立ち飲み 二升五合[ますますはんじょう](大阪京橋)

京橋をぶらぶら歩いていると、生中「260円」の文字が目に付いた。
まずはビールから飲もうと思っていたので、もう即決しましたね。
「二升五合」と書いて、「ますますはんじょう」と読みます。

masumasuhanjyou0.jpg

入り口が狭くて、ずーーっと奥に入っていくのだが、その奥はかなり広い。
めいっぱい詰めて立てば、50人くらい入れるのではないだろうか。
ゆったりでも30人は立てるだろう。
結構大バコの立ち飲みである。

masumasuhanjyou1.jpg

まずは「生中」と頼むと、「ビールですか?発泡酒ですか?」と聞かれる。
あ、260円は発泡酒の値段ね。では安くあげるために「発泡酒で」(^^)

それにプラスしてアテは「ねぎとろ」(250円)を頼む。
masumasuhanjyou2.jpg

発泡酒は「キリン淡麗」、きちんとした大きさのジョッキでこの値段は納得。
ねぎとろもなかなか旨い、まあネギトロくらいはどこで食べても
あんまし味は変わらないですけどね。

店内を見渡していると、メニューがあちこちに貼り付けられている。
masumasuhanjyou3.jpg

まあまあ、立ち飲みでも安いほうの部類に入りますね。
それにすごくメニューが多い。
他の客が頼んでいるものを眺めては、値段と見比べて楽しむ(^^)

あと、お昼は椅子をだして、定食もやってるんですね。
masumasuhanjyou4.jpg

これでこの値段は安いですな。
さすがは京橋、この値段でないと勝負はできないんでしょう。
480円なら1回食べてみたいです。

発泡酒を更に2杯呑みつつ、なすのピリ辛煮(150円)をいただく。
これは安くて、ちょっと凝ったアテっぽいので、この店の実力を
味わおうと頼んでみました。

masumasuhanjyou5.jpg

煮込んでいるから、時間がかかるかと思いきや、わずか5秒で手元に。
まあこういうのは小料理屋と一緒で、あらかじめ作っているのは分かっていたけど、
レンジでチンするかなと思っていたのでね。
冷たいままで出てきました。
ん~冷たいんはダメじゃない?って思ったが、意外にこのひんやり感に
ピリリとした辛さが結構旨い。
なかなかええやん。

発泡酒3杯に2品で1180円、安いね~
どうかな?と思って入ったが、結構いけてる店であった。
長居ができる店ではないが、接客もしっかりしてるし、好感がもてる。
さっと1軒目でまた利用したいですね。

住所:大阪市都島区東野田町3-9-20
電話:06-6352-6676 

↓お勧めリンク↓

脂ののった天然マグロのみ使用したネギトロ用たたき!500g!


[ 2007/11/02 00:59 ] [B級グルメ]立ち呑み | TB(0) | CM(-)

ランチバイキング レストラン アルカイック(兵庫尼崎総合文化センター)

色んなものを少しずつ、たくさん食べるのが好きな私。
ゆえにバイキングで食べるのが大好きなんですね~
そんな中、結構お得な値段のランチバイキングがあるではないか。

alkaikku0.jpg

平日は880円、休日でも980円という1000円いかない安さ。
これは手軽に利用できますね。
ちょっと休日の昼下がりに行ってきました。
アルカイックホールの南側、尼崎総合文化センターの2Fにある、
「レストラン アルカイック」です。

ランチバイキングの看板、11:00~14:00までです。
alkaikku1.jpg

13時前に到着したので、あんまし時間ないです。
ちゃっちゃと食べちゃいましょう。

中に入ってみると・・・
alkaikku2.jpg

めちゃくちゃ広いですね~
総勢100人ちょっと収容できるらしいです。
各テーブルの間もゆったりスペースとってくれていて、
非常に落ち着いて食べることができます。

ドリンクバーもバイキング料金に含まれます。
alkaikku3.jpg

ウーロン茶、紅茶、コーヒー、ほうじ茶はホット、アイスとも飲み放題。
別料金とるとこもあるが、この値段で込みにしてくれるのは立派。

和惣菜があっさりした感じで並んでます。
alkaikku4.jpg

そんな中、まず食ったのがこれ。
alkaikku6.jpg

その日のおすすめ「焼きうどん」でした。
しかし。。。これは出来上がってから、しばらく経っているのか、
もう、うどんがパサパサに乾ききっている。
美味しくなかったです。

そして次はこれ。
alkaikku7.jpg

バイキングと言えば「カレーライス」でしょう♪
近くに「トンカツ」もあったので、これと合わせて「カツカレー」にしました。
それと「水餃子」に「コーンスープ」。
このカレーがバイキングのカレーにしては結構コクがあって旨い。

さて、まだまだ取ってきます。
alkaikku8.jpg

蕎麦の上に海老天をのせて、天ぷらそばにしてみたりしました。
この海老天が冷めているのにも関わらず、結構美味しかった。
逆にデミグラスソースのついた、ハンバーグは塩っ辛いのなんのってまずさ。

