大阪カオマンガイカフェ(大阪難波日本橋)タイ料理

その日は、なんばパークスシネマにて、ライブビューイング。
このシステム、ちとはまっております。
現地と同じ臨場感を味わえ、椅子はふかふか、チケット代は約半額と、
どのみちビジョン見なきゃ、誰だか分からないような大規模会場ならば、
こっちの方をチョイスしますね。

で、そのライブも延々4時間、飛んで跳ねてしてるうちにお腹すいた。
家に帰る前に、ここ難波でなんか食って帰りましょう。
日本橋界隈に行くとこの店を発見、大阪「カオマンガイカフェ」です。

大阪カオマンガイカフェ(大阪難波日本橋)タイ料理

タイ料理は自身の舌に合う味わいです。
将来、ホント、バンコクにロングステイも考えてるくらい。
「カオマンガイ」もそのさっぱりしたチキンスープ煮込みご飯が大好き。

こちらが、そのメニュー。
大阪カオマンガイカフェ(大阪難波日本橋)タイ料理

カオマンガイは600円、グリーンカレーが750円ってお値段。
テイクアウトもできるようですね。

そのカオマンガイ(600円)を注文。
大阪カオマンガイカフェ(大阪難波日本橋)タイ料理

代金は先払いの、ファーストフード方式です。
その時、ソースをどれにするか聞かれたんです。
初めてのお店では一番基本を食べるようにしているので、
説明書きをよく読まず、オリジナルベーシックソースにしたんですけど、
これやとあまり辛味がないようですね。
「シェフおすすめ」ってのにすればよかったなあ~失敗。

店内の様子。
大阪カオマンガイカフェ(大阪難波日本橋)タイ料理

こちらは1階のカウンター席。
そして、2階はテーブル席になっているみたい。
1階は、お手軽に一人利用がしやすい雰囲気ありました。

番号札をいただき、席について待っていると到着。
大阪カオマンガイカフェ(大阪難波日本橋)タイ料理

カオマンガイとスープのセットです。
この付属のスープの味が薄い・・・
さっぱり飯やねんから、濃い~系にすりゃええのに。
または、そういうのチョイスできるようにするとかね。

タイ米のご飯の上にチキン。
大阪カオマンガイカフェ(大阪難波日本橋)タイ料理

レンゲとフォークでまずは混ぜ合わせて、
そこにソースをかけて、いただきます。
パクチーは人によって好き嫌いがはっきり分かれますが、
私はこういう香味野菜大好きですね(^^)

さーて、いただいてみる。
大阪カオマンガイカフェ(大阪難波日本橋)タイ料理

うん、ええね~このあっさりチキンライス。
鶏の水炊き鍋の後にする雑炊なんて、めっちゃ好きな私ですけど、
それに通じるもんがあります。
そしてソースの味わいがええアクセントになっている。
このタイ料理の調味って、ホント自身の好みに合うんよな。
で、やっぱり辛味は足らなかったので、
ソースはもう一つのベーシックにすりゃよかった。

うん、この味好きっ♪
満足のいく晩ご飯でした。
ただ、ファーストフードっぽい雰囲気なんですから、
それでこの値段は高いかなとも思います。
ここで、ワンコインにでもしてもらったら、
もっと大絶賛してたと思いますね。

住所:大阪市浪速区難波中2-4-14
電話:06-6636-5177
営業時間:11:30~22:30(L.O22:00)
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

タイ料理紀行


大阪カオマンガイカフェタイ料理 / 難波駅(南海)近鉄日本橋駅日本橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

[ 2014/04/24 00:00 ] [B級グルメ]定食・ランチ・カフェ | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/tb.php/2784-35570a2b