。

そして最後の〆に「鳥スープ」(300円)
torihige8.jpg

これがゴマ油の風味が香り豊かにさっぱりとしていて、
酒の〆にちょうどいい。

2人で、4杯ずつ飲んで、これだけ食べて、1人2600円です。
もうお腹がはちきれんばかりに食べて、飲んで、この値段は安いですな~(^^)
この美味しさで、この安さ・・・やはりこの店が原点です。

住所:神戸市灘区水道筋通6-1-17
電話:078-801-7058
定休日:年中無休
↓お勧めリンク↓

【送料無料】いろんな味を試したい!!焼き鳥味くらべセット
[ 2007/10/14 02:04 ] [B級グルメ]焼肉・焼き鳥 | TB(2) | CM(-)

ワインバー luv wine[ラブワイン](大阪天満)

最近、屋台天国となってきつつある天満・・・
そんな中で、ワインを主とした異色の店があります。
ちょっと気軽にお洒落にワインを楽しめる雰囲気をもった店がここ。
「luv wine」[ラブワイン]です。

luvwine0.jpg

店はご覧のとおり、夏の暑い真っ盛りだったので、
ビニールシートで覆われておりますが、いい気候になると完全オープンになります。
真っ赤な軽自動車がオブジェとして飾られているのも、
店外のオープンテラスを意識してるように思われる。

ワインは1週間ごとにテーマを変えるのだそうな。
luvwine01.jpg

イタリアのワインばかりの週もあれば、スペインばかりもあり、
フランスの時もある。
行く日によって、ワインを色々楽しめるようにしています。

luvwine3.jpg

ハウスワインが500円から飲める。
この値段設定はちょっとこういう雰囲気のお店にしては、
ちょっと高いかな。
それだけ、こだわりを持って、ワイン選ばれていると思いますけどね。
そのメニューには一緒にチーズリストも。
ワインとチーズ・・・この組み合わせは最高にいいもんなあ~

これがワイン&チーズの裏にあるフードリスト(クリックで拡大)
luvwine2.jpg

ある程度他で飲み食いしてきたので、ここでは軽くってことで、
こういうチョイスをしてみました。

エリンギとアンチョビのオイルマリネ(380円)
luvwine4.jpg

塩辛さが非常に白ワインに合う一品である。
これを食べつつ、白ワイン飲んでるとあっちゅう間になくなりそうに
なりましたもん。

トマトのブルスケッタ(240円)
luvwine5.jpg

ガーリックトーストの上にトマト。
このガーリックトーストの香ばしさとトマトのフレッシュさが、
上手い具合にマッチしてますね。
これまた、非常によい。

屋台風としては、ちっと高めの値段設定がうーん・・・と思うが、
デート使いとしても、また男同士でワインを楽しむにも、
そしてまた一人でも、使い勝手が非常にいいお店である。
天満での2軒目、3軒目にワインをアクセントとして加えるのに、
いかがでしょうか。

住所:大阪市北区池田町5-8
TEL:06-6881-1707
営業時間:18:00~24:00(LO23:30)
休日:日曜
↓お勧めリンク↓

【一度は飲みたい憧れワイン】ロマネ・コンティ[2004]年(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)


さぬきうどん はがくれ(兵庫エビスタ西宮店)

梅田にある、讃岐うどんの店「はがくれ」はうどん好きなら、
誰もが知ってる有名店ですね。
その系列店でしょうか。
阪神西宮、エビスタにも「はがくれ」はあります。
あっさりしたものが食べたかったので、そういう時はうどんでしょう!
と今回やってきました。

hagakure0.jpg

「はがくれ」と言えば「生じょうゆうどん」ですが、
やはり食べ方を指定していました。

hagakure1.jpg

こういうところはやはり梅田店と一緒ですね(^^)

