佐藤琢磨のF1参戦初マシン ジョーダンEJ12・ホンダ(2002年)ジャンカルロ・フィジケラ/佐藤琢磨

この前年2001年は、どのレースも日本人ドライバーがF1に参戦しない年でした。
ミハエル・シューマッハの圧倒的な強さもあり、興味なく見てた記憶があります。
その代わり、これぞ有望、日本人F1ドライバー初優勝もありえるのでは?
と思わせる日本人が登場します。
その名は「佐藤琢磨」。

2001年のイギリスF3でシリーズチャンピオンになりましたね。
そしてマカオGPのあの難しいコースでも優勝。
海外のF1下位カテゴリのフォーミュラレースで、
佐藤琢磨ほど活躍した日本人は、2015年の現在でも未だおりません。
今までの、日本の企業スポンサー頼みだけで、
F1のシートを獲得してた日本人とは全然違うなって思ってました。

その佐藤琢磨が、F1のシートを2002年に獲得します。
佐藤琢磨のF1参戦初マシン ジョーダンEJ12・ホンダ(2002年)ジャンカルロ・フィジケラ/佐藤琢磨

ジョーダンEJ12・ホンダ。
ホンダの後押しもありましたけど、
初めて期待できる日本人ドライバーの登場にワクワクしましたね(^^)

説明書き。
佐藤琢磨のF1参戦初マシン ジョーダンEJ12・ホンダ(2002年)ジャンカルロ・フィジケラ/佐藤琢磨

ホンダのF1第3期は、2000年からエンジン供給という形で活動開始。
2001年にジョーダングランプリにもエンジンを供給しています。
そして2002年も引き続いてホンダエンジンで戦いました。
その中、佐藤琢磨は鈴鹿で5位入賞します。

しかし、シャシーの出来はそんなよくなかったですね。
佐藤琢磨のF1参戦初マシン ジョーダンEJ12・ホンダ(2002年)ジャンカルロ・フィジケラ/佐藤琢磨

非常にセッティングの難しい、ピーキーなマシンやったそうです。
そのためシャシーデザインした、エグハル・ハミディはシーズン半ばに更迭。
ジョーダン創成初期に活躍したゲイリー・アンダーソンが復帰します。

そして期待を込めていた佐藤琢磨・・・
アグレッシブな走りは非常に魅力的でしたが、ミスが多いドライバーでした。
後のBARホンダ編でも語らさせていただきますけど
マレーシアGPではチームメイトであるフィジケラのマシンに追突したり、
モナコGPではそのフィジコに道を譲ろうとしてクラッシュ・・・
相当がっかりしながらテレビ見てた記憶があります。

佐藤琢磨のF1参戦初マシン ジョーダンEJ12・ホンダ(2002年)ジャンカルロ・フィジケラ/佐藤琢磨

そして、この年限りでホンダは、
ジョーダンとのエンジン供給契約はやめることになります。
すると必然的に、佐藤琢磨との契約も翌年は結ばれませんでしたね。

また2003年は日本人ドライバーのいない年に・・・
佐藤琢磨はBARホンダの第3ドライバーの位置に収まりますが、
これはまた別の機会に記事にいたしましょう。

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
[ 2016/01/30 00:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/tb.php/3873-cec3c698