蕎麦 峡洛[きょうらく](神戸阪神御影・JR住吉)とろろそば

この日はあまりお昼にお腹がすいてませんでした。
そういうときにこそ、狙っていたお店があったんですね。
私はこのブログで何度も書いておりますが、
無類の蕎麦好きの私が、関西でほとんど蕎麦を食すことがないのは、
かけそばで、500円前後の値段帯のお蕎麦で、
旨いよな~って思えるお店がないこと。
しかしですね、ざるそばでも、1000円前後の、
ちょっと敷居高めの高級そばですと、満足できる味のものも多いんですよ。
ってわけで、今回、阪神御影から国道2号線に北上したところにある、
峡洛(きょうらく)を訪問しました。

蕎麦 峡洛[きょうらく](神戸阪神御影・JR住吉)とろろそば

この道路沿いには、この看板が掲げられておりますが、
お店はここにはありません。

狭い路地を15~20mから歩いたところにご覧のような古民家っぽいのがあります。
蕎麦 峡洛[きょうらく](神戸阪神御影・JR住吉)とろろそば

こちらがお店なんですよね。
いわゆる隠れ家っぽい演出を施されておられるんです。
そう、関西のお蕎麦屋さんってなんでこうなんだろ?
蕎麦を高級なもの、大人の演出にしたがるんよな。

その店内はこんな感じ。
蕎麦 峡洛[きょうらく](神戸阪神御影・JR住吉)とろろそば

こういう座敷席があって、縁側に2つ、2人掛けのテーブル席があります。
こちらも古民家をリノベーションされたかのような造りですね。

メニュー。
蕎麦 峡洛[きょうらく](神戸阪神御影・JR住吉)とろろそば

もう1枚。
蕎麦 峡洛[きょうらく](神戸阪神御影・JR住吉)とろろそば

もう一丁!
蕎麦 峡洛[きょうらく](神戸阪神御影・JR住吉)とろろそば

さらに。
蕎麦 峡洛[きょうらく](神戸阪神御影・JR住吉)とろろそば

そうなんですよね~
関西で美味しい部類の蕎麦を食おうとすると、この値段ださないかん。
ざるそばで、1160円ですもん。
蒸し蕎麦(せいろ)が一番安く、880円ですが、
蒸すと、蕎麦の喉越しがなくなるんじゃないかなと、これはパス。
となると、とろろそばが980円と2番目に安い。
ええ蕎麦は冷たいので食べたいのと、とろろは大好物なので、これにしました。

こちらが、とろろそば(980円)。
蕎麦 峡洛[きょうらく](神戸阪神御影・JR住吉)とろろそば

そして、これなんよな・・・
なぜ、あまりお腹がすいていない日を選んでここに来たのかがわかりますでしょ?
まあ、量が少ない・・・
関西の1000円前後価格帯、蕎麦屋の特徴のもう1点が、これなんですよ。
これさすがに、仕事合間に1食にするにはつらいボリュームです。

蕎麦。
蕎麦 峡洛[きょうらく](神戸阪神御影・JR住吉)とろろそば

少し細めに打たれております。
まずツユにつけずに、そのまま2本ほどいただいてみますが、
ん?風味が全然しない。
さすがにこのお値段のお蕎麦屋さんでは、しっかりとした蕎麦風味を、
ツユにつけずともしっかりと感じられるお店が多いんですけど、
こちらのお店では感じられなかったですね。

じゃ、ツユにつけていただいてみましょうか。
蕎麦 峡洛[きょうらく](神戸阪神御影・JR住吉)とろろそば

このとろろもね~、かたまってしまってるんですよ。
ほぐして、蕎麦と絡めるのにめっちゃ苦労した。
こちらのツユもそれだけを味わってみましたが、
ちょっと甘めかな?けど、関西らしい、
魚介の深みを感じられる出汁味はしっかりしてます。

では両方、コンビネーションしてみましょう。
蕎麦 峡洛[きょうらく](神戸阪神御影・JR住吉)とろろそば

こうして、ツユにつけると、蕎麦の喉越しを満喫しようと、
私はずずーーーっと、すするんですけど、
これもバシッとしたコシを感じない。

箸置きは、落花生になってました。
蕎麦 峡洛[きょうらく](神戸阪神御影・JR住吉)とろろそば

柔らかく茹でられたもので、これは旨かった。

そば湯。
蕎麦 峡洛[きょうらく](神戸阪神御影・JR住吉)とろろそば

さっぱりサラサラとした、蕎麦粉を加えられていないタイプです。

ちょっとお値段出して、ボリューム少なめでも、
今日は美味しい蕎麦をいただこうとやって来たわけですが、
・・・うーん、その味にも満足はできませんでした。
ただ、応対された店員さんも愛想よく、
また、蕎麦を食う雰囲気もしっかり演出されていますので、
そういうの求められるにはええと思いますね。

住所:神戸市東灘区御影中町1-17-9
電話:078-200-4500
営業時間:11:00~18:30
定休日:火曜日
↓お勧めリンク↓

休日の蕎麦と温泉めぐり [ そば遊楽隊 ]
[ 2015/12/25 00:00 ] [B級グルメ]そば・うどん | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/tb.php/3394-be76ab6c