あと全体的に薄味の料理が多いなって思いました(ハンバーグ以外)。
だから、ファミリーより、結構お年を召した年配の方のお連れ同士が多かったです。

さあ、野菜も食べて・・・
alkaikku5.jpg

最後にデザート。
alkaikku9.jpg

アイスコーヒーにパイナップル、そして!
「クリームビュフレ」(プリン)!!
これが中がトロトロしててめちゃくちゃ美味しい!!
甘いものがそんな好きではない私でも今日の1番に挙げます。

この値段ならまあ、元はとったかなって感じ。
ただ、終了の30分前の13時半くらいになると、もう新しい料理はでてきません。
メロンなんかは出されたら、みんな群がって、あっちゅう間になくなりました。
じっくり12時前から攻略したほうがええですよ。
13時半くらいに入ってきた方達はなんもなくて可哀想でしたもん。

住所:兵庫県尼崎市昭和通2-7-16 尼崎市総合文化センター2F
電話:06-6483-4535
営業時間 ランチ11:00~14:00(L.O.)
定休日:火曜 
ランチバイキング値段:平日880円/土日祝980円(子供は半額)
総席数:110席

レストラン アルカイック (バイキング / 尼崎)
★★★☆☆ 3.0

[ 2007/11/05 00:20 ] [B級グルメ]バイキング | TB(0) | CM(-)

たこ焼き 十兵衛(大阪東三国駅前南店)

地下鉄の東三国の駅を南側にでて、すぐのところにあります。
おっこんなとこにたこ焼き屋あるやん。
店も結構清潔で、入りやすい雰囲気であったため、
ちっと軽く昼飯にと寄ってみました。
たこ焼きの店「十兵衛」です。

jyube0.jpg


店内もやっぱり綺麗。
jyube1.jpg

ほんと清潔にされていますね。

さーて、どういう頼み方しようかとメニューを睨む。
jyube2.jpg

ん?たこ焼き10個400円?結構高いんじゃ?って値段。
この値段なら15個500円ってのがお得に見えますね。
しかし初めて、味のわからん店で15個は食えないので、
ここは、10個で注文しました。
で、あとちょっと怪しげに思ったのは、味付けを色々選べるとこ、
こういうんやってるたこ焼きってあんまし美味しいとこないんですよね。
その味付けでごまかそうとしてる感がしてね。
普通に「ソースマヨ」にしてみましたよ。
で忘れたのが「ネギ」無料でトッピングしてくれるってとこ!
ネギ好きの私は頼んだ後で、これ悔やみました。

出来上がりのたこ焼き10個です。
jyube3.jpg

見た目は小粒のたこ焼きで、あんまし美味しくなさそうって感じ?
食べてみると、うーん、生地の焼き加減が非常にまばらです。
うまいことひっくり返してないですね~

中を割ってみると、こんな感じ。
jyube4.jpg

中のぐちゅっと感は私好みだが、外の焼き加減がね・・・
それに蛸もちっちゃい。

お昼下がりであったにも関わらず、全然人入ってなかったし、
お持ち帰りの客も来なかった。
潰れずにやっていけるんかいな、この店。

住所:大阪府淀川区宮原59-21岡本ビル1階
電話:06-6350-7372
営業時間:平日11:30~23:00 日11:30~18:00
定休日:土曜

十兵衛 東三国駅前南店 (じゅうべえ) (たこ焼き / 東三国)
★★★☆☆ 2.5

[ 2007/11/06 23:21 ] [B級グルメ]大阪の味 | TB(0) | CM(-)

洋食・オムライス 御影公会堂食堂(兵庫御影)

昭和8年建造という、太平洋戦争時も焼けずに残った建築物が御影にあります。
国道2号線と石屋川の交差する北東の位置にある「神戸市立御影公会堂」。
これだけ古いと、レトロだというよりも、古めかしくて老巧化が激しいと
言わざるえませんが・・・
ここの地下1階にその創設当時から営業している洋食屋があるんですね。
リーズナブルな値段で、オムライスを中心に評判の店です。
「御影公会堂食堂」です。

mikagekoukai0.jpg

さて、晩御飯どこにするかな~
フレンチやイタリアンのディナーは高いしな~って思っていたところ、
洋食なら、御影公会堂食堂は夜やってるんじゃないかと調べてみると、
夜21時までやってるじゃありませんか。
車を置くスペースもあるんで、早速神戸方面に車を走らせる。

地下1階に行くと・・・
mikagekoukai1.jpg

ペンギンが出迎えてくれました(^^)
外側の陳列メニューを前に同行者と悩む・・・

メニューはこんな感じです。(クリックで拡大)
mikagekoukai3.jpg

まず「オムライス」は絶対に頼むやろ~
あとビーフシチューも食べたいな~
オムハヤシってのもあるで。
単品でのセットってのも組み合わせとしてはありやな。
悩む、悩む(^^;)

で、2つ決めて、入店。
日曜の夜でしたけど、めっちゃすいています。
mikagekoukai2.jpg

やはりここはランチに食べに来る人が多いんでしょうね。
私らがいた間にはもう1組ファミリーが食べに来ただけでした。
しかし、写真で撮ると、レトロ感溢れる豪華な造りですが、
実際はかなり老朽化しております。