そしてもう一つ同じなのは、大食いには嬉しいこと!!
同じ値段でうどんの量が一玉半、二玉と増やすことができます。

今回2人で行ったので、違うものを頼んで、シェアすることに。
まず、こちらが「生じょうゆうどん」(630円)。
もちろん二玉です(^^)

hagakure2.jpg

これに、大根おろしと葱をのせて、すだちをぎゅっと搾ります。
そして、ぐるりと生しょうゆをかけます。

hagakure3.jpg

冷たい麺がやはり美味しいですね。
このつるつる、しこしこ感はやはり「はがくれ」って思います。

そして「かまたまうどん」(630円)。
hagakure4.jpg

卵を真ん中に割って落として、胡麻と葱をふりかけます。
そして生醤油を、これまた卵の黄身の周りへ回しかけます。

hagakure5.jpg

こっちは卵を麺に絡ませなきゃいけないので、ざっとかき混ぜる。
そして、釜揚げなのでこちらは熱いうどんだ。
玉子の黄身のとろとろ感が程よく麺に絡まっていて旨い。
ただ、やはり麺は冷たい麺のほうが、ここのうどんは美味しいなと、
生醤油と食べ較べた感じではそう思いました。

二玉はかなり量が多い感じもあるが、すっとお腹に入ってきた。
630円という値段で、この美味しさ、この量は非常に魅力的である。
また、梅田の店でも食べようかな。

住所:西宮市田中町1-6エビスタ西宮1F
電話:0798-26-5392
営業時間:11:00~23:00(LO.22:30)

[ 2007/10/17 01:45 ] [B級グルメ]そば・うどん | TB(0) | CM(-)

創作料理・ダイニングバー PLUM(プラム)お初天神店(大阪梅田)

大阪にあちこちこのお店は勢力伸ばしてしますね~
ちょっと半個室っぽく、プライベートを意識したつくりをしております。
そのうちのPLUM「お初天神店」に突入してみました。

plum0.jpg

もう、店に入る前から、非常に女の子受けしそうな外観ですよね~
デート使いにかなりポイント高そう(^^)

plum1.jpg

通された、半個室は非常に落ち着ける雰囲気・・・
こんなことで飲んでいたら、座り心地もええし、
朝まで飲んでいたいって思いますな。
非常にこの雰囲気は大好き!

今回はアラカルトで呑み食べを抑えつつ注文です(^^)

付きだしと食前酒がだされました。
plum2.jpg

この食前酒に選ばれた、梅酒がなかなか美味しい。

ドリンクはやはり高い・・・
グラスのプレミアムモルツが600円やもんな~
いや、この雰囲気で飲むプレミアムモルツはめっちゃ美味しいけどね。

ドリンクの値段の高さの割には、料理はごく普通の居酒屋値段かな。
そんな中チョイスしたのが、これ。

柚子豆冨のすくい奴(330円)
plum3.jpg

値段安めの割には、なかなか凝っていますね。
お皿からして、非常に見た目がよいです。
立ち飲み屋の冷奴とは違いますね。
これが柚子の風味がしっかりしてて、酒のアテは、あっさり薄め味好きな
私にはこれは丁度よい感じです。

明太子だし巻きのサラダ おろし黒酢ドレッシング (580円)
plum4.jpg

またまた凝っております。
黒酢のさっぱり感が、梅酒の甘さとよくマッチしています。

最後にご飯ものをとチョイスしたのがこれ。
鮮やか彩菜具だくさん手巻き寿司(580円)
plum5.jpg

奥から、「アスパラと卵」「海老とチーズ」「豚しゃぶ」ってな3種類。
こいつは失敗でしたね。
元々、創作寿司は好きではない私ですが、これはイマイチ。

まず、この店は雰囲気!!!
この雰囲気にお金を払うって言っても過言ではありません。
ドリンク代金が高いので、がばがば飲んでいるととんでもない値段叩き出すでしょう。
気軽に2杯2品くらいで、軽く2軒目使いにカップルへ、非常にプッシュできる店です。
ここでより親近感を高めませんか(^^)

