1980年代中期の最強コンビ!ウィリアムズ・ホンダ FW10(1985年)ケケ・ロズベルグ/ナイジェル・マンセル

この年もまだ、私はF1に興味なんてこれっぽっちもなかった年でした。
時代は1985年となります。
ホンダF1第二期はエンジン供給のみでのF1参戦でしたが、
この年で3年目・・・非常に円熟味を増したV6ターボエンジンを編み出します。
そしてウィリアムズの智将「パトリック・ヘッド」が制作したシャシーとも、
うまく噛みあいますね。
「ウィリアムズ・ホンダ FW10」を今回ご紹介します。

1980年代中期の最強コンビ!ウィリアムズ・ホンダ FW10(1985年)ケケ・ロズベルグ/ナイジェル・マンセル

このカラーリングはF1ブーム初期の頃、よく観戦されてた方はお馴染みですね。
この年、日本の会社「キャノン」がメインスポンサーとなって、
以降1993年までは、ウィリアムズはこのカラーリングでした。

この年のドライバーは、ケケ・ロズベルグとナイジェル・マンセル。
マンセルが初優勝を成し遂げたマシンが、このFW10なんですよね。
後々マンセルは、1992年にFW14Bで圧倒的な強さを見せつける訳ですが、
初優勝は同じウィリアムズのマシンやったんですよ。

この年、コンストラクターズ3位に入ったウィリアムズですが、
この時、ロータスでドライビングしていたセナが、
ホンダエンジンの圧倒的なパワーを見せつけられて、
ホンダエンジンを自身のチームが獲得するように熱望します。
そして1987年にはロータスはホンダエンジンを獲得、
その後1988年以降はマクラーレンに移籍して、
ホンダの申し子と呼ばれることとなります。

マンセル、セナ、そしてプロストと言えば、
1980年代後半のF1を支えたトップドライバーですけど、
全員がホンダエンジンの車に乗ってるんですよね。
ホンダの車が世界を席巻するきっかけは、
F1のこの時代があったからこそと言って、過言ではないと思います。

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
[ 2016/04/02 00:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/tb.php/3973-d72b1e11