そんな中、頼んだものは・・・
まずはオムライス!(650円)これは欠かせないでしょう。
mikagekoukai7.jpg

出てきたのは、至ってシンプルなオムライス。
チキンライスをオーソドックスに卵で包んだだけです。
ただケチャップをかけるのではなく、トマトソースであるのが、
家庭のオムライスと違うところですね。
さて、これを一口・・・うん、やっぱり見た目そのまま(^^)
昔、食べたお母さんのオムライスって感じです。
ただ、トマトソースが酸味あるので、甘くなくさっぱり感を出しています。

もう一つ頼んだのはBセット!(1600円)。
mikagekoukai5.jpg

「エビフライ」と「ビーフシチュー」がセットになっていて、
ライスとスープとサラダ、ドリンクがついてきます。
これとオムライスを2人でシェアして食べるわけですから、
一人1000円ちょっとで色んな味が楽しめますよね♪考えましたでしょ(^^)

コーンスープ・・・
mikagekoukai4.jpg

普通の味です。

mikagekoukai6.jpg

そしてビーフシチューを・・・んんん・・・味がない。
シチューにあんまり味がついていないんですね。
肉自体は美味しかったのに残念。
海老フライは、これは身がプリプリのええ海老でした。
肉といい、素材はええもん使ってるなって印象。

最後にコーヒーを飲んで一息・・・
mikagekoukai8.jpg

ホント30年、40年前にいるような雰囲気です。

オムライスといい、エビフライとビーフシチューセットといい、
そんな味自体は美味しいってもんではない。
ただ、応対してくれた店員さんも、非常に愛想のいい方でしたし、
食事を楽しむ空間としては、すごくいい雰囲気を味あわせてもらえました。
食べた後に顔のほころぶ時間をありがとうです(^o^)/

御影公会堂食堂 (みかげこうかいどうしょくどう) 
住所:神戸市東灘区御影石町4-4-1 御影公会堂B1F
電話:078-851-2959 
営業時間:[月]11:00~14:00 [水~日]11:00~14:00 17:30~21:00
定休日:火曜
↓お勧めリンク↓

↑こんな半熟オムライスのセット↑


[ 2007/11/08 00:01 ] [B級グルメ]定食・ランチ・カフェ | TB(0) | CM(-)

海鮮居酒屋・海鮮丼 一味禅(大阪谷町6丁目)

大盛り海鮮丼のお店として、
マスコミでかなり取り上げられているお店です。
地下鉄谷町線谷町6丁目の駅から北へ徒歩5分くらいかな、
本格的に飲む前の腹ごしらえとしてやってきました。
「一味禅」です。

ichimizen0.jpg

店頭にあるメニュー。
ichimizen1.jpg

海鮮丼だけでなく、天丼も量がおおいです。
あとこの丼はランチメニューのみで、夜は居酒屋一品メニュー
のみとなります。

土曜午後1時過ぎに行ったのですが、こんなビジネス&住宅街なのに、
たくさんの人、人、人・・・
この店の人気っぷりが伺えますね。

これが店内にあるメニュー。
ichimizen2.jpg

今回二人で訪問の為、一人はその名物「海鮮丼」(1050円)にして、
もう一人はウニが箱ごと出てくるという「うに丼」(1050円)にして、
ネタを分けようではないかと決めた。
(両方とも味噌汁付きです)

まずはこっちが「うに丼」(1050円)
ichimizen4.jpg

ご飯の上に木箱のまんま、ウニが盛られている(^^)
思ってたほど、ご飯は大盛りではないが、このウニの量はええですね~
さて、一口・・・あまり感動がないです・・・
北海道、ノシャップ岬「樺太食堂」で食べた、ウニもご飯もてんこ盛りの
「ウニだけウニ丼」(3500円)と比べると・・・
まあ、値段が3倍以上違うから、違って当たり前なんですけど。
北海道「樺太食堂」の記事はこちら!

そして、こちらが「海鮮丼」(1050円)
ichimizen3.jpg

鮪、はまち、鯛、いくらなどなどこちらも具材がてんこ盛り。
ただ、思ってたほど、こっちもでかくはないなあって感じ。
海鮮丼はやはり本場の北海道で食べたのが印象いいからな~
余市「海鮮工房」の「いくら丼」もよかった・・・

海鮮丼から何切れかいただき、まぜまぜして、喰らいます。
(右下は味噌汁です)
ichimizen5.jpg

生の海鮮関係は、私は大好物ですので、あちこち食べています。
北海道旅行でも旨いな~って思った海産物はたくさんあります。
なので、ここの丼は期待してたほどの感動はなかったです。

海鮮丼食べるなら、値段と旨さと量のバランスを考えれば、ここですね。
余市「海鮮工房」の記事はこちら!
北海道ですけど・・・(^^;)

住所:大阪市中央区谷町5-6-4
電話:06-4304-1621 
営業時間:(ランチ)11:00-14:30(ディナー)17:00-22:30(LO21:30)
休日:日、祝
↓お勧めリンク↓

スペシャル海鮮セット


[ 2007/11/10 03:46 ] [B級グルメ]丼・カレー | TB(0) | CM(-)

梅田で立ち飲み 赤垣屋(梅田ホワイティ)