住所:大阪市北区曽根崎2-5-23
電話:06-6363-1011 
営業時間:月~木17:00~24:00(L.O.23:00)
金・祝前17:30~05:00(L.O.04:00) 土17:00~05:00(L.O.04:00) 日・祝17:00~24:00(L.O.23:00) 
定休日:無休 

[ 2007/10/19 01:00 ] [B級グルメ]居酒屋 | TB(0) | CM(-)

チーズ料理 ラミ・デュ・カマンベール[L'Ami du CAMEMBERT](神戸六甲)

チーズにワイン・・・非常によく合いますよね。
本格的なチーズを堪能しようと思うと、結構な値段しませんか。
そんな中、ランチですと、手ごろな値段で色々なチーズを楽しめる店を見つけました。
ネットのクチコミ評判も結構よかったので、早速2名で突撃!
「ラミ・デュ・カマンベール」です。

kamanbe-ru0.jpg

1Fがチーズ販売店になっており、2Fがレストランというレイアウト。
早速、店内に入ってみると、祝日13時過ぎでもあったので、予約でいっぱいとのこと・・・
待ったら大丈夫か聞いてみたら、30分程お待ちいただきますがってことでOK。
1Fのチーズを色々眺めつつ、待つことにする。
土日祝日は予約必至みたいですね。

kamanbe-ru1.jpg


ランチメニューはこんな感じです。
kamanbe-ru2.jpg

これなら1800円のデザート付きランチがお得でしょうとこれにするが、
メイン料理に指定しようと思った「カマンベールのまるごとチーズフォンデュ」
が売り切れとのこと・・・
仕方なく「おすすめチーズ5種のプレート」と「ピザ」にしました。

本日のパスタ、ピザ、デザート等はご覧の通り。
kamanbe-ru3.jpg

その日は「生ハムとルーコラ」のピザでした。

中も非常に落ち着いていて、隣の席とのスペースもあり、
ゆったり食える雰囲気です。
kamanbe-ru4.jpg

前菜はこんな感じ。
kamanbe-ru5.jpg

非常に綺麗に盛り付けられていますね。
左上がドライトマトとオリーブ
右上がコンキリエタイプのパスタを枝豆・サラミで和えてサラダ風にしたもの
左下が鴨ロースのバルサミコ酢
右下が水牛チーズのまぐろ漬けのせ
です。
これがどれも美味しい!!
味付けがすごくしっかりしていますね。

スープは「かぼちゃのスープ」
kamanbe-ru6.jpg

こちらがセットの「パン」
kamanbe-ru7.jpg

こちらが「生ハムとルーコラのピザ」です。
kamanbe-ru9.jpg

アップ!
kamanbe-ru10.jpg

生地がパリパリサクサクで、ちょっとしょっぱめの生ハムと、
さすがにピザに合うチーズを使っておられるので、味わいがすごく奥深い。

これが5種チーズの盛り合わせ♪
kamanbe-ru8.jpg

やはり見た目がこちらも非常に綺麗に盛り付けられています。
各チーズの説明を受けましたけど、さっぱり忘れた・・・(^^;)
って方でも大丈夫!
帰る時のレシートにしっかり名前書いてくれていました、へへ(^^)

今回の5種はこんなんでした。
一番上に写っているのから、時計回りに説明します。
シャウルス(白カビ)
ヴァルフレ レフォール(フレッシュ)
ステイルトン(青カビ)
タレッジオ(ウォッシュ)
フロマスターマスタード(セミハード)

どれも非常に味わいいいですな~
チーズ好きの私としては、どれもが美味しくいただけましたが、
青カビとか、セミハードはかなり癖があるんで、
駄目な方は、いちじくとか甘いフルーツが一緒にのっているので、
こういう甘いのと食べるのがいいかもしれません。

