F1史上最強のマシンでありセナの初チャンピオンカー マクラーレン・ホンダMP4/4(1988年)アイルトン・セナ/アラン・プロスト

1988年・・・私がF1を見始めて2年目やったんですけど、
この年のレースほど、つまんない年はなかったって印象。

私がF1を見始めたきっかけは、中嶋悟さんでしたんで、
同じホンダエンジンが載ってるとは思えないロータスに、
幻滅してたんもありました。
「ロータス・ホンダ100T」ネルソン・ピケ/中嶋 悟の記事はこちら!

そしてもう1チーム、ホンダエンジンを載せたマシンがこちらですね。
F1史上最強のマシンでありセナの初チャンピオンカー マクラーレン・ホンダMP4/4(1988年)アイルトン・セナ/アラン・プロスト

マクラーレン・ホンダMP4/4です。
私くらいの年代の方なら、別にF1は興味を持って見たことないって方でも、
このカラーリングのF1マシンは、見覚えあるはずです。

ツインリンクもてぎのホンダコレクションホールで撮影。
F1史上最強のマシンでありセナの初チャンピオンカー マクラーレン・ホンダMP4/4(1988年)アイルトン・セナ/アラン・プロスト

カウルは外されて、
カーボンモノコックシャシー剥き出しの状態で展示されていました。

しかし、まあ強かった・・・
F1史上最強のマシンでありセナの初チャンピオンカー マクラーレン・ホンダMP4/4(1988年)アイルトン・セナ/アラン・プロスト

私がF1見始めて、現代に至るまで、27年が経ちましたが、
このマシンほど、他のチームを圧倒した車は見たことないです。
全16戦中、イギリスGPを除く15回のポールポジションを獲得。
そしてイタリアGPを除く15回の勝利を2人のドライバーで獲得。
ワンツーフィニッシュは10回もあり、
獲得したコンストラクターズポイントは199点で、
2位フェラーリ(65ポイント)の3倍以上やったんです。

F1史上最強のマシンでありセナの初チャンピオンカー マクラーレン・ホンダMP4/4(1988年)アイルトン・セナ/アラン・プロスト

乗ってたドライバーが当時としては、最強コンビやったんも、
その強さの大きな要因でした。
なんせ、セナとプロストですもん。
「セナプロ対決」って言葉もよく耳にしたことありません?
翌年からは2人の大きな確執が問題となるわけですが、
この年はなんとか持ちこたえてましたんで、この結果にも繋がっています。

そしてそのセナがチャンピオン決めたのが、日本GP鈴鹿でした。
あの表彰台での姿は今でも目に焼き付いてます。
この時くらいしか印象残ってないや。

この年でターボエンジンは、レギュレーション上廃止となります。
F1史上最強のマシンでありセナの初チャンピオンカー マクラーレン・ホンダMP4/4(1988年)アイルトン・セナ/アラン・プロスト

ホンダのV6ターボも、F1史上最強エンジンと言ってええと思います。

ま、何度も言いますが、深夜のテレビを見てて、中嶋さんはリタイヤ続きやし、
レース展開は2人だけ速すぎて、あと誰もついてけないんやもん。
よ~寝落ちしてた年って記憶だけあるわ(^^)

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
[ 2015/12/12 00:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/tb.php/3783-002e74f3