梅田で軽く一人で1杯寄るときはいつもここを利用します。
阪急からでもJRからでもすぐに帰られる距離なので、
交通の便もいいですしね、「赤垣屋」です。

ここはまず生中(淡麗)が300円と安いのが魅力。
結構な大きさのジョッキで提供してくれます。

まずは「野沢菜とキャベツのわさび漬」(150円)
akagakiya01.jpg

これ先に半分食べちゃいました・・・(^^;)
しかし、それほど食指ののびる味でしたね。
いい具合にピリリと漬けられていて、
ビールのアテに納得のあっさりさ。

そして赤垣屋の名物と言えば「どて焼き」(1本80円)ですな。
akagakiya04..jpg

ちっと甘めの味付けで、こってり感があります。
正宗屋の天満店なんぞと同じような味。
一味をかけて、これまたピリリと味付けてどろっとした感じを
ビールで拭うのが爽快ですな。

薩摩揚げ(180円)・・・
akagakiya03.jpg

これも値段の安さが魅力的♪
ここ「赤垣屋」は小鉢、1個1個が一人用に盛られていて、
量が少ないのですが、この薩摩揚げは値段に似合わず、
結構ボリュームあります。

串カツ(ウィンナー・鰯、各100円)
akagakiya02.jpg

うーん。。。この串カツは今一歩か・・・
特に鰯はなんで細長く丸いの??
全然魚の形をしていないんが気に食わない。

これだけ食べて、ビール(発泡酒だが)3杯飲んで、
1500円強って値段はやはり安いです。
梅田には数々の呑み屋がありますが、その中で
ここをリピートしてチョイスするには、
それだけの魅力があるってことですね。

住所:大阪市北区梅田地下街2-5
電話:06-6312-0196
営業時間:
平日・土・祝 9:00~22:00(LO 21:45)
日 9:00~21:30(LO 21:15)
定休日:第3木曜日
↓お勧めリンク↓

お買い得10パックセット!!送料無料 日本一の「どて焼き」だと絶賛されています!


[ 2007/11/12 00:01 ] [B級グルメ]立ち呑み | TB(0) | CM(-)

大喰いにチャレンジ! 定食 ごはんやさん朝昼晩(大阪東三国)

大阪東三国界隈を歩いていると、ご覧のようなメニューのある店を見つけた。

朝昼晩 デカとん

「デカとん」!!!これが500円!!!
結構安いやんと、躊躇なく突入です。
「ごはんやさん朝昼晩」です。

朝昼晩 デカとん

店の中に入ってみると、いかにも大衆食堂って雰囲気。

カウンターにはセルフでとるおかずがいっぱいあるし、
どれもが安い。

けど、私の目当ては「デカとん」である。
おばちゃんに一息つく間もなく「デカとん」って注文。

で出来上がってきたのがこんなの。
朝昼晩 デカとん

まあ、上に写ってる箸の大きさと比べてみてくださいな。
横幅も箸よりもさらに幅があるが、縦幅もそうとうなもんである。
その下にはご飯が敷き詰められているが、これも相当な量(^^;)

で、一口食べてみると、このトンカツがなかなかジューシーなのだ。
うん、衣はさくっと揚げられていて、肉厚もええ按配で美味しい。

朝昼晩 デカとん

このトンカツをおかずに、ご飯を腹いっぱいに食らう。
しかし、ようやく中盤に差し掛かった頃から、味に飽きがでてくる。
さすがの私もこのとんかつとご飯だけの単調な組み合わせはつらい。
色々な味が楽しめると、いくらでも食えるんやけどね。

けど、いつものように完食!
しかし、これをお昼に食べると、夜はなんも食べなくてもええようになりました。
量は多いけど、しっかり美味しかったので、また飢えて、夜を食べなくても
ええときに、しっかりまた食べに行きたいですね。

↓お勧めリンク↓

黄金色のチキンカツ(1枚)


朝昼晩 (アサヒルバン) (定食・食堂 / 東三国)
★★★☆☆ 3.0

[ 2007/11/13 00:15 ] [B級グルメ]定食・ランチ・カフェ | TB(0) | CM(-)

立ち呑み処 純情や(兵庫尼崎立花)

JR立花駅北側、すこし東側にある立ち飲み屋・・・

jyunjyouya0.jpg

以前から気になっていたのだが、今回ようやく訪問できました
「純情や」です。
ドリンクはビール280円、酎ハイ280円という値段。
この値段なら入りやすいですな。

コの字型のオーソドックスなカウンター形式。
いかにも正統派立ち飲みという印象だ。
さーて、今日のおすすめとメニューを拝見。

jyunjyouya1.jpg

jyunjyouya2.jpg

うん、この地での立ち飲みとしてはこんな値段か。
若干低め、特に串カツ80円というのが安く感じる。

まずはその串カツを豚肉、うずら、じゃがいも(各1本80円)をいただく。
jyunjyouya3.jpg

うーん・・・この串かつは失敗でしたな~
すごく衣が粗くて、ガサガサ感があり、どうにも味気ない。
ソースはちょっと薄めのソースだが、これもまた味気ない。
全く、串カツ独特のジューシーさが感じられなかった。

