立飲みいこい 支店(東京赤羽)ルールの厳しい東京激安立ち呑み店

本日は赤羽で呑みです。
この地は東京の中でも安く呑める地帯として有名。
その安い中でも激安と呼ばれる立ち飲みがあるのだ。
「立飲みいこい」支店にやって来ました。

立飲みいこい 支店(東京赤羽)ルールの厳しい東京激安立ち呑み店

朝7時から営業してるってのもすごいですよね。
私みたいな、何時からでも飲める人間にはもってこい。
この日も、昼酒から始めさせてもらいました。

あ、それにこれ。
立飲みいこい 支店(東京赤羽)ルールの厳しい東京激安立ち呑み店

この店、必ず1軒目にせなあかんのですよ。
他の店で呑んでのはしご酒は絶対禁止。
この日も明らかに酔っぱらってるなって2人組が入って来られたんですが、
店頭で断られてました。
このルールは関西でも見かけたことのない厳しいルールです。
あと店内での携帯電話の使用も一切禁止されています。
なので携帯での撮影もできませんね。
私はコンデジを首からぶら下げての撮影でしたが、
それについてはなんも言われませんでした。

そんな厳しいお店やのに、客がこぞって立ち寄るのはこれ。
立飲みいこい 支店(東京赤羽)ルールの厳しい東京激安立ち呑み店

東京ではピカ一の激安アルコール値段。
関西ではこのくらいの値段設定のお店はゴロゴロありますけど、
東京では珍しいです。
マグロの刺身も150円やし、焼きとんも2本で180円と安い。

店内はご覧のような立ち飲み形態。
立飲みいこい 支店(東京赤羽)ルールの厳しい東京激安立ち呑み店

テーブル席もいっぱいあり、関西では「得一」とも似た雰囲気かなと思いました。

ボール(190円)に、煮込み(110円)。
立飲みいこい 支店(東京赤羽)ルールの厳しい東京激安立ち呑み店

東京で焼酎ハイボールは、「ボール」の略語で通じます。
吉田類さんの酒場放浪記で、東京酒場はよく見てる私なんで1回、
「ボールと煮込みっ!」って東京らしく頼んでみたかったんですよね(^^)
あ、あと、キャッシュオンデリバリなんで、先にお金は用意しておきましょう。

煮込み(110円)。
立飲みいこい 支店(東京赤羽)ルールの厳しい東京激安立ち呑み店

ホルモンと豆腐を、白味噌ベースで煮込んでいます。
関東の大衆酒場では、どこでも味わえる味で特徴はありません。
けど、この安さやからね、文句はない。

サンマ刺しが150円やったんで、ボールのおかわりをいただき、それも。
立飲みいこい 支店(東京赤羽)ルールの厳しい東京激安立ち呑み店

鮮度的には、この夏ずっと北海道にいて、秋刀魚は生のよく食べたからな~
それには遥かに劣ります。
しかし、この値段で刺身食える居酒屋ってめったにないもんね。

東京らしい下町江戸っ子気質のある店なんで、私とはちょっと合わない雰囲気の店。
しかし、1軒目として、アルコールをいかに安く呑み始めようか考えている方には、
最適です。
今回、カウンター1人呑みのちょい殺伐とした空間は、
なかなか楽しめましたぞい(^^)

そんじゃ、この日メインに考えてたお店に行きましょうか。
明日に続きます。

住所:東京都北区赤羽南1-5-7 クレアシオン赤羽ビル1F
電話:03-5939-7609
営業時間:[月~土]7:00~22:00 [祝]7:00~21:30
定休日:日曜(午前中の臨時営業多し、要確認)
↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ
[ 2016/05/12 00:00 ] [B級グルメ]立ち呑み | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/tb.php/4061-edce06cb