阪神淡路大震災から20年経ちました(当時の仕事編)

昨日、以下のリンクで、震災後の日常生活編を描かせていただきました。
「阪神淡路大震災から20年経ったこの日」記事はこちら!

ま、上のリンク記事を見ての通り、住む家は無事やったんで、
全然大変ではないです。
倒れた家具類を元に直し、がらくたになったもんを処分して、
割れた窓ガラスをガムテープで補強くらいでしたもん。
それにひび割れやガラス割れは賃貸でしたので、
後々の修繕費は家主持ちでしたし。

神戸市街地 チャリンコ爆走族 ランチ・下町商店街巡り(2014年秋)3日目

問題は、4階やったっけ?
完全に潰れた旧市役所庁舎のちょうど南側にあったビル。
そこに会社の事務所があったんですね、被害のめっちゃ大きかったとこ。
まあ、社長と2人で中入った時に、絶句したと昨年書きました。
「阪神淡路大震災から19年目のこの日」の記事はこちら!

全ての物は倒れて、足の踏み場もないんですよ。
もう全く原型を留めておりません。
奥にあったこの棚がなんでここまで移動してるん?ってのが、
10m以上吹っ飛ばされて、入り口に散乱してるし・・・

神戸市街地 チャリンコ爆走族 ランチ・工場夜景巡り(2014年秋)8日目

そこで仕事をするなんて到底ムリ。
ただ、幸いなことに、県庁近くに分室って形で、
ちょっとスペース借りていたんですね。
そこは無事やったので、震災発生3日後ぐらいからやったかな?
社員総出で、チャリンコと台車使っての必要物移動作業から始めました。
(車なんて走らすような状態では、三宮、元町近辺はなかったですね)

ただ、まともに車は走れない道路状態ですから、
自転車って必要不可欠なんですよね。
すると発生するのは自転車の窃盗。
ほんとどこも売ってなくて、供給不足でした。
取引のあった運送業者も、必死に自転車で配達されてましたが、
その自転車自体を何台も盗まれたって言ってました。

そんで会社は繁忙期で、あるイベント開催直前やったんです。
結局その回は中止になりました。
準備していた印刷物等もすべておじゃん、入るべき収入がなくなったんです。
損害、借金ばかり増えた、震災の結果・・・
会社の行き着く先は目に見えてますね。
社員全員、寝る間も惜しんで働きました。
交通網なんて寸断されているので、私も毎日、自転車通勤、
遠い方は、事務所に寝泊まりして頑張りました。
しかし・・・リストラを繰り返し、結局、正社員で残ったのは、社長と私だけ。
社長は奥さんまで職場に駆り出し、私は派遣社員とアルバイトを、
計100人以上、1人で統率して、4年は頑張ったけど、心やっぱり折れた。

神戸市街地 チャリンコ爆走族 ランチ・下町商店街巡り(2014年秋)9日目

なんのために頑張ったのかね~
私は文系の大学卒で、事務畑でずっと仕事してたんですけど、
しっかりと技術系のスキルを持とうと思いました。
そうすれば、会社自体がダメでも自身の力でなんとでもなります。

まあ、そんな状態でしたので、打たれ弱い私ですけど、
多少は強くなれましたね。
人間なんとでも、生きていけるもんです。

神戸市街地 チャリンコ爆走族 ランチ・下町商店街巡り(2014年秋)10日目

というわけで、「人生気まま」ってこのブログのタイトルは、
この震災経験が大きな影響を与えています。
人間の死なんて、いつ突然訪れるかもしれない、仕事もどうなるかね。
ならば、私は、気の向くまま、スナフキンになろうかなと(^^)

この先、50年以内に日本のどこかで大地震が起きる可能性大きいですよね。
昨年も書きましたが、地震の揺れよりも怖いのは、火災に津波・・・
今一度、避難経路の確認と、実際に訓練でそこを歩いてみましょう。

過去、戦災・被災で亡くなった方々のご冥福を祈り、
また、この日本という平和な国で私は生きている感謝のもとで、
日々、自身の生活を精進していきます。
各地方も含め、日本が元気で笑顔の国でいられるよう、今年はやります!
[ 2015/01/18 00:00 ] [B級雑記]時事的出来事 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/tb.php/3131-a989a91d