現代アート島の裏側では・・・ ジャンボフェリー⇔チャリンコ爆走族(2014年10月)その4

芸術の島である「直島」をチャリンコで巡っています。
「ジャンボフェリー⇔チャリンコ爆走族 その3」記事はこちら!

引き続きやって来たのは、「家プロジェクト」っていう本村地区。
古民家を改装して、家そのものを芸術作品に仕上げています。

代表的な外観を2つほど・・・
アート島の裏側では・・・ ジャンボフェリー⇔チャリンコ爆走族(2014年10月)その4

アート島の裏側では・・・ ジャンボフェリー⇔チャリンコ爆走族(2014年10月)その4

そんで、私はこういう渋いん好きやな~
アート島の裏側では・・・ ジャンボフェリー⇔チャリンコ爆走族(2014年10月)その4

昔ながらの酒屋を改装して、カフェにしています。
こういうとこで酒も飲んでみたいものだ。

但し・・・この各々の家も中に入るには入場料いります。
6軒共通券で1000円でした。
そして、これまた写真撮影は禁止なので、ブログでご紹介できませんから、
入場はスルーさせていただきます。
ただ、この古い町並みは色々とチャリンコで巡りました。
詳細はこちら!

この家もまた、リアルでシュールな世界を表現してますよね・・・
アート島の裏側では・・・ ジャンボフェリー⇔チャリンコ爆走族(2014年10月)その4

・・・って、ホンマの廃墟やん(^^;)

ちょっと、この海岸線で休憩します。
アート島の裏側では・・・ ジャンボフェリー⇔チャリンコ爆走族(2014年10月)その4

もっと、チャリンコなら楽に回れると思ってたんやけど、
アップダウンがここまであるとは思わなかった。
汗ダクダク、喉も渇くので、炭酸ジュースが旨い。

朝1食、うどん食ったっきりなのもあり・・・
アート島の裏側では・・・ ジャンボフェリー⇔チャリンコ爆走族(2014年10月)その4

この直島でもうどん食います。

かけうどんに・・・
アート島の裏側では・・・ ジャンボフェリー⇔チャリンコ爆走族(2014年10月)その4

山かけうどんの冷たいの。
アート島の裏側では・・・ ジャンボフェリー⇔チャリンコ爆走族(2014年10月)その4

ここでも熱いのと、冷たいのとで同行者とシェア。
こうして香川でうどんをはしごで食べ歩くと、
様々なタイプのうどんと巡り会うことができます。
ここのは、太くてすっごくかたいコシのある手打ち麺。
私はこういうタイプが好きだな。

さらに、島の北側を観光しましょう。
アート島の裏側では・・・ ジャンボフェリー⇔チャリンコ爆走族(2014年10月)その4

って、こちら側に観光客はまあやって来えへんやろ。
この辺、三菱マテリアルの広大な工場地になっているんです。
私は工場フェチなので、足を伸ばしましたけどね。
女の子がキャッキャ言いながら自転車漕いでる華やかな表側・・・
この現代アート島は観光地化してるわけですが、
しかし裏側では、こういう現実的な工業産業地帯の島でもあるわけです。

なかなか、立ち入り禁止の多い場所なので踏み込めませんでした。
アート島の裏側では・・・ ジャンボフェリー⇔チャリンコ爆走族(2014年10月)その4

ですので、ある場所にあった情景写真を、そのまま撮りました。
この場所から、夜にこの工場夜景を眺めてみたいな~
他、詳しくはこちらで記事にしております。

最後、フェリーの出航時間まで、無料休憩所で休みます。
アート島の裏側では・・・ ジャンボフェリー⇔チャリンコ爆走族(2014年10月)その4

特に入場料のあるとこ行かずとも、なかなか楽しめた島でしたね。

そんじゃ高松に戻りますってところで、長くなりました。
来週日曜への連載とさせていただきます。

↓お勧めリンク↓

にっぽん全国たのしい船旅(2014-2015)
[ 2014/12/07 00:00 ] [B級旅行・温泉]日本行脚 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/tb.php/3163-4d711368