天ぷら 八ツ手屋(東京神田)ぼってり衣の昔ながらの江戸前天丼専門店

この度の東京滞在、とことん味わおうと思ってたグルメが3種類ありました。
1つは蕎麦、もう1つは鰻(串も含む)、そして最後に天ぷらです。
過去の東京旅行でも、関西とは全然レベルが違うわって思ったグルメなんですよね。
中でも、平日のお昼しか営業していない、
昔ながらの老舗天丼屋が、神田にあるんだとか。
一度食べてみたいなって思ってた風貌の天丼やったんで、楽しみにしてました。
「八ツ手屋」に立ち寄りました。

天ぷら 八ツ手屋(東京神田)ぼってり衣の昔ながらの東京天丼専門店

もう外観からして、老舗やと分かりますよね(^^)
この建物の外観写真見て、即、絶対行くって決めてたお店です。

入口付近。
天ぷら 八ツ手屋(東京神田)ぼってり衣の昔ながらの東京天丼専門店

ガララ~っと扉を開けると、まずは注文して料金を払います。
こういう老舗タイプのお店では珍しい形態やったんで、
私、入ってすぐに、席に座っちゃいましたけどね(^^;)

そのメニュー。
天ぷら 八ツ手屋(東京神田)ぼってり衣の昔ながらの東京天丼専門店

天丼は中サイズで750円。
迷うことなく、こちらを注文し、料金を先に支払います。

改めまして、着席。
天ぷら 八ツ手屋(東京神田)ぼってり衣の昔ながらの東京天丼専門店

テーブル席ばかりなので、1人客ならば相席必須です。
既に平日13時過ぎてたのに、だいぶ賑わってました。

天丼出来る前に、お茶とたくあんが出されました。
天ぷら 八ツ手屋(東京神田)ぼってり衣の昔ながらの東京天丼専門店

しばし、揚げ上がるのを待ちます。

天丼完成、すまし汁と一緒に登場。
天ぷら 八ツ手屋(東京神田)ぼってり衣の昔ながらの東京天丼専門店

これで天丼の中(750円)、全部揃いました。

天丼(中)の構成は、海老2尾に、イカゲソのかき揚げでした。
天ぷら 八ツ手屋(東京神田)ぼってり衣の昔ながらの東京天丼専門店

野菜天ってのがない天丼構成に少しびっくり。
天ぷらの衣は見事なくらいに分厚いです。
まずは、海老を一口・・・
うっ・・・サクッと感がまるでない衣です。
言葉で言い表すならば、ボテッとって表現でしょうか。
ちょっと、私の好みとは一致しない天ぷらです。

天丼、横から見た図。
天ぷら 八ツ手屋(東京神田)ぼってり衣の昔ながらの東京天丼専門店

イカゲソのかき揚げと共に、タレは相当な甘めのがかかってる。
醤油辛さ系はほとんどなく、砂糖の甘さが目立ちます。
これも私の苦手なタイプだな~(^^;)

イカゲソかき揚げをアップ。
天ぷら 八ツ手屋(東京神田)ぼってり衣の昔ながらの東京天丼専門店

野菜系の味がもっと欲しい。
大葉ぐらい入ると、色取りも、味わいも変化あってええのに。

天丼が濃厚系なので、こっちが旨かった。
天ぷら 八ツ手屋(東京神田)ぼってり衣の昔ながらの東京天丼専門店

三つ葉の浮いた、にゅうめん入りすまし汁のあっさりさが嬉しい。

こりゃ、各個人の舌の好みで、好き嫌いはっきり分かれるタイプの天丼でしょう。
こういうずっしり重量級の天丼を好む方もいれば、
あっさりサクサク天丼を好む方もおられるはずです。
私は後者タイプなので、今回こういう評価となりましたが、
前者タイプの方もたくさんおられるでしょうから、
これだけお店も長く続いておられるんでしょうね。

住所:東京都千代田区神田司町2-16
電話:03-3256-6630
営業時間:11:00~14:00
定休日:土曜、日曜、祝日
↓お勧めリンク↓

ニッポン定食紀行
[ 2016/05/24 00:00 ] [B級グルメ]丼・カレー | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/tb.php/4071-097f8868