最後にデザートは「トマトミントゼリー」。
kamanbe-ru11.jpg

さっぱりしていて、濃厚なチーズを食べた後には最適なデザートです。

これだけのチーズ料理を堪能できて、このお値段は結構お得ですね。
量的にもランチとして申し分ないです。
チーズは好きですけど、今回非常に勉強になりました。
次は是非チーズフォンデュ!食べたいですな。

住所:神戸市灘区高徳町1-2-11 チーズショップカマンベール2F
電話:078-846-5300
営業時間:
[ランチ] 11:30~14:00 [カフェ] 14:00~17:00 [ディナー] 18:00~22:00(LO21:30)
定休日:年中無休(年末年始を除く)
↓お勧めリンク↓

今夜は家でワイングラス片手に萬古焼和風チーズフォンデュセット


[ 2007/10/21 00:12 ] [B級グルメ]定食・ランチ・カフェ | TB(0) | CM(-)

たこ焼きの元祖 本家 会津屋(大阪梅田梅三小路内)

たこ焼きは、昭和8年、ここ「会津屋」の初代店主「遠藤留吉」さんが、
肉、コンニャクなどを入れて焼いたラヂオ焼がはじまりだと言われています。

本店は玉出にあって、岸里、などにも支店があり、
そして今では通販でも売っています。

aiduya0.jpg

美味しんぼ77巻の「本物のたこ焼き」というエピソードでも、
ここのたこ焼きが取り上げられているくらいです。
その「会津屋」の梅田にあるお店に行ってきました。

こちらがメニュー(クリックで拡大)
aiduya1.jpg

そのお値段は12個で400円ですから、まあ普通でしょうか。
また注文焼きやセット、お持ち帰りなどの商売工夫もわかりますね。

たこ焼きにはソースはつけない、生地に出し醤油を染み込ませたものを
基本としています。

こいつが15個500円、たこ焼き・・・見た目が地味でちっと小ぶりですな。
aiduya2.jpg

まったく、鰹節粉も青海苔もかかっていない。
ただ、外側の生地は乾いた感じに焼き上げていて、
中はトロトロしてて、なかなかいい感じ♪
しかし、イマイチ、生地自体の味が薄い感が・・・
いや、私はたこ焼きの味はソース味っていうのが頭にあって、
食べてるからだと思いますが。
あっさり明石焼きやと、出し汁にべたべたつけるので、
その風味が生地に染み渡るから、明石焼きも好きなんですけどね。
これはちょっとあっさりし過ぎ。

こういう出し醤油のみの味付けは、大阪ではあちこちあって、
福島「龍馬亭」
天満「うまい屋」
西九条「潮」

などがあるが、私的には「潮」が一番好みかなあ~
(各リンク貼っています)

ソース味のたこ焼きに慣れた方にはちょっと物足りないと思います。
ただ、たこ焼きとは本来こういう味なんだなあ~
ほんわり優しい味が好きな方いかがでしょうか。

住所:大阪市北区梅田 3-2-136 梅三小路内
電話:06-6346-3444
営業時間:平日:11:00 ~ 22:00 土日祝:11:00 ~ 21:00
定休日:不定休(梅三小路の休日に準ずる)

(本店)
住所:大阪市西成区玉出西2-3-1
電話:06-6651-2311
営業時間:平日:10:00 ~ 20:00 土日祝:9:00 ~ 20:00
定休日:第2水曜日

[ 2007/10/24 00:38 ] [B級グルメ]大阪の味 | TB(0) | CM(-)

炭火焼 梅田酒場 情熱ホルモン(大阪梅田)

