曹家包子館(神戸元町南京町)椎茸豚肉包

神戸元町~三宮はしご酒の2軒目、南京町の中央広場にいてます。
しかし、ここからまだ動きません。
いくらでもテイクアウトできる店がいっぱいあるんですから、
もう1軒くらいね。
この南京町で、行列のできる豚まん屋さんと言えば、「老祥記」。
神戸で生まれ育った私なので、過去何度も食っております。
あ、一度だけ記事にしたことあるな。
神戸元町「老祥記」の記事はこちら!

味わいはさっぱりめで、551蓬莱のタイプと全然違います。
若い頃は脂を求めていたので、物足りなさを感じてましたが、
年を経てから食べると、この味わいもええなって思いました。

その姉妹店がちょうど真向かいにあるんですよね。
そして、こちらのお店の特徴は「椎茸入り」があるんです。
椎茸は好きなんで、これをお試しにいただくことに。
「曹家包子館」でテイクアウトします。

曹家包子館(神戸元町南京町)椎茸豚肉包

お店はかなり立派。
「老祥記」の方は行列できておりましたが、こっちは閑散としてます。
ここが姉妹店だってのも、観光客にはわかんないか。

この豚さんのデザイン好き(^^)
曹家包子館(神戸元町南京町)椎茸豚肉包

自身に似てるからか・・・

椎茸の旨みと、肉汁がほとばしるんだそうな。
曹家包子館(神戸元町南京町)椎茸豚肉包

この椎茸入り豚まんは1個90円で、2個からの購入になります。
また普通の「老祥記」豚まんも売っており、
こちらは1個80円で3個からの購入。

その椎茸豚肉包を2個(計180円)購入。
曹家包子館(神戸元町南京町)椎茸豚肉包

私が広場での椅子を確保して、同行者に買ってきてもらったんですが、
熱々の状態でした。

大きさはちょっと見比べるもん置いてませんが、小ぶり。
曹家包子館(神戸元町南京町)椎茸豚肉包

老祥記の豚まんを知っておられる方も多いと思いますが、
まさにあの大きさと寸分違わず一緒です。

あ、そうや比べるもん撮ってた(^^)
曹家包子館(神戸元町南京町)椎茸豚肉包

氷結のグレープフルーツを飲みつつ、いただいたんやった。
はい、こんな感じです。

中の具材は大きめの椎茸が。
曹家包子館(神戸元町南京町)椎茸豚肉包

元々、老祥記の豚まんに肉汁が溢れ出すイメージが私にはなかったが、
まさにさっぱりめなんですよね。
しかし、椎茸の香りが相当たっぷりなんですよ。
なので、食べて一瞬、あれ?老祥記ってこんなに味濃ゆかったっけ?
っと錯覚させられてしまいます。
後々、あ~椎茸含有量が多いせいやからやって、分かるんですけどね。

私は椎茸好きな人間ですから、これは美味しくいただけました。
ただ、椎茸って人によって、好き、嫌いがはっきり分かれますので、
ダメな方は絶対手を出してはいけないレベルの香りです。
けど、これ食べてて、オリジナルもまた食ってみたいなって思いました。
うん、自身の味覚、20年前からだいぶ変わったよな。

テイクアウト呑みもこのぐらいにしときましょう。
では店内呑みへGO!
明後日金曜に続きます。

住所:神戸市中央区元町通1-3-7
電話:078-331-7726
営業時間:10:00~18:30 ※売れ切れ次第閉店
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)
↓551蓬莱はお取り寄せできますよ↓

◇〈難波 551蓬莱〉豚まん20個セット
[ 2014/12/03 00:00 ] [B級グルメ]中華 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/tb.php/3051-9f5786a4