福原製麺つるつる(神戸摂津本山)ぶっかけうどんとカレー丼

元来、私はうどんよりも、断然、蕎麦派であったのだが、
讃岐のうどんを食べる機会が多くなってからは、
週に1回くらい、あ~あのコシのある麺食いたいよな~って、
思うことが多くなりましたね、中毒症状です(^^)
しかし、昔ながらの大阪うどんのお店にはまず行くことはないです。
出汁の味わいは好きなんですけど、麺がいつまで経っても好きになれない。

この日も冷たいコシのあるうどんが食いたくなりましたので、
甲南本通(商店街)にある、「福原製麺つるつる」にやって来ました。

福原製麺つるつる(神戸摂津本山)ぶっかけうどんとカレー丼

どうです?この見た目、讃岐のセルフうどん系のお店と似てませんか?
なので今度うどん食いたくなった時に、絶対訪問しようと思ってたんです。
しかし、後から調べてみると、讃岐系の流れを組むお店やなかった。
神戸で50年以上も続く、老舗製麺所がやってるアンテナショップなんですね。
蕎麦や中華麺、きしめんなど、麺類はなんでも作っているんですけど、
ただ、うどんは讃岐系の作り方でやっているようです。

メニュー。
福原製麺つるつる(神戸摂津本山)ぶっかけうどんとカレー丼

おすすめ。
福原製麺つるつる(神戸摂津本山)ぶっかけうどんとカレー丼

さすが製麺所の直系らしく、その値段の安さに目を惹かれます。
その麺は、蕎麦や中華麺までは置いていないですけど、
うどんは普通麺に、細麺、さらにきしめんもチョイス可。

その中で私が気になったのは、丼とうどんのセット。
まんぷく丼セットってのが、590円とすっごいお得だなって思うでしょ?
かきあげ丼、肉丼、カレー丼に、かけうどんか、ぶっかけうどんがついて、
この値段で食えるのは、非常に安いよな
なので、カレー丼と、ぶっかけうどんの冷たいのでチョイスしました。

店内の様子。
福原製麺つるつる(神戸摂津本山)ぶっかけうどんとカレー丼

この4席カウンターの他に、テーブル、座敷もありますが、
簡易な造りの店内です。
平日ランチタイムは、この値段の安さもあるんでしょう、
次から次へ、客がひっきりなしに訪れていました。
ただ皆さん、食べたら即出ていかれますので、
ちょっと待てばすぐに席空きますよ。

出来上がりました。
福原製麺つるつる(神戸摂津本山)ぶっかけうどんとカレー丼

まず、びっくりしたのはその量。
カレー丼かぶっかけうどん、いずれかミニサイズかと思えばそうではない。
両方、普通サイズで登場です。
私は大食いなんで、これでちょうどよかったですけど、
普通の人間には多いくらいでしょうね。

カレー丼。
福原製麺つるつる(神戸摂津本山)ぶっかけうどんとカレー丼

ドロドロのカレータイプ。
その味わいは、カレーうどんのカレーをそのままかけただけです。
出汁がちゃんと効いたカレーで、辛さ、スパイシーさは全然ありません。

ぶっかけうどんの冷たいの。
福原製麺つるつる(神戸摂津本山)ぶっかけうどんとカレー丼

このぶっかけ出汁のみも、先にいただいてみましたが、
味わいに深みはなくって単調。
まあ大元が製麺所さんですからね。
関西の老舗お蕎麦屋さんの、味の方向性とは違います。

そして麺。
福原製麺つるつる(神戸摂津本山)ぶっかけうどんとカレー丼

そのうどん麺は、普通でも少し細いくらい。
コシは本場讃岐ほどではないものの、大阪うどんは全く違います。
びよーんと伸びる粘りコシも若干感じられ、讃岐うどんらしさを感じます。
ただ、温かいので食べると、この程度のコシではなくなると思いますね。

ぶっかけうどん、カレー丼ともに、とびきり美味しいってわけでもないけど、
このお値段で、このボリューム、そこそこの味ですから、
お得感、CP値は非常に高いと思います。
店内も店主さんを中心に非常に活気が感じられ、ええ雰囲気でしたよ(^^)

住所:神戸市東灘区甲南町3-3-23
電話:078-431-3530
営業時間:11:30~15:00 17:00~20:00
定休日:水曜日
↓お勧めリンク↓

讃岐うどんめぐり指南の書
[ 2015/12/16 00:00 ] [B級グルメ]そば・うどん | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/tb.php/3381-21536e9a