甘栗の老舗 林万昌堂 本店(京都四条河原町)

京都日帰り旅にて、四条河原町をぶらぶらお散歩。
食い物系のお店もいっぱいあるので、食いしん坊の私には、
そういうの見てるだけでも楽しい。
歴史のある町、京都ですから、
さすがに創業が100年近いお店もいっぱいありますね。
そんな中、創業明治7年の老舗の甘栗屋さんがあるんですよ。
甘栗の老舗「林万昌堂」本店に立ち寄りました。

甘栗の老舗 林万昌堂 本店(京都四条河原町)

甘栗って、最近すでに皮を剥いたのが、
スーパーでもよく売られてますよね。
そういうのと味がどのように違うのか、
テイクアウト購入してみましょう。

店頭のウィンドウ。
甘栗の老舗 林万昌堂 本店(京都四条河原町)

贈答用の品もあり、さすがに高級感あります。
私は自分用なので、簡易包装の分で。
一番最小単位は150gで500円でしたので、そちらを購入。
あ、あとお値段お高めの、「完熟つぶより」なんてのもありました。

最初からこのように包んではいませんでした。
甘栗の老舗 林万昌堂 本店(京都四条河原町)

横で焼かれている栗をばさっとすくい取り、
その出来たてを計かって、包装してくださいます。

コロンとした甘栗。
甘栗の老舗 林万昌堂 本店(京都四条河原町)

結構、皮はかためでした。
剥き方も、この包装紙に図解して説明書きがあります。
皮がかなり頑丈でしたんで、剥くのに苦労しました。
時々は歯の力も利用しましたね。

割ってみた図。
甘栗の老舗 林万昌堂 本店(京都四条河原町)

見た目、加工感がなく、素朴な栗ですね。

一粒まるまる剥いた図。
甘栗の老舗 林万昌堂 本店(京都四条河原町)

艶々の甘栗をいただきまーす♪
うん、見た目そのまんま、素朴な甘い味。
添加物を使って甘くしているのではなくって、
栗の自然の甘さを、熟成させたような味なんですよ。

うん、こちらを贈答用とするのも頷ける味です。
ただ、B級グルメ人間の私は、ここまでの品でなくても、
その辺で売ってる安い甘栗で満足できるかな(^^;)

さーて、そんじゃ錦市場の方面に入りましょうか。
来週火曜に続きます。

住所:京都府京都市下京区四条通寺町東入ル御旅宮本町3
電話:075-221-0258
営業時間:10:00~20:00
定休日:元旦のみ(臨時休業有り)
↓お勧めリンク↓

手づくりで楽しむ四季の和菓子


甘栗の老舗 林万昌堂 本店和菓子 / 河原町駅祇園四条駅烏丸駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5

[ 2013/11/09 00:00 ] [B級グルメ]その他 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/tb.php/2664-acfb7f66