ホルモン280円の文字が非常に魅力的なお店。
同じ系列店があちこちにありますね。
あまりこういうチェーン店には行かない主義なんですが、
その安さからどんなんやろって思い、
梅田にあります「情熱ホルモン」に行って来ました。

jyounetuhorumon0.jpg

平日、月曜にも関わらず、店内は満員。
2人連れ女性の姿もちらほら見られ、店はかなり
入りやすい雰囲気ですね。

メニューを眺める。
jyounetuhorumon1.jpg

280円のメニューもあるが、380円の価格帯が一番中心。
けど安いし、種類が豊富にありますね。
赤身の肉もちゃんと揃っている。

こっちはお酒。
jyounetuhorumon2.jpg

電気ブランがおいているのが、この店の雰囲気とぴったりきますね。
あと焼肉らしく、マッコリと真露もおいてある。
値段的にはまあ普通よりちょっと安いかなって設定。

そんな中から、お得なセット「まぜホルモン」(680円)を選択。
jyounetuhorumon3.jpg

これはその日のおすすめ3種にキャベツがついてきます。
「シロ」(小腸)と「コリコリ」(動脈)と、も一つなんだったか忘れた(^^;)

前にどかんと七輪がおかれて、炭火でホルモンが焼けます。
これがときたま、ファイヤーを起こして、氷で消すことも(^^)
ホルモンの油がどうしても滴り落ちますからね。

味自体はまあ普通か・・・けどこの値段にしてはいい感じではある。
あちこちに店はあるので、ホルモン食べたいっ!って時に、
手軽に利用できるのでなかなかいいとは思います。
たっぷり食べても、そんなびっくりするような値段はいかないですしね。

住所:大阪市北区角田町6-5-2F
電話:06-4709-6363
営業時間:17:00~5:00(L.O.4:00)/日祝17:00~1:00(L.O.24:00)
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

松阪牛贈答用霜降り焼肉特選ロース(サーロイン)+焼肉用特選カルビ500g


[ 2007/10/26 00:05 ] [B級グルメ]焼肉・焼き鳥 | TB(0) | CM(-)

カレー専門店 勝勝[かつしょう](兵庫尼崎杭瀬国道2号線沿い)

尼崎で有名なカレー専門店の噂は聞いていました。
なんでも、2001年ぴあグルメランキングのカレー部門、
読者投票ランキングでトップにたった店とのこと。
阪神尼崎方面にでる用事があったので、その際に寄ってみることにしました。
「カレーの勝勝」、勝勝と書いて、かつしょうと読みます。

店の表風景はこんな感じ・・・
katsusyou0.jpg

あれって思いました?(^^)
そう実際は、店は2階にあって、脇の階段から上がるんですよ。

その表側にはこんな看板が。
katsusyou1.jpg

うーーん、6年も前の過去の栄光を売りに出してるのは、
ちょっと嫌な予感・・・

katsusyou2.jpg

1階の階段を上がる横には、簡単なメニューと、
お店の中の感じやら、カレーの写真、営業時間等があって、
雰囲気がすぐにわかるよう工夫されています。

入って、メニューを開く。
katsusyou3.jpg

まあ、メニュー開かなくても、頼むのは決めていましたけどね(^^;)
基本、ビーフカレー大好き人間なので、
ビーフカレー(600円)で、大盛り(+150円)にしました。

出来上がりはこんな感じ。
katsusyou4.jpg

丼に入ってでてきましたぞ(^^)
そう、実はここの普通盛りって、かなりご飯の量が少ないって、
聞いてたので、最初っから、この大盛りにするつもりでいました。

丼の深さはご覧の通り。
katsusyou5.jpg

ちょっと浅めなので、実際のご飯の量は、あまり大したことないです。
前に食べた「喫茶ポプラ」の3分の1くらいかな~
あれは強烈ですから(^^;)
喫茶ポプラの記事はこちら!

さて、そのランキング1位のカレーをご飯と一緒に一口・・・
んん~スパイシーさが全然ありません。
家庭でつくるカレーって感じ。
それを結構工夫して、味を整えたって感じでしょうか。

いろんなスパイスどばどばのカレーが大好きな私には、
このカレーはイマイチ・・・
「ミンガス」なんかが好みの私ですから。
阪神梅田「ミンガス」の記事はこちら!

