日本の御馳走 えん 新丸ビル店(東京駅)お茶漬け出汁

お茶漬けのお店、「えん」・・・
大阪では大阪駅エキマルシェにも誕生し、連日大盛況だとか。
私の場合、お茶漬けをランチ、晩ご飯の1食になんて考えられず、
まあ、酒の〆か、朝ご飯にってとこですけどね(^^)
その「えん」が東京駅すぐそばの新丸ビル地下1階に、
和の食材をテイクアウトできるお店を出しています。
日本の御馳走「えん」新丸ビル店に立ち寄りました。

日本の御馳走 えん 新丸ビル店(東京駅)お茶漬け出汁

それにしてもいろんなもん売ってますね。
お弁当やお総菜の類から、味噌、醤油、調味料の類など。
なかなか大盛況です。

そんな中、私が買ったのがこれ。
日本の御馳走 えん 新丸ビル店(東京駅)お茶漬け出汁

お茶漬けがメインのお店ですからね。
お茶漬け用の出汁(630円)です。
これでお店の味に近いもんを家で食べることができます。

原材料はこんな感じ。
日本の御馳走 えん 新丸ビル店(東京駅)お茶漬け出汁

内容量は300ml弱。
宗田節、鯖節、鰹節、鶏、昆布、いりこといった辺りがメイン。
濃縮タイプなので、10倍に薄めて使います。

では、作ってみましょうか。
日本の御馳走 えん 新丸ビル店(東京駅)お茶漬け出汁

熱々のご飯と、沸騰させたお湯を準備。
私は目分量で作るので、まずはご飯にお湯をぶっかけ、
そして、この出汁を加え、味を確認しました。
うっすらと醤油の薄い色合いがお湯につきます。
そのまま飲んでみると、すっごく複雑味がありますね。
こういう出汁って、鰹か昆布の風味がよく分かるもんですけど、
原材料見ないで飲むと、いったい何を混ぜてるんだろ?って思うかと。
バランスよく調和しています。

まずはこんなのをのせました。
日本の御馳走 えん 新丸ビル店(東京駅)お茶漬け出汁

茄子の浅漬け。
ただ、これは茄子の水っぽさが目立ってしまい、
このあっさり上品な出汁茶漬けには合わないな。
茄子の漬け物はお茶漬けよりも、醤油つけてご飯の方が好き。

反対側はこうして・・・
日本の御馳走 えん 新丸ビル店(東京駅)お茶漬け出汁

野沢菜と白菜のミックス漬け物。
こっちはええね~、特に野沢菜とのコンビネーションが最高。
そういや、お店のメニューでも野沢菜を使ったのありますもんね。
こんなの食べると日本人に生まれてよかったな~って、
つくづく思います。
こんな簡素な料理でも、とてつもなく旨い。

この出汁、実は他のもんにも色々と活躍しました。
手巻き寿司をした時には、酢と併せて、酢飯にしたら、
すっごく香りのいいシャリが出来ましたし、
薄味の味噌汁作るのに、ちょこっと混ぜたりね。
この量じゃ全然足りないな・・・
次、やってみたいのは鯛の刺身買ってきて、醤油漬けにし、
胡麻と海苔かけての鯛茶漬け。
これも絶対美味しいやろな。

住所:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディングB1F
電話:03-5224-3755
営業時間:[月~土]11:00~21:00 [日・祝]11:00~20:00
定休日:不定休(新丸ビルに準ずる)
↓お勧めリンク↓

某飲某食デパ地下絵日記 [ 東海林さだお ]


日本の御馳走 えん 新丸ビル店 (和食(その他) / 大手町駅東京駅二重橋前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2

昼総合点★★★☆☆ 3.2

[ 2013/07/14 00:00 ] [B級グルメ]和食/寿司 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/tb.php/2552-3aa363b6