お食事と呑み処 信濃路 鶯谷店(東京)大衆酒場

東京、年末大晦日の呑み。
今年最後には大衆酒場雰囲気でうだうだ呑んで〆たいところ。
ただ、個人のローカル店では大晦日は休んでいるところがほとんどです。
そんな中、24時間営業のお店が開いておりました。
お食事と呑み処「信濃路」鶯谷店です。

お食事と呑み処 信濃路 鶯谷店(東京)大衆酒場

こちらのお店は、定食やそば、うどんもやっています。
お食事と呑み処 信濃路 鶯谷店(東京)大衆酒場

酒を飲まずに、そういったものを食べるだけの方もいたり、
また、腰を落ち着けて一人呑みされている方もいます。
私は後者で入店。

店内の雰囲気。
お食事と呑み処 信濃路 鶯谷店(東京)大衆酒場

お店は大きく二手に分かれていて、一人用のカウンター席と、
入って右側にはテーブル席がずらりとあります。

お店には統一されたメニュー表はありません。
お食事と呑み処 信濃路 鶯谷店(東京)大衆酒場

まずはこちらがお店に入る前の看板。
アテもあれば、定食、ご飯物も揃ってる。

他にもこんな感じで店内あちこちに短冊が。
お食事と呑み処 信濃路 鶯谷店(東京)大衆酒場

お食事と呑み処 信濃路 鶯谷店(東京)大衆酒場

お食事と呑み処 信濃路 鶯谷店(東京)大衆酒場

店内をぐるりと見渡さないと、どれ頼もうかよく分かりませぬ。
値段はどうなんでしょ、東京での座りの大衆酒場としては平均的。
ただ、どうしてもドリンクは大阪の方が安く感じますね。

そんな中、選んだのはホッピー白(370円)。
お食事と呑み処 信濃路 鶯谷店(東京)大衆酒場

東京での大衆酒場飲みでは、これは必須。
雰囲気的にホッピー飲まなきゃ合いません。

まずは瓶の中、3分の1くらいをジョッキに投入。
お食事と呑み処 信濃路 鶯谷店(東京)大衆酒場

焼酎を濃いめで、酔いの加速度を最初からスーパーチャージャー状態に。
なぜ、ホッピーを残しているのかは、関西人のために後ほど説明します。

アテとして頼んだのは、オムライス(500円)。
お食事と呑み処 信濃路 鶯谷店(東京)大衆酒場

こういう大衆食堂雰囲気で飲むのはご飯ものをアテに。
これまたこういう方が、雰囲気あっていい。

すっごくボリューム感たっぷり。
お食事と呑み処 信濃路 鶯谷店(東京)大衆酒場

昔ながらのオムライス。
かかっているのもケチャップオンリーです。
ええね~ホッピーのアテにオムライス!
大衆食堂での一人晩飯の晩酌は、こんな感じでぼーっとテレビへ目線を。
あ~今年一年なにやってたかな~と走馬燈のように思い返します。

まあ多分、洋食屋でこんなん出てきたら評価低いでしょう。
お食事と呑み処 信濃路 鶯谷店(東京)大衆酒場

しかし、この味がこの店にぴったりくるんよな~

そんじゃ、ホッピーの説明続き。
お食事と呑み処 信濃路 鶯谷店(東京)大衆酒場

こちらは「ナカ」といって、焼酎だけをおかわりしたもの。
このお店ではナカは1杯250円でした。
こちらのお店では、飲んでたジョッキにそのまま焼酎を追加してくれます。
ジョッキの半分強ぐらい入れてくれてますね。
そんで、瓶から、残ってるホッピーを注ぐんですよ。
こうして、焼酎の濃さを自分で調節できるのが、東京での飲み方。
焼酎濃い~ねんけど、飲みやすくなっており、酔いが廻るのも早いです。

特に旨さ、安さって点ではなんてことない、平凡なお店だと思います。
店員さんも中国系の方々で全くもって愛想なし。
しかし、一人飲みのうだうだタイムって雰囲気には最高です。
私も、今年最後の外飲みをぼーっと満喫できました。

大晦日なんでやってる店も少ない。
ホテルでゆっくり飲み直すとしますか。
明後日に続きます。

住所:東京都台東区根岸1-7-4
電話:03-3875-7456
営業時間:24時間
定休日 無休
↓お勧めリンク↓

つまみで選ぶ、今夜のうまい店


信濃路 鶯谷店居酒屋 / 鶯谷駅入谷駅日暮里駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.9

[ 2013/07/15 00:00 ] [B級グルメ]居酒屋 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/tb.php/2521-2f85a5b7