では串カツ以外のものをと、肉じゃが(250円)を注文。
jyunjyouya4.jpg

これは結構美味しかった(^^)
よーくツユが肉とじゃがいもに滲みこんでおり、味わいが深い。
250円という値段にしてはなかなか。
けどちょっと量が少なかった。

もう1品「まぐろ山かけ」(350円)を追加。
jyunjyouya5.jpg

これはまぐろの含有量が少なかった・・・
とろろばかりって感じ、これで350円は高いぞ。

全体的にやはり正統派立ち飲みというイメージ、そのものの店であった。
店員の方の愛想もよく、非常に入りやすいと思う。
ただアテを色々揃えてる割には弱いかなって印象。
ちっと独自性、個性があんまりないと思います。
仕事帰りにふらりと1杯におすすめ1品という使い方が有効でしょうか。

↓お勧めリンク↓

まぐろ刺身詰合せセット


純情や (立ち飲み居酒屋・バー / 立花)
★★★☆☆ 3.0

[ 2007/11/15 00:01 ] [B級グルメ]立ち呑み | TB(0) | CM(-)

ナポリの薪窯ピッツァとイタリア料理 ドルチェモスカート(兵庫尼崎武庫之荘店)

武庫之荘と宝塚中山寺に本格的なイタリアンを出す割りに、
小さいお子さん連れでも、大丈夫な、ファミリー向けのイタリアンがあります。
今回、その武庫之荘店に子供連れの方と一緒に行く機会があって、
ご一緒させていただきました。
「ドルチェモスカート」(Dolce MosCato)です。

イタリア料理 ドルチェモスカート


夜のコースはこんな感じ。
イタリア料理 ドルチェモスカート

その中でもお得なコースがあって、3人で食べるMangiare Course
[マンジャーレコース]ナポリの前菜盛り合わせ3つ、フランスパンのバケッ塔3塔、
パスタが好きなの2種類、ピザを好きなの1種類、
パエリアorドルチェ3つ、ソフトドリンク3つなんてコースがあるんです。
これで一人2000円弱♪安いでしょ。
今回それにしました。

店内はやはりファミリー層をターゲットにしてるだけあって、
かなり夜でも、明るい雰囲気です。

イタリア料理 ドルチェモスカート

少し飲みたい気分であったので、アルコールは別料金ではありますが、
私はライムサワー(480円)をいただきました。
イタリア料理 ドルチェモスカート

これが前菜3品盛り合わせ。
イタリア料理 ドルチェモスカート

綺麗な盛り付けですね~
ライスコロッケにラタトゥーユ、チキンをトマトで和えたもんかな。
中でもライスコロッケが旨かったです。

これがバケッ塔。
イタリア料理 ドルチェモスカート

これだけでもかなりのボリュームですね・・・
オマール海老バター、博多明太子バター、バナナシナモンバターをチョイスしました。
やはり明太子大好きな私には、博多明太子が一番口に合いますな。
こいつはすごく美味しいです。
このパンをお土産に持って帰る方も結構いました。

まずパスタ1品目、「蟹と海老のカルボナーラ」。
イタリア料理 ドルチェモスカート

これはプラス200円ほど加算のお値段でしたが、
蟹と海老好きな人間がいたので注文。
蟹と海老の風味とカルボナーラの濃厚さが見事にマッチ!!

もう一つはトマト系をと、「なすとほうれん草のミートソース」。
イタリア料理 ドルチェモスカート

こっちはまたミートソースええ感じです。
パスタ、ここ、結構いけてますね。

これはピザ、「カプリチョーザ」。
イタリア料理 ドルチェモスカート

ちょっと厚めの生地のピザ。
けど、さすがにこの前にフランスパンをいっぱい食べていたから、
このピザはちょっと、お腹いっぱいであまり評価できませぬ。

で最後にドルチェにせずに、敢えて「パエリア」に♪
イタリア料理 ドルチェモスカート

このパエリアがめちゃくちゃさいこ~
こんだけ、食べてきても、すっと入る美味しさ。
レモンをぎゅっと絞ってるから、そのあっさり感に、
米の香ばしさ、魚介類の新鮮さ、全てが見事にマッチしてる。

ファミリー4人で行っても、この量ならば腹いっぱいに食べること出来ますし、
イタリアンはちょっと子供が騒ぐから、行けそうにないって場合にも、
この店なら、大丈夫です。
それにリーズナブルに本格イタリアン堪能できますから、
なかなかない貴重な店ですね。

住所:尼崎市南武庫之荘1-17-26エクセレント武庫之荘1F
電話:06-6431-8884
営業時間:17:00~22:30 (ランチは11:00~)
定休日:無休

[ 2007/11/16 00:33 ] [B級グルメ]定食・ランチ・カフェ | TB(0) | CM(-)

元祖ちょぼ焼き本舗(大阪梅田阪神百貨店スナックパーク)

