最強だったそのシャシーとエンジンのコンビも陰りが・・・マクラーレン・ホンダ MP4/5B(1990年)アイルトン・セナ/ゲルハルト・ベルガー

前年の1989年に、ターボエンジンが廃止となり、
全チームが自然吸気のエンジンとなりました。
ホンダも3リッターのV10エンジンを開発し、
そのパワーはターボ時代と劣らず、他チームを圧倒しておりましたね。
そして、1990年、セナはマクラーレンに残留し、プロストに変わり、
新たにベルガーがチームメイトとなります。

最強だったそのシャシーとエンジンのコンビも陰りが・・・マクラーレン・ホンダ MP4/5B(1990年)アイルトン・セナ/ゲルハルト・ベルガー

その1990年にこの年を通じて使われたのが、この「MP4/5B」です。
基本設計は前年のMP4/5と一緒で改良型ですね。
ホンダエンジンの力強さに頼って、
マクラーレンはシャシーの開発に手を抜いちゃったんよな。

しかし、強かった。
最強だったそのシャシーとエンジンのコンビも陰りが・・・マクラーレン・ホンダ MP4/5B(1990年)アイルトン・セナ/ゲルハルト・ベルガー

この年もマクラーレンは、ドライバー、コンストラクター共に、
チャンピオンを獲得。
けど後味の悪い、チャンピオンの決定でしたね。
この年、一番印象に残ったレースは、日本GP鈴鹿でした。
マクラーレンのセナと、フェラーリのプロストのチャンピオン争いでしたけど、
スタート直後の1コーナーで、セナとプロストが接触してリタイヤ。
まるで、前年1989年の鈴鹿シケインで絡んだ2人を再現しているかのようでした。

そして、ベネトン勢がワンツーでフィニッシュ、
鈴木亜久里が3位表彰台にのぼります。

マクラーレン・ホンダの独走的な速さは、もう陰りが見え始めてましたね。
最強だったそのシャシーとエンジンのコンビも陰りが・・・マクラーレン・ホンダ MP4/5B(1990年)アイルトン・セナ/ゲルハルト・ベルガー

翌年の1991年はかろうじてセナの腕で、ウィリアムズのマンセルとの争いの結果、
チャンピオンは獲得しますけど、1993年にはホンダはF1から撤退。
マクラーレンは非力なエンジンになると、見る影もないくらいに遅いマシンとなりました。
(しかしセナの天才的なドライビングで、見た目は補われてましたけどね)

その後、ウィリアムズルノーの時代となり、
マンセル、プロストが連続でチャンピオンを獲得し、
セナはようやく1994年にその強いマシンを手に入れるわけですが、
サンマリノでの悲劇は、往年のF1ファンなら誰でもご存じのとおりです。

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
[ 2016/06/18 00:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/tb.php/4082-73ad0ee9