中華料理 青木園(神戸阪神青木)天津丼

気分的に大衆中華食いたい時って、よくありませんか?
昔、今のようにあちこち飲食店巡るようになる前は、
そういう気分の時は決まって「餃子の王将」。
お店によって、定食も違うのんあるし、あちこちの系列店でよく食いました。
この日は「餃子の王将」気分やったんですね。

しかし現在は、あちこち新店開拓で食べてみたいわたくしめ。
阪神青木駅近くにいたのもあり、大衆中華食堂っぽいお店を検索。
大概、駅の近くに1軒は、こういう店はあるでしょう。
ってことで、この日は中華料理「青木園」を訪れました。

中華料理 青木園(神戸阪神青木)天津丼

地元ローカルの老舗大衆中華屋さん。
看板に「世界長」と日本酒の文字が入ってるとこなんてええね~♪

店頭サンプルも年季が入っています。
中華料理 青木園(神戸阪神青木)天津丼

で、店頭を色々きょろきょろしてみたが、その日の日替わりみたいなんがない、
それに定番の定食らしきもんもない。
サンプルをじっくり見ると、中華定食ってのが1つあった。
鶏の唐揚げ、肉団子甘酢、八宝菜がメインのおかずで950円。
この値段まで出すと大衆中華値段やないなと思い、単品でいくことに。

店内に入り、カウンター一番奥へ。
中華料理 青木園(神戸阪神青木)天津丼

こういう老舗大衆店らしい造りですね。

再度、貼られているメニューを吟味。
中華料理 青木園(神戸阪神青木)天津丼

続き。
中華料理 青木園(神戸阪神青木)天津丼

ラーメンが450円、ヤキメシ500円ってなお値段。
天津飯が頭に浮かび、どれやろって探すと、天津丼が600円。
これにしときましょう。
けどなんで700円、800円ぐらいの定食ないんやろ?
後から入ってきたお客さんも「ラーメンとなんかのセットないの?」
って聞いていました。

こちら、「天津丼」出来上がり。
中華料理 青木園(神戸阪神青木)天津丼

老舗らしいオーソドックスさ。
全く奇を狙ったもんなんてない。

まず、玉子はかなりかために焼き上げられている。
中華料理 青木園(神戸阪神青木)天津丼

私は半熟トロトロタイプが好みなので、これは逆方向ですね。
そして、餡の味もかなり濃いめ、化学調味料風味たっぷり。
最近、無化調にこだわるラーメン屋とか多くなったやないですか。
なので、ここまで化学調味料たっぷりやと、その味が顕著に舌へ伝わります。

ライスに特に工夫も、もちろんなく・・・
中華料理 青木園(神戸阪神青木)天津丼

50年前ぐらいから、味を全く変えずにいてるんではないかと思うくらい。

昭和へタイムスリップさせていただきました。
50代以上の年代の方には、懐かしさを感じる味やと思います。
逆に若い方には、ちょっと受け入れられないやろな~
こういうお店も世の中少なくなりましたから、
ノスタルジーに浸りたいご年配の方にどうぞですね。

住所:神戸市東灘区北青木3-13-7 ルミエール青木1F
電話:078-411-7868
営業時間:11:30~15:00 17:00~21:00
定休日:火曜日
↓お勧めリンク↓

おうちでおつまみ中華
[ 2015/03/04 00:00 ] [B級グルメ]中華 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/tb.php/3067-023fd6f4