阪神百貨店の地下1Fの食料品売り場には、粉もんやカレー、うどんなど、
そういったものが立ち食いで安価で食べることのできるスペースがある。
そこをスナックパークというのだが、ちょっと本格的に飲む前に、
腹に何か入れておこうかと立ち寄りました。

tyoboyaki4.jpg

さーて、どれにしようか悩んでたところ、粉もん系、
それも安いんがええなと思い、そうなると「いか焼き」かこっちかと悩み、
こっちに決めました。「元祖ちょぼ焼き本舗」のお店です。

tyoboyaki0.jpg

「ちょぼ焼き」はたこ焼きのルーツと言われています。
大正時代に駄菓子屋などで、子供向けに売られていたそうです。

こんな感じで焼いています。
tyoboyaki1.jpg

たこ焼きのように丸くはなくって、ちょっと大きめの四角の形で、
8個分を1枚で焼き上げ、なおかつ浅く、ふわっと丸いふくらみを
出すような感じです。

値段はこんな感じ。
tyoboyaki2.jpg

レギュラーが1枚105円なのは、ホント手軽におやつ代わりに変える値段。
こういのが多いのが阪神百貨店スナックパークの醍醐味です。

今回はそのレギュラーちょぼ焼き(105円)にしました。
味付けは「ソース」か「ポン酢」が選べて、あとマヨネーズを
かけるかどうか聞かれます。

これがレギュラーちょぼ焼き、ソース・マヨネーズがけです。
tyoboyaki3.jpg

見た目はホントにいたってシンプル。
1枚の粉もんの板に、ソースとマヨネーズを塗ったもの。

さて、食べてみよう。
うん、生地の中がとろっとしてて、いかにもたこ焼きって感じ。
中の具材はこんにゃく、ねぎ、しょうが、天かすといった
これまた素朴なシンプルな素材なので、よく言えばあっさり、
悪く言えば、味気ないといったところか。

まあ、いたってシンプルな食いもんです。
キャベツ焼きやいか焼きと比べると、風味がないですね。
ただ、たこ焼き代わりにちょっと手軽に食べるにはいいんじゃないかな。

住所:大阪府大阪市北区梅田1 阪神百貨店内B1F
営業時間:10:00~21:00

[ 2007/11/18 00:08 ] [B級グルメ]大阪の味 | TB(0) | CM(-)

立ち食いそば・うどん 麺家 京都上加茂(JR京都駅ホーム)

立ち食いそばっていうのは、通勤前のちょっとした時間に、
ささっと朝ごはんとして食べるのに重宝します。
京都駅のホームにもありました!「麺家 京都上賀茂」です。

menya0.jpg

「阪急そば」なんぞと違い、いかにも京都らしい蕎麦屋さんですね。
京都駅のホームだからこそ似合うって感じです。

外で券売機で券を買う前金システム。
menya1.jpg

その値段ですけど、まあごく普通の安さ。
かけそばで220円、きつねそばなどトッピング1品で310円です。
ただ、ここ安いのが朝定食(モーニングセット)。
かけそばにご飯と卵付きで300円っていうのは良心的ですね。

これがかけそば(220円)
menya3.jpg

蕎麦はかなり濃い目の色合い。

カウンターの上に天かすがどさっと置いてくれています。
menya2.jpg

セルフサービスでどさっと、蕎麦の上にのせる。
天かすと蕎麦を絡めて食べるの大好きな私にはありがたい。

menya4.jpg

こうやって食べました(^^)
あとネギがいかにも京都らしいですね。
そして、蕎麦を一口・・・うんうん、これは結構風味の強い蕎麦です。
立ち食いレベルで、この美味しさは立派。
そしてつゆも薄味であっさりしとります。

で、こちらがモーニングセット(朝定食)のご飯と卵と昆布。
menya5.jpg

こんだけついて300円はまあありません。
普通350円とってると思いますよ。

立ち食い蕎麦としての安さ、そして、それに見合う旨さがあると思います。
京都で観光等、行動起こす前の朝ごはんとしていかがでしょうか。

住所:京都市下京区東塩小路町657
電話:075-344-6260 
営業時間:7:00~21:15
休日:年中無休
↓お勧めリンク↓

そばの香り高く食べごたえ充分・山形を代表する「田舎そば」です月山板そば 7袋入(14食分)


麺家 京都上がも (うどん / JR京都駅)
★★★★ 3.5

[ 2007/11/20 20:07 ] [B級グルメ]そば・うどん | TB(0) | CM(-)

神戸餃子 イチロー(神戸三宮センタープラザB1F)

神戸餃子といえば味噌がつきものだ。
その中でも白味噌の「赤萬」、赤味噌の「瓢たん」は、
神戸餃子を語る上で双璧と言われる店である。
「赤萬」は、私は店の対応がいい印象を持っていないので、
あまり好きではない。
「赤萬」記事はこちら!