これだけの有名店が、平日お昼12時前だっていうのに、
客がずっと私1人だったんですよね。
カレー専門店なのに、この家庭的な味はどうかな・・・、
リピーターはあんまし出ないんじゃないかなって思います。
これなら「CoCo壱番」のカレーへ、私はいっちゃうな~

あ、スパイシー苦手で、家でつくるカレーが大好きな方には、
この店合うと思いますよ。
お店の方も非常に愛想のいい方で、気持ちよく食べることできます。

住所:尼崎市杭瀬本町3-2-21
電話:06-4868-2228
営業時間:昼の部11:30~14:45 夜の部17:00~21:00 
定休日:不定休(月に1度ぐらい)

[ 2007/10/27 09:28 ] [B級グルメ]丼・カレー | TB(0) | CM(-)

大喰いにチャレンジ! すき家 メガ牛丼(大阪梅田東店)

今年初頭、一斉風靡した、マクドナルドのメガマック・・・
ジャンキーなグルメ家なら、一度は口にしたでしょう。
私もそうです。

そしてちょっとキーワードランキングに気になる言葉を見つけました。
「メガ牛丼」??
はて、「吉野家」が特盛のさらに上にこんなメニューつくるのかいなと
思って検索すると、「すき家」であった。
牛丼界の王道いく「吉野家」はこんなことはせんよね。
うん、「すき家」らしいなって思いました。

で詳しく内容を見ていたら、牛肉の量は並盛の3倍!!
そしてご飯の量は大盛りだそうな。
まあ、この量なら大したことない、酒飲んだ帰りにでも食えそうだと、
天満で結構飲み散らかした後に、梅田までぶらぶら歩いて、突撃!です。

megagyudon0.jpg

おおー店頭には、メガ牛丼680円が650円の文字が!!
早速入って、メニュー見ることもなく、「メガ牛丼」って注文。
この値段なら、吉野家の特盛、630円でも変わらないですからね。

出来ました!!メガ牛丼!!
megagyudon1.jpg

んんんん・・・・しかし見た目のインパクトが全然ない。
まあ、そりゃ、下のご飯はもともとは大盛サイズですからね。

とりあえず、食っていく。
けど、私はあんまし、「吉野家」以外の牛丼はどこも好きではない。
味が濃すぎるのだ。
それはここ「すき家」の牛丼にでもいえる。
「吉野家」でも「つゆだく」なんて食べ方は絶対せえへん私には、
やはりここの牛肉の味付けは濃すぎる。

ようやく3分の1くらい食べた。
megagyudon2.jpg

けど、やはり牛肉の量が、ご飯の量に比べて非常に多い。
いくら、牛肉含量を多くしてご飯を食べても、牛肉だらけ。
箸を丼にくぐらせても、牛肉がたくさん、付随してくる。

酒飲んで、たらふく食ってきたので、かなり食べるのには苦労したが完食。
ただ、お昼のランチなんかに食ったら、楽勝のレベル。
私は朝からでもこれは食えるだろう。

やはり追随商品は期待できませぬな。

↓お勧めリンク↓

【絶対満足だね♪】吉野家よくばりセット人気の牛焼肉丼の具と豚丼の具をセット!
[ 2007/10/28 12:21 ] [B級グルメ]丼・カレー | TB(0) | CM(-)

立ち呑み処 ちびちび(神戸JR六甲道)

