日本人初フルシーズンF1ドライバーの誕生!ロータス・ホンダ99T アイルトン・セナ/中嶋悟(1987年)

今回のF1マシン特集は、1987年の車です。
ちょうどこの年から、私はF1を何十年も見続けることになりますが、
そのきっかけが、このキャメルイエローカラーのマシンですね。

日本人初フルシーズンF1ドライバーの誕生!ロータス・ホンダ99T アイルトン・セナ/中嶋悟(1987年)

ロータス・ホンダ「99T」。
なんと言っても、日本人のF1ファンが多くなったのはこのマシンがあったから。
ドライブしたのは、「中嶋悟」。
日本人で初めて、シーズン通してF1シートを獲得したのが中嶋さんです。

そしてそれに伴い、フジテレビで全戦中継が始まったのもこの年です。
さらに私が運転免許をとった(車に俄然興味出た)のもこの年なんですよね。
F1が好きになったのも、必然の結果やったんでしょう。

あ、個人的なことはこのくらいで、このマシンについて。

まずエンジンがこの年から、ホンダエンジンに変わったんです。
そのホンダのテコ入れで、中嶋さんのロータス入りは叶ったようなもの。
あと、アクティブサスペンションが搭載されました。
非常に速いマシンになるはずでした。

そして、名門ロータスチームには、若き天才ドライバーがいました。
日本人初フルシーズンF1ドライバーの誕生!ロータス・ホンダ99T アイルトン・セナ/中嶋悟(1987年)

「アイルトン・セナ」です(写真は1988年のもの)。
ですので、中嶋さんが天才チームメイト相手にどこまでやれるかって、
その興味で序盤戦は見てましたね。

しかし、その力差は歴然でした。

まず、予想されていたほど、このマシンは速くなかったんですよね。
それはまず、アクティブサスペンションの信頼性不足とその挙動。
この当時のコンピュータ演算能力では、コーナリングの反応速度が鈍かった。

けど、天才セナは、そのマシンで2勝してるんです。
ただ、その優勝したコースは両方とも市街地コースなんですよね。
モナコGPとアメリカGPなんです。
速度が出ないコースやと、アクティブサスペンションの反応速度関係なく、
エンジンパワーの加速プラス、セナの華麗なテクニックで勝てたんです。

明らかに、中嶋さんとの速さの違いは、チーム待遇で格差があったにせよ、
見てて、幻滅はしましたね。
同じマシンを運転してるとは思えなかった。

しかし、この年一番テレビの前で見てて、ワクワクしたのはイギリスGPやったな~
ホンダの1-2-3-4が達成されたレースやったんですよね。
ウィリアムズの2台プラス、ロータスの2台、中嶋さんは4位でした。
中嶋さんはシルバーストンのような高速サーキットは得意にしてたんで、
表彰台に手が届く一歩手前のこのレースは、
誰か1台リタイヤしてくれって願ってましたもん(^^;)

天才セナが最強ホンダエンジンを積んでも2勝しかできなかったってことは、
とんだ駄作マシンでしょう。
現に翌年マクラーレンホンダに移籍したセナは、チャンピオンになりますしね。

さらに翌年のロータスチームは・・・
名門チームの崩落は、この年から始まったと言っても過言ではないです。
既に以前記事にしてますから、興味ある方はご参照を。
ロータス・ホンダ100Tの記事はこちら!

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
[ 2016/02/20 00:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/tb.php/3897-3bc777b8