ただ、その「赤萬」で修業された方が開いている店が、
センタープラザの地下にある。
今回そこに訪れてみました「イチロー」です。

ichiro0.jpg

店はカウンターだけ、8席という構成。
非常にこじんまりしています。
さて、そのカウンターに陣取り、今日はもう1軒餃子を
食べに行く予定やったんで、焼き餃子1人前(250円)を
注文するつもりだったが、一人2人前からとのこと。
仕方なく、2人で餃子4人前とビール1本を頼むことにする。
ビールは中瓶で500円・・・ちっと高いですな。

普通にここ1店で食べるなら、定食セットの方がお得ですね。
ichiro1.jpg

餃子2人前とご飯、味噌汁、漬物とビールで980円です。
あとスープ餃子、水餃子(各10個各500円)なんかもあります。

さて、焼き上がりまでに、タレを作りましょう。
ichiro2.jpg

酢と醤油とラー油となんといっても、白味噌!
この味噌を少し舐めてみたが、うんうん、あっさりしてて、
味わい深いです。

結構、ここは焼けるまで時間がかかりました。
10分ぐらいかな~
そして出来上がり!餃子2人前14個です。

ichiro3.jpg

皮はパリっと薄く、そして中がジューシーな赤萬の流れ、
そのもんの餃子です。
これを、私の場合、ちょっと酢を多目で作るのだが、
白味噌の味わい、さっぱり酢の味わいにこの餃子が非常にマッチ!

赤萬の味が好きな方はこちらの餃子をどうぞ♪
きっと満足できますよ。

住所:神戸市中央区三宮町1-8-1 さんプラザB1F
電話:078-334-1660
営業時間:11:30~21:00(LO)
休日:不定休
座席:8席
↓お勧めリンク↓

【小江戸もちもち生餃子 40個入り】


[ 2007/11/23 10:37 ] [B級グルメ]中華 | TB(0) | CM(-)

イタリアン ファットリア ルッカ[fattoria Lucca](神戸摂津本山)

神戸、摂津本山に結構安価な値段で、いいランチを食べることができる、
イタリアンレストランがあるとの噂を伝え聞いて、
今日のランチはここへ突入です。
ファットリア ルッカ(fattoria Lucca)です。

ファットリア ルッカ

まず、メニューを
(さげられようとしたので、慌ててピンボケ^^;)。
ファットリア ルッカ

一番安いコースだと本日の前菜orスープにパスタ、ドリンクついて、850円なんて値段!
2人で行ったので、この一番安いコースで、
1人が前菜を、もう1人がスープをってチョイスで今回攻める。

店内の雰囲気はこんな感じ。
ファットリア ルッカ

昼は日差しが入ってきて、明るい感じであるが、
夜はシックに落ち着いた感じになるんでしょうね。

こちらが前菜。
ファットリア ルッカ

この日は人参とカリカリベーコンのサラダ。
まあ、この値段では前菜はこのサラダでせいいっぱいでしょう。

そして、スープ。
ファットリア ルッカ

ミネストローネ(具沢山の野菜スープ)。
ちょっと私には、味が薄すぎたかなって感じ。
ミネストローネやともうちょい濃厚な味を期待してしまうからね。

パスタはお互い違うのをチョイス(両方ともパン付です)。

牛すじの煮込みトマトソース。
ファットリア ルッカ

おっ!このパスタすごく美味しい~
トマトソースと牛すじの濃厚さが見事にマッチです。

小海老とズッキーニのトマトクリームソース。
ファットリア ルッカ

さっきのトマトソースパスタもよかったが、
更にこちらのクリームソースは絶品!!
小海老の風味が非常によくきいた味わいで、
あっさり感の中に濃厚さが伺える非常にいい味わいである。

デザートにパンナコッタ(220円)も同行者が一緒に注文していました。
ファットリア ルッカ

これも一口いただいたが、納得の味。

店員さんの感じの良い接客、そして一番安いコースなら、
デザートつけて1070円で食べることができ、そしてこの美味しさ。
バランスのとれた、非常にいい店ですね。
パスタがかなり美味しかったから、今度は前菜盛り合わせにしたコース
(1250円)を食べてみようかな。

住所:神戸市東灘区本山中町3-6-23
電話番号:078-436-7155
営業時間:11:30~14:30、17:30~21:30
定休日:火曜

[ 2007/11/25 23:19 ] [B級グルメ]定食・ランチ・カフェ | TB(0) | CM(-)

カレー スバイシー・マサラ(京都JR京都駅構内)

朝からカレーを食べることができる人いますか?
私は、朝からモーニングバイキングでも、
平気でいっぱい食える人間なので、朝からカレー・・・充分にOKです(^^)

さて、今日は朝から京都に出勤・・・
昨日夜は早めに食べて寝たんで、お腹がすいております。
すると、いいスパイシーなカレーの匂いが!
ふらふらっと中に吸い込まれてしまいました。
JR京都駅、新幹線改札のすぐ近くにある「スパイシー・マサラ」です。

spicymasara0.jpg

店の中はカウンターのみ。
spicymasara1.jpg

新幹線の改札外でも改札内でも両方から入れるように、
入り口は2つあります。

で、朝からカレーを食う人間はあまりいないんでしょうね。
朝から開けてる、阪神梅田近くの「ミンガス」もモーニングサービスやってるように、
ここも朝10時まで、モーニングサービスやっていました。
通常670円のビーフカレーが、コーヒー・紅茶などドリンク1杯付きで、
630円と安くなるんですよね。
あとキーマカレーやナンとのモーニングセットがありました。

私は、「モーニングビーフカレーセット」(630円)にします。
spicymasara2.jpg

アイスコーヒーとのセットです。

ビーフカレー・・・
spicymasara3.jpg

店外にはそのスパイシーさが香り漂っていましたけど、
実際に食べてみると、あまりスパイシーさが伝わってこない・・・
うーん・・・ちっと物足りなさが頭をよぎる。
どう言うたらええんやろな~ガツンとくるパンチがないんよね。
「ミンガス」なんかやと、ノックアウトされるようなスパイシーさ。

ちゅうことで、カレー食べつつ。
卓上、取り放題の福神漬とらっきょをぽりぽりと。
spicymasara4.jpg

らっきょ、大好きなんですよ。
カレーの辛さをらっきょが拭ってくれて、そして水を飲む。
うん、いい組み合わせですね。

店名のスパイシーはいったいどこにあるんだろう?ってカレー。
うーん・・・何度も言うが、「ミンガス」レベルどこかにないですか?
「ミンガス」の記事はこちら!

住所:京都市下京区烏丸塩小路下ル東塩小路町657 JR京都駅構内
電話:075-352-6555
営業時間:7:00~21:00
休日:無休

[ 2007/11/27 00:13 ] [B級グルメ]丼・カレー | TB(0) | CM(-)

立ち飲み 酒の奥田(裏)串かつ(大阪天満)

天満、立ち飲みストリートの中でも、その中心に位置して、
これぞ立ち飲みの王道を行く店だと思っている禁煙の店「奥田」。
この店の裏手に串かつ中心の店を去年オープンしている。
もう何度も行っているので、いまさらという感もあるが、
きちんと紹介していないので、今回記事にした。
「酒の奥田 串かつの店」である。

okutakushi0.jpg

まず串かつのメニュー見てくださいな。
okutakushi1.jpg

ここのすごいところは1本50円の串が多いところ。
玉ねぎ、ししとう、れんこん、おくらなど野菜系の串がこの値段。
そして、うずらまでが50円なのである。
この安さは嬉しいですな。

ちっと衣が荒い感があるが非常にあっさりした串かつである。
okutakushi2.jpg

オクラにししとうにもう1個なんやったっけ?(^^;)

うずら2本に、豚ロース。
okutakushi3.jpg

うずらがやっぱり串カツでは安くて旨いもんですが、
ここもええですね。

モチがはみでて、出てきたのには参ったが・・・
okutakushi01.jpg

こういうやっつけ仕事はあかんよね~

ウインナーに、再びおくら。
okutakushi.jpg

あと、以前にどて焼き(200円)を食ったがなかなか美味しかったですぞ。

ビールの値段もしっかりした大きさの中ジョッキで、
飲み応えもあり、トータル値段でも非常に安く抑えることができます。
「奥田」は天満での安呑み巡りには必須の店ですね。

↓お勧めリンク↓

鯨(くじら)赤肉串かつ仕上げ5本パック


[ 2007/11/28 00:30 ] [B級グルメ]立ち呑み | TB(0) | CM(-)

天丼 かえん(大阪梅田駅前第1ビルB2F)

昔、学生だった頃よく通った店って皆さんないですか?
その店に5年や10年、久しぶりに行くと、
どうも昔感じてた味と違うってこともありませんか?
まあ、その店自体が味を変えているってこともあるかもしれへんけど、
大抵は、自分自身の舌の好みが変わってきてる、または、
他にもっと美味しい店見つけて、そこが味の基準になってる、
そう、私は思うんです。

大阪駅前第1ビルの地下2階にある天丼の店「かえん」・・・
ここは学生時分によく行った店です。
今回、このお店の紹介です。

kaen0.jpg

カウンターのみ10席の小さいお店。
メニューは天丼だけという商売をずっと続けています。
お昼時になると行列ができるくらいの人気店です。

暖簾をくぐって、頼むのは「並」(500円)か「大盛り」(600円)。
あとは赤だし(50円)をつけるかつけないかだけの選択です。
並と大盛りの違いは、ご飯の量と海老が1匹追加となります。
今回、並(500円)を注文しました。

さて、でてきました!
kaen1.jpg

海老天が2匹、カボチャ、しし唐、海苔の天ぷらがのっています。
私は好きなものは後にとっておく主義なので、
まずはかぼちゃ天から(^^)
ん・・・これ揚げたてやない・・・出てくるまであんな時間あったのに?
サクサクの天ぷらやないんですよ。
後で調べてみると、海老だけ通し揚げで、あとは作り置きなんですね。
そういや、カウンターの上にまとめておかれていたような・・・

海老を食べてみましたが、確かに旨い!
プリプリの海老に、サクサクの衣にちょっと薄味のツユが絶妙です。

あと、カウンター上に沢庵が置かれていました。
kaen2.jpg

これが自家製なのか、おいしいんですよ。
ご飯と沢庵の組み合わせも最高。

なぜ野菜天を、海老天と一緒に揚げないんだろうと残念です。
昔は一緒にまとめて揚げていたから、美味しく感じたのかもしれません。
野菜天を揚げたてにして欲しい!!
あっさり感のある、ここのツユの味付けは好きなだけにな~

住所:大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第1ビル地下2階
電話:06-6346-1860
営業時間:11:00~20:00(土曜17:00~)
休日:日・祝日
↓お勧めリンク↓

海鮮上天丼の具セット


[ 2007/11/30 00:29 ] [B級グルメ]丼・カレー | TB(0) | CM(-)