JR六甲道が最近、安くて良い呑み屋が増えているとは、約1年前から聞いておりました。
その中でも、非常に評判のよい店がここです。
「ちびちび」に今回行ってきました。

chibichibi0.jpg

店前の造りは非常に女の子でも入りやすい雰囲気ですね。
蔵をイメージしたような感じでお洒落な雰囲気。

chibichibi5.jpg

また中もコの字型ではあるが、非常に大バコで、詰めたら50人は入れそうです。
中に入ると女性の姿をたくさん見かけました。

酒の値段は以下の通り。
chibichibi1.jpg

まあ、立ち飲みとしてはごく普通の値段でしょうか。

本日のおすすめはこんなの。
chibichibi2.jpg

魚を中心に結構凝った料理も多いですね。
この中から「地鶏造りを盛り合わせ」(580円)でいただきました。
chibichibi4.jpg

ササミと肝とズリが並んでいます。
こうやって並べると色合いがすごく綺麗ですね。
またどれもが新鮮で美味しい!
ただ2人で食べるにはちょっと量が多かったかな。
けど、この値段でこれだけのもん出すとはすごく立派。
鶏料理の専門店行けば、確実に1000円とられますよ。

続けて「シマアジのお造り」(480円)。
chibichibi3.jpg

これまた新鮮!コリコリとすごく身が締まっている。
この値段はやはり非常にお得です。

さて、ビールも呑み飽きたので、地酒にしましょうか。
(写真ピンボケ^^;)
chibichibi6.jpg

地酒の揃え方は、非常に有名処をソツなく揃えているって印象。
そんな中からこんなお酒があると聞きました。
chibichibi8.jpg

「秋鹿の霙模様」、微発泡のにごりです。750円。
これはなかなかお目にかかれないですね~
あと「田酒」が残り少ないってことで、サービスでいただく。
ありがとうお兄さん。

やはり地酒の美味しいのは味わい深いっ♪
chibichibi7.jpg

これだけのアテを取り揃えておられるのは、
非常に興味深く、また他のアテを食べたいって気持ちに
させてくれる店である。
次、いつ行こうかな(^^)

住所: 神戸市灘区備後町5-3-1 ウエルブ六甲道一番街113号
電話: 078-841-9888
営業時間:16:30~23:30
定休日: 日・第2土休
↓お勧めリンク↓

秋鹿 純米大吟醸 雫酒 【限定】45%精米 1800ml


[ 2007/10/30 01:16 ] [B級グルメ]立ち呑み | TB(1) | CM(-)

たこ焼きワゴン屋台 たこ市(兵庫神戸JR六甲道)

JR六甲道駅近くの、とある居酒屋さんで飲んでて、
最後たこ焼きで〆たいなあと思い、
その店の店員さんにJR六甲道あたりで、
ええたこ焼き屋はないかと聞きました。

すると、JR六甲道駅西側の高架下で、
ワゴン車を使ってたこ焼き屋やってる方がいらっしゃる
とのことで向かいました。
「たこ市」という名前だそうです。

その場所に行くと、いました!
ワゴン屋台のたこ焼き屋さんです。

takoichi0.jpg

以下の写真のような感じで、出店されています。
takoichi1.jpg

たこ焼き8個で400円です。
またソースの味等、いろいろ選ぶことができます。
今回、どろソースとマヨネーズで選びました。

近くのバスターミナルにて、いただくことにする。
できあがりはこんな感じ。
takoichi2.jpg

真ん中に一直線にマヨネーズがドバーっとかけられており、
マヨネーズ少な目の方が好きな私には、
ちょっとのけつつ、食べましたです。

生地はけっこう柔かめで、中を割ってみると、たこが結構大きい。
生地の味付け自体は、まあ屋台のたこ焼きって感じですが、
どろソースが結構辛目で、辛いの大好きな私にはちょうどいい。

飲んだ後に食べるたこ焼きとしては結構よかったです。
また、JR六甲道近隣の方は、お土産としてお持ち帰りしても
いかがでしょうか。
家族に喜ばれると思いますよ。

たこ市 (たこ焼き / 新在家)
★★★☆☆ 3.0

[ 2007/10/31 00:28 ] [B級グルメ]大阪の味 | TB